夫の手取りが15万円!?節約系YouTuberが教える家計のやりくり術

旦那さんのお給料の手取り15万円以内で家計をやりくりしているアラサー専業主婦のYouTuber・よめ子さん。面倒なことが苦手で、これまで数々の家計管理に挫折してきたというよめ子さんがたどり着いた、『マネーフォワード ME』を使ったやりくり術を紹介。「楽しくない節約はしない」というよめ子さんから、家計簿アプリの活用術を学びましょう!

マネーフォワード
  • 21356
  • 85
  • 0
  • いいね
  • クリップ

手取り15万円でどうやってやりくりする!?

世の中に節約術は数多ありますが、できれば簡単で続けられる方法が理想ですよね。今回は人気YouTuber・よめ子さんの家計のやりくりテクニックをご紹介!

よめ子さんは、旦那さんと二人暮らしの専業主婦。暮らしに使える月々のお金は、旦那さんのお給料の手取り分である15万円。その内訳は、家賃、光熱費、積立、携帯代、日用品、食費、夫婦それぞれのやりくり費(こづかい)。

使っている家計簿はアプリの『マネーフォワード ME』です。

メリットは面倒な家計簿の記入がほぼないところ

面倒なことが好きではないというよめ子さんが『マネーフォワード ME』を選んだ理由は、細々とした家計簿の記入が自動で済むということ。

家計の内、家賃、光熱費、積立、携帯代などアプリが自動で振り分け、家計簿にしてくれるから楽ですね

ここから現金で管理するのは「食費」と、よめ子さんと旦那さんのこづかいにあたる「やりくり費」だけ。よめ子さんは「やりくり費」のうち7,000円は交通系電子マネーにチャージして、キャッシュレス決済も適度に利用しています。

この「食費」と「やりくり費」だけを月初にアプリに入力して、現金を使うたびに記録はしないそうです。つまり家計簿に手入力するのは月に1回だけ! 確かに、これでも家計は十分に把握できますね。

「無理はしない」がやりくりのルール

あとは食費とこづかいをやりくりするだけ。旦那さんに多めにこづかいを渡してやりくりしてもらうことで、よめ子さんが管理する負担を減らしたのもポイントなのだとか。

日用品は溜まったポイントで購入するといったちょっとした節約は心がけているものの、基本的によめ子さんは“楽しくないことはしない”スタンス。それでも月末には余り、貯蓄に回せるそうです。

家計簿をつけるのが苦手で、これまで数々の失敗を重ねてきたというよめ子さんがたどり着いたのは、家計の管理は「アプリに任せる」という結論。

こまめに記載するのが面倒だから家計簿をつけないのではなく、手間をなくして“続けられる家計の管理”を! よめ子さんにならって、『マネーフォワード ME』で手軽な節約ライフを始めましょう。

▼よめ子さんのYouTubeはこちら♪

▼『マネフォワード ME』で家計簿を始めよう!

  • 21356
  • 85
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部公式アカウントです。こちらでは、住まいやライフスタイルなど暮らしに関する情報を中心に、オリジナルコンテンツを配信していきます。流行り…

おすすめのアイデア

話題のキーワード