〜収納の “魅せ方” で変わる〜 お部屋の “すっきりインテリア”

収納ケースを統一したり、片付けているのに、すっきりしたお部屋にならないとき、
“視線” を考え、“魅せ方” を変えてみると
すっきりしたお部屋のインテリアに近づきます。

  • 7449
  • 51
  • 2
  • いいね
  • クリップ

例えば、
増え続ける、こどものオモチャたち。

片付いている?

これなら?

上と下の写真、同じ収納量なのに、すっきり感が違います。

上下の写真の “違い” は、、、

①収納庫に対して、目一杯収納しないで床面を出来るだけ多く見せます。

②その部屋に入ったとき、人の視線がどの位置になるか、つまり
 どこが最初に目に飛び込んでくるか、を意識して視線に入る場所の
 収納を調整します。

すると
より、すっきりしたお部屋のインテリアに近づきます。

なるべく床面が視線にはいるよう、
収納ケースの向きを考え配置します。

ごちゃごちゃしている細かいオモチャは収納ケースへ。

出てしまうオモチャは、色や形などの統一感を意識すると
出ていてもごちゃごちゃ感は少なくて済みます。

【ちょっとした 実例】

お部屋に入ったときの視線。

ごちゃごちゃした印象のこども用品の収納が、、、

手前と奥の収納家具の場所を入れ変えただけで、
この印象の変化です。

『すっきりしなくて、、、』と諦めず
“視線” を意識して
ちょっとした “魅せ方” の変化を重ねてお部屋を少しずつ
すっきりインテリアにしてみませんか?

  • 7449
  • 51
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

インテリアコーディネーター

Link design - project (リンクデザインプロジェクト)として活動している、フリーランスのインテリアコーディネーターです。『色、素材、質感』を…

おすすめのアイデア

話題のキーワード