現役医師が教える!今話題の「新型コロナウイルスをのりこえるための説明書」とは

新型コロナにかかったかも?と思ったら、その後はどういう流れになるの?諏訪中央病院の現役医師が書いた、かわいいイラスト入りの解説書が話題になっています。

  • 501
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは!長野県茅野市の工務店「エルハウス」neco部です🎵

今日は、エルハウスのある地元「諏訪中央病院」の玉井医師が作成した、分かりやすいと評判の【コロナ対策説明書】をご紹介致します。

玉井医師が作成した「コロナ対策説明書とは?」

※長野日報記事より引用
茅野市は、新型コロナウイルスの特徴などがまとめられた「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書」を市ホームページに掲載している。

諏訪中央病院の総合診療科、玉井道裕医師(35)が手書きの文字とイラストで作成した労作。

玉井医師は、臨床の現場で学んだことをブログなどで発信しており、新型コロナに関しても2月下旬から仕事の合間に書き続けている。

市は、医師がまとめた説明書がフェイスブックなどで話題になっていることを知り、感染予防へより多くの人に伝えたいと広く周知することにした。

説明書は「コロナを正しく怖がる」「かぜとコロナの違いは何?」「もらう心配よりも、うつす心配」など18項目にわたりまとめられている。

玉井医師は
「感染症の終息へ自分に何ができるかもどかしく感じている人もいると思う。正しい情報を知り、自分にできる感染予防を実践してもらえれば」と話している。

現役医師が作成した「コロナ対策説明書」をご覧下さい!

いかがでしたか?
エルハウスは家の情報だけではなく、様々なジャンルで、皆さまのお役に立てる情報をお伝えしていく工務店です。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 501
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家づくりで少しでも不安を感じたら私達に声をかけて下さい。諏訪市、松本市、茅野市、塩尻市、岡谷市、安曇野市、原村、下諏訪、富士見町、山形村、辰野町、朝日村圧倒的な…

おすすめのアイデア

話題のキーワード