おもちゃ・小物の修理に、UV接着剤がダントツで便利な理由

小さな子どもがいると、おもちゃが壊れたり、棚から物が落ちて破損したりは日常茶飯事ですよね?
しかもおもちゃのパーツは意外と小さくて、セロハンテープや両面テープだと直しにくい。接着剤を使わなきゃいけないけど、種類が多くて何を買えばいいか分からない・・・そういう経験、ありませんか?

  • 4304
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

おもちゃや小物修理には、接着剤一本あればいい

くっつける素材によって接着剤を使い分けるのは、正直面倒です。そもそも素材が何かも分からないことも多いですよね。

私が「おもちゃ・小物修理」で愛用している接着剤は、これ!UV接着剤のUVリペアペンです。

これ一本で、消防車のはしごを直したり、壊れたり欠けてしまったおもちゃを日々せっせと直しています。
小さなパーツをくっつけるのも、すごくカンタン。

くっつくタイミングが自分で決められる

UVリペアペンの何がいいかというと、接着するタイミングを自分で決められるから、慌てずに作業できるところです。

UVリペアペンは、紫外線を当てることでガチガチに硬くなるタイプの接着剤。レジンでアクセサリーを作った経験がある方なら、原理は想像しやすいかと思います。

使い方はすごく簡単!

液をたらす
紫外線光を当てる
あっという間にかたまる
たったこれだけ。紫外線を当てなくとも、30~60秒で自然にくっつきます。

瞬間接着剤だと慌ててしまうし、それでズレたままくっつくこともしばしば。かといって固まるまでに数時間待たないといけないタイプだと、完全に固まるまでは避難させないといけない。
だから、くっつく時間を自分で決められるというのは、すごく便利なんですよ(*^^*)

透明な物でも綺麗に直る

今回は、写真立てを直しました。子どもが何度も棚から落としてしまって、角が欠けてしまったんです。

新しい写真立てを買おうかとも思いましたが、卒園した保育園からもらった記念品で、私も気に入っているため、直すことに。

まずは、パーツに液を垂らします。

くっつけて、ペンの反対側についている紫外線のライトを当てます。

垂らした当初の液は黄色っぽい色ですが、紫外線を当てると透明になります。だから今回のような透明なプラスチック素材でも目立ちません。

ね、全然目立たないでしょう?

素材を選ばずくっつけられる

このUVリペアペンは、くっつけることのできる材質がとても多いです。

鉄、鋼、金属全般
ステンレス
FRP(プラスチック)
木材
タイル  など
家にあるおもちゃや小物の多くの破損や欠けは、UVリペアペン一本で直せてしまうのではないでしょうか。

現に我が家では、おもちゃの乗り物やフィギュアの修理にすごく活躍してます。
ライトが当たるとくっつく仕組みが魔法みたいで、子どもたちはいつも興味津々に覗いてきますよ♪

デコレーションにも活躍

UVリペアペンは、固まると透明になるので、デコレーション用の接着剤としても活躍します!

自分の持ち物にライトストーンなどのデコレーション用パーツをくっつけると、オリジナルグッズができますね(^^)
液をたらしてからしばらくは固まらないから、配置決めも余裕です。

いかがでしたか?
小さなパーツが取れてしまう、おもちゃが欠けてしまう、でもその都度捨ててしまうのはもったいないというとき、このUVリペアペンは本当に役に立ちます。

普段はペン立てに入れておけるので、ぜひお家の修理アイテムとして試してみてください。


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 4304
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

DIYや補修に関するお役立ち情報、ワークショップ情報 そして、DIYを通じて自分らしい暮らしを楽しめるヒントを発信しています!DIYや補修でお困りでしたらお気軽…

おすすめのアイデア

話題のキーワード