【コーヒーの染み抜き】応急処置やアイテム別にお手入れ方法を紹介

思いがけずコーヒーをこぼしてしまい、慌てたことはありませんか? 本記事では、コーヒーをこぼしてしまった際の染み抜き方法について紹介します。自宅でできる簡単な染み抜き方法・外出先でできる染み抜きの応急処置・時間が経ってしまった場合の染み抜き方法を伝授! さらにカーペットや絨毯、カバンなどの革製品やソファ、壁紙、ネクタイなどの染み抜き方法もアイテム別に紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

  • 7000
  • 69
  • 0
  • いいね
  • クリップ

コーヒーの汚れは2パターン

思いがけないところでコーヒーをこぼしてしまい、「染みになってしまった」なんてことや、「時間が経ってなかなか取れなくなってしまった」なんてことはありませんか? 

コーヒーの染みの落とし方を知っていくために、まずは染みの性質を理解しておきましょう。コーヒーの染みには、「水溶性」と「油溶性」の2パターンがあります。それぞれの特徴は、以下の通りです。

水溶性

ブラックコーヒーといった、なにも入っていないコーヒーは基本的に、水溶性の汚れとして分類されます。水溶性の汚れは水に溶ける性質があるため、簡単に落とせるのが特徴。

しかし、コーヒーは濃い色素を持っているため、時間が経つほど衣類に沈着してしまいます。そのため、水溶性でも時間が経つと落としにくくなってしまうことを覚えておきましょう。

油溶性

一方で、油溶性に分類されるコーヒーは、ミルク入りのカフェオレやカフェラテなどの油脂成分を含んでいるものです。

ミルクは脂肪分やたんぱく質が多く含まれています。そのため、水溶性のように水を使った方法で染み抜きをしようとしても、油分が固まってしまいきれいにならないことも。洗剤を使ってしっかり落とす必要があります

【外出先編】コーヒーの染み抜き応急処置

お出かけ中のカフェやレストランで「コーヒーをこぼしてしまった!」なんてことも。外出中の場合はすぐに洗うことができず、ガンコな染みになりがちです。

コーヒーは衣類に付着した後、衣類の繊維がコーヒーの色素や成分を吸着、粘着段階へと向かい、染着といった流れで染みへと繋がります。

染みになるまで段階がありますが、目ではわかりにくい変化のためなるべく時間がたたないうちに染み抜きをすることが◎。また、時間が経つにつれて、コーヒーの酸化が進み衣類が変色していくことも考えられます。コーヒーの汚れはその日のうちに落とすように心がけましょう!

用意する道具

・ハンカチorタオルorティッシュ
・水

手順

1. コーヒーの水分を取り除く

まずは、コーヒーの水分を取り除きます。コーヒーをこぼしてしまった場所の裏側に、ハンカチやタオルなどをあてましょう。

2. ポンポンと叩きながら水分を取る

ハンカチやタオルなどの上からポンポンと、水分を取り除くように叩きます。ポイントは、タオルにコーヒーを移すようなイメージで行うこと。水分を取り除こうとしてこすってしまうと、染みが伸びてしまうおそれがあります。

3. お家で染み抜き

お家に帰ったら、早めに中性洗剤を使った方法で染み抜きをしましょう。応急処置である程度、染みが抜けているのですぐに元に戻りますよ。

【自宅編】簡単にできるコーヒーの染み抜き方法

ここからは、おうちで簡単にできる染み抜きの方法を紹介します。準備するものはどこのお宅にもあるものだけ。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

また、時間が経っていないコーヒーの汚れであれば、一度ぬるま湯で洗ってみましょう! 沈着しておらず、ぬるま湯だけで汚れがきれいに落ちる可能性があります。

一度洗っても染みが残る場合は、中性洗剤を使って染み抜きをしていきます。

染み抜き前に洗濯表示を確認

コーヒーを染み抜きする前に、まずは洗濯表示を確認しておきましょう。

洗濯機で洗えるものと手洗いできるものであれば、染み抜きもできます。いつも洗濯機で洗っている衣類であればほとんどが染み抜きできますよ。

反対に、水洗いできないものは、染み抜きができないと考えておきましょう。ニットやシルクといったデリケートな素材は、染み抜きをしてしまうと素材が傷んでしまう恐れがあるため注意が必要です。

用意する道具

・中性洗剤
・タオル
・歯ブラシ

手順

1. 染みのついた面を裏返して落とす

染みを落とすときは、コーヒーをこぼした面を裏返して作業をしましょう。裏返したら、染みがついた面にタオルをあてます。

2. 中性洗剤を使って落とす

ここで使うのは中性洗剤。肌にやさしく衣類を痛めにくい性質の中性洗剤は、キッチン用洗剤として親しまれています。中性洗剤がない場合は、手洗い石けんで代用できますよ。

使い方は、染みに直接数滴垂らします。指でなじませて、さらに歯ブラシを使ってやさしく叩くようになじませましょう。なじませるときは、こすらないようにするのがポイント。こすってしまうと、染みを広げてしまったり衣類を伸ばしてしまうおそれがあるので注意をしましょう!

3. 洗い流す

ある程度染みが薄れてきたら洗い流しましょう! 染みが落ちているかを確認しながら、ていねいに洗剤を落とします。染みが若干残っているケースもありますが、洗濯機で再度洗い上げればきれいになりますよ。

ガンコな汚れは漂白剤を使う

染み抜きをしてもなかなか落ちないガンコな汚れ……。

そんなときには、漂白剤を使って洗いましょう! 白の衣類には、塩素系漂白剤。色物や柄物の衣類には、酸素系漂白剤を使うようにするのがポイント。

塩素系の漂白剤は、強力なため汚れがすっきり落ちますが、色物に使用すると脱色してしまいます。一方で、酸素系は染料を脱色しない成分を使っているため、色物の衣類に対して気軽に使える漂白剤です。

【カーペット・ソファなど】洋服以外のコーヒーの染み抜き方法

ここからは、洋服以外のコーヒーの染み抜き方法を紹介します。

カーペットや絨毯、ソファ、バッグ、壁紙、ネクタイ、靴の染み抜き方法を伝授。素材によって染み抜き方法が変わってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

カーペット・絨毯 

カーペットや絨毯にコーヒーをこぼしてしまったときは、染みにならないうちにコーヒーの水分を吸い取るようにしましょう。

用意する道具

・タオル
・中性洗剤
・水

手順

1. コーヒーの水分をとる
コーヒーをこぼした部分にタオルやティッシュを使ってたたくようにポンポンと水分を取ります。

2. 中性洗剤を使って汚れを落とす
コーヒーの水分が取れてきたら、タオルに中性洗剤を垂らしぬるま湯で薄めます。人差し指にタオルくるんで、汚れをたたきながら落としましょう。こすらないようにポンポンとするのがポイント。

3. ぬるま湯で中性洗剤を落とす
ぬるま湯で濡らしたきれいなタオルで中性洗剤を吸い込むように拭いていきます。

4. 乾かす
最後に乾かしていきます。自然に乾かして待つのも◎ですが、すぐに乾かしたい場合はドライヤーを使ってみてください。ドライヤーは、20cmくらい離して使いましょう。

ソファや車のシート

自宅のソファや車のシートなど、洗濯できない場所にコーヒーをこぼしてしまうことがありますよね。ソファや車のシートは、素材によって染み抜きの方法が異なります。

合皮製のソファの場合は、水分が浸み込みにくい特徴があります。コーヒーをこぼしてしまったときは、すぐに拭き取りましょう。革製のソファは水に弱い特徴があるため、乾いた布で拭いた後、革専用のクリーナーで汚れを落とすことをおすすめします。

布製のソファの染み抜き方法は以下の通りです。

用意する道具

・タオル
・中性洗剤
・水
・バケツ

手順

1. コーヒーの水分を取る
乾いたタオルで、コーヒーの水分を吸い取ります。

2. 水に溶かした中性洗剤で叩くように拭く
バケツに入れた水に中性洗剤を入れて混ぜます。バケツの中にタオルを入れて水気を絞った後、こぼした部分に叩くように汚れを落としていきましょう。このとき、外側から内側にかけてポンポンと叩きこむことがポイント。外側に向かって汚れを落としてしまうと汚れが広がってしまうので注意が必要です。

3. 濡れたタオルで拭く
濡れたタオルで中性洗剤を取るように、ポンポンと叩くように拭きます。

4. 乾かす
乾いたタオルで、水気を取るように拭きます。すぐに乾かしたい場合は、20cm以上離しながらドライヤーを使っても◎。

バッグ

布製のバッグやキャンパス地のバッグなどは、自分で染み抜きすることができます。

用意する道具

・タオル
・中性洗剤
・水
・歯ブラシ

手順

1. コーヒーの水分を吸い取る
バッグの裏側にタオルをあてて、表部分から叩くように水分を吸い取ります。

2. 中性洗剤で汚れを落とす
タオルに中性洗剤を垂らし、なじませます。人差し指にタオルを巻きつけながら叩くように汚れを落としましょう。縫い目部分の染みは残りやすいので、中性洗剤を溶かした水に歯ブラシを付けて汚れを落とすと◎。

3. 中性洗剤を落とす
ぬるま湯に濡らしたタオルで、中性洗剤を落としましょう。

4. 乾かす
乾いたタオルやドライヤーを使って、しっかりと乾かします。

革製のバッグの場合、水分を含んでしまうと傷みやすくなってしまうことも……。また、自分で染み抜きをすると色が変わってしまうこともあるのでクリーニングに出すことをおすすめします。

壁紙

壁紙にコーヒーをこぼしてしまった場合、すぐに落とすことで染みが残りにくくなります。乾いたタオルでコーヒーの水分をしっかり吸い取った後、濡らしたタオルで拭き取れば完成。このとき、外側から内側に向かって染みをふき取ることが大切です。

上記の方法でも落ちないガンコな染みは下記の方法で、染みを落としていきましょう!

用意する道具

・重曹or中性洗剤
・タオル
・水

手順

1. 重曹水or中性洗剤を溶かした水で汚れを落とす
水に重曹、または中性洗剤を溶かします。溶かした水でタオルを濡らし、染みを叩いていきましょう。何度かポンポンとした後、重曹水であれば汚れた水分、中性洗剤を溶かした場合は汚れた泡が浮いてきます。

2. 汚れた水分や泡を拭き取る
きれいな水で濡らしたタオルで、ポンポンと汚れをふき取りましょう。

3. 乾かす
乾いたタオルで叩きながら水気と取りましょう。

また、紙や本にコーヒーをこぼしてしまった場合は、キッチン用漂白剤を使うと◎。ティッシュでコーヒーの水分を取った後、漂白剤を付けた綿棒などで叩くように染みを落としていきましょう。最後に、水で濡らした綿棒で汚れを拭いた後乾かせば、紙や本も染みを落とすことができます!

ネクタイ

うっかりネクタイにコーヒーをこぼしてしまっても、簡単に染み抜きすることができます。デリケート素材の場合でも、以下の染み抜き方法であればお手入れすることが可能です。

用意する道具

・タオル
・バケツ
・中性洗剤
・水

手順

1. 中性洗剤を溶かした水にネクタイを浸ける
水に中性洗剤を溶かし、ネクタイを浸けこみ汚れを浮かせます。揉み洗いの必要はありません。ネクタイを軽くゆらゆらと動かして汚れを落としましょう。

2. 水気を取る
乾いたタオルに水気を吸い込ませるように、押さえこみながら乾かします。

3. 乾かす
直射日光の当たらない場所で自然乾燥させましょう。その後は、アイロンをかけて形を整えたら完成です。

革製の靴は、自分で染み抜きをしてしまうと色が抜けてしまったり色が変化したりするので注意が必要です。コーヒーをこぼして染みができてしまったら、革専門のクリーニングに出すことをおすすめします。

スニーカーなどの布製の靴は、以下の染み抜き方法を行いましょう。

用意する道具

・ブラシ
・水
・固形石鹼
・漂白剤

手順

1. 固形石鹸とブラシで染み部分を洗う
固形石鹸を染みが付いた部分に塗ります。ブラシを使って汚れを落としましょう。汚れが落ちてきたら、水でしっかり洗い流します。

2. 漂白剤を溶かした水に浸けこむ
漂白剤を溶かした水に、1~2時間浸けこみます。その後よくすすぎましょう。

3. 乾かす
直射日光を避けた場所で乾かしましょう。

こんなコーヒーの染みにはクリーニングがおすすめ

染み抜きをしてもなかなかコーヒーの染みが落ちないなんてことも。そんなときは、クリーニングでの染み抜きをおすすめします。

時間が経ったコーヒーの染み

時間が経ったコーヒーの染みは、自宅での染み抜きでは落ちにくい場合があります。

コーヒーは水溶性であるため、比較的染み抜きしやすいですが、色素が濃いため時間が経つと繊維の奥に色素が入りこんでしまうことも。コーヒーをこぼしてから時間が経ったアイテムは、クリーニングでの染み抜きがおすすめです。

デリケート素材についたコーヒーの染み

シルクやアセテート、ウールなどのデリケート素材は水洗いできない特徴があり、自宅で染み抜きをすると生地を傷めてしまうことがあります。

万が一、デリケート素材の洋服にコーヒーをこぼしてしまったときは、染みにならないうちにすぐにクリーニングに出しましょう!

染み抜きに役立つ便利アイテムもチェック

ここからは、染み抜きにおすすめのアイテムを紹介!

外出中にできてしまった染みを簡単に落とせるアイテムが販売されています。コーヒーの汚れはもちろん、ケチャップや醤油などの調味料や、化粧品といったなかなか落としにくい汚れも落とせるのがポイント。バッグにすっぽり入ってしまうサイズ感で、いつでも持っておきたいですね。

ドクターベックマン
衣類のシミ修正ペン ステインペン 9ml
482円(税込)
4
4 Stars
78件)
応急処置に◎。持ち運びできる染み抜きペン!
シミ取り研究を80年感行ってきた『ドクターベックマン』の『衣類のシミ修正ペン ステインペン 9ml』は、持ち運びに便利。まるで蛍光ペンのような見た目で、ポーチなどに入れてもかさばりにくいです。ペン先を押しながらシミ取り液を出し、平たいペン先でこすって使うだけ。ペン先は外して洗うことができ、清潔さを保つことができます。
グラフィコ
オキシクリーン 1500g
1,518円(税込)
4
4 Stars
1768件)
洗濯にも掃除にも使える『オキシクリーン』
キッチンやお風呂場、リビングにトイレと家中のお掃除に活躍する『オキシクリーン』。油汚れが付いた換気扇や皮脂汚れが付着した衣類、洗濯槽をきれいにしたいときにぴったりです。使い方もお湯に溶かすだけで、さまざまなシーンで力を発揮。また汚れを落とすだけでなく、消臭効果も期待できる点も魅力です。洗濯物の生乾きの臭いが気になるときにもおすすめです。

コーヒー以外の染み抜き方法は?

カレーやトマトソース、口紅、泥など、コーヒー以外の染みが洋服についてしまうこともありますよね。このような染みは、コーヒーの染みのような水溶性ではなく脂溶性や不溶性である場合が多いです。

下記のリンクでは、コーヒー以外の脂溶性や不溶性染み抜き方法を紹介しています。水溶性の染みの落とし方と少し違うので、こちらもチェックしてみてください!

※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※画像は全てイメージです。
※洗濯の際には、ゴム手袋をつけて作業をしてください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行なってください。


LIMIAからのお知らせ

エアコンクリーニングが大特価♡
・口コミ4.5点以上の高評価プロが作業!エアコンクリーニングプレミアム✨
・安心の再施工&保証サービス
・エアコンと水回りをまとめて頼むとさらにお得♪

  • 7000
  • 69
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード