【寝室のあかり】計画 ♡

寝室のあかりといえば、皆様はどの様なあかり計画をされているでしょうか?

注文住宅をやっていて意外とおざなりになりがちな寝室照明( ;∀;)
人は生きていく中で、食べる 寝る この二つは絶対に譲れないものだと思います。
そこで如何にして寝室を有意義なものにするか。。。
考えてみたいと思います。

  • 2015
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

👉👉👉寝室≒こもり部屋になる?ならない?

①寝る前にベッドで読書するタイプ
②携帯いじりしてからの就寝?
③自分時間としてのリセットする空間
④小さな子供と添い寝
⑤お洒落な空間にしたい



寝室といえとでもリラックスする空間でもありたい。照明でどこまで雰囲気だせるのか考えてみました。

間接照明を使って

ベッドの裏側に間接照明を設置する方法もリラックス効果を兼ねたお洒落な空間のひとつ。
気軽に取り付けられる器具も最近では出てきています。
調光 調色機能を付ければそれぞれのシーンに合わせてのあかりを演出!

ダウンライト

リラックス効果や小さなお子様を寝かしつけるといった感じであれば、足元上にダウンライトを設置が理想的!
ダウンライトの場合設計の段階で照明計画を必要とするのでしっかりと計画しましょう!
スマートに仕上げたい場合は分散せず2~3灯まとめてつけるのがオススメです。

ブラケット

寝室の一面のみアクセント壁にしてブラッケトライトで、あかりでデザインするのも良き!
上下に照らして壁紙に陰影をつけるのもお洒落な照明のひとつです。
一日の疲れから解放されて、適度な明るさにして落ち着いた雰囲気で寝床に入る。

サイドテーブルランプ


ベッドサイドテーブル置き型ランプも、ホテルライクな感覚で良いと思います。(補助照明にもなりますし💛)
コンセントへのコードをなるべく目立たぬよう設置し、設計の段階でスイッチを繋げてもらうよう計画すればわざわざコードを触らずして点灯できるのもオススメです。

ペンダントライト

照明器具にとことんこだわりたい!デザイナーズ器具を使ってオシャレにしたいという方には天井からコードやチェーンで吊り下げるペンダントタイプが
オススメ!デザイナーズのものだとお値段が。。。と思われる方も。
そんな方にはリプロダクトもオススメ!安心できる価格で手に入れることができます。(気を付けたいところは、保証期間を必ずチェックしてね!)
お部屋の雰囲気がぐっと変わります。
この時も足元上にくるよう計画されたほうが理想的!

ペンダントライトその2


じわじわと最近SNSとかでも話題になっているのが、ベッドサイドの低い位置でのペンダントライト。
テイストに合わせて色使いにも気をとめ、低い位置に設置することで天井が高く見えるというマジック現象的なのもブームかもしれません。





今回は寝室について語ってみましたが、お部屋のインテリアや雰囲気に合わせた照明器具を選ぶとぐっとおしゃれ感が増すと思います。
寝室といえども、寝て起きるだけの場所ではなくリラックスできる空間にしたいですよね。

リフォームや新築の場合、シーリングやブラケットにしても配線や取付器具等最初の段階でしておかないと、後からではなかなか後回しになってしまうことも。。
配線関係や位置だけでもしっかり考えて頂いてほしいなと日々痛感致します。(器具こそ後からでもゆっくり探せます☝)
とはいえ、もう建ててしまったよーっていう方でも、置き型ランプやスタンド等で愉しむのも良し。
わたしは寝室≒こもり部屋定義ありではないかと思います!皆さんもそれぞれのスタイルで是非あかりを考えてみてくださいね(^^♪

  • 2015
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

R+houseさいたま東店 【建築家とつくる家を、身近に、手軽に】「デザイン」「性能」「コスト」をバランスよく、住まう人のライフスタイルや土地に合わせてアトリエ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード