空き家を生まれ変わらせる!古民家リノベーションのポイント

「古い空き家を所有し続けることにより、固定資産税が高くなってしまうのでは?」と不安に思う方も多くいらっしゃるでしょう。そこで今回は、空き家のリフォーム・リノベーションのメリットとデメリットについてご紹介します。

  • 376
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

空き家を生まれ変わらせる!古民家リノベーションのポイント

自分で使うためや賃貸で利益をつくるためといった理由から、空き家のリフォーム・リノベーションを検討する方が少しずつ増えてきました。「古い空き家を所有し続けることにより、固定資産税が高くなってしまうのでは?」と不安に思う方も多くいらっしゃるでしょう。そこで今回は、空き家のリフォーム・リノベーションのメリットとデメリットについてご紹介します。

空き家の実態とは?

現在、日本には多くの空き家が存在しています。そのうち駅から1km以内にあり、簡易的な手入れにより活用可能な古民家は48万戸もあるとされているのです。このような古民家が放置され、いずれは朽ち果てて解体されてしまうのは、とても残念なことといわざるをえません。


そもそも、なぜ空き家が発生してしまうのでしょうか? 

その原因の多くは、空き家となった住宅を取得した経緯にあります。国土交通省の調査では、所有者の50%以上が「相続によって取得した」と回答しているのです。つまり、自分から望んで家を手に入れたわけではありません。しかも、約1/4は遠隔地に居住しており、使用が現実的ではないのです。

また、空き家のままにしておく理由として「解体費用をかけたくないから」「物置として必要だから」と回答した方が約40%もいます。実際のところ、可能なら手放したいけれど、さまざまな理由でできない方が多いのではないでしょうか。



そこでおすすめしたいのが、空き家をリノベーションして生まれ変わらせ、使用もしくは売却・レンタルする方法です。今回は、古民家リノベーションのメリットや注意点を解説します。

  • 376
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

大好きな家族と共に過ごす空間を大切にしたいをコンセプトに…リノベーションを通じてたくさんのお客様の笑顔をひとつでも多くそして幸せを感じてもらえる空間作りを私たち…

おすすめのアイデア

話題のキーワード