汚れた靴がオキシクリーンで簡単きれい!洗い方のコツ・注意点を教えます

頑固な靴の汚れを簡単に落としてくれる優秀アイテム『オキシクリーン』! 汚れた靴を『オキシクリーン』に漬ける、通称「オキシ漬け」をするだけで、真っ白に元通り!? 今回は、『オキシクリーン』を使った靴の洗い方とコツ、失敗しないための注意点を詳しく解説します。

  • 39884
  • 143
  • 0
  • いいね
  • クリップ

オキシクリーンとは?

『オキシクリーン』とは、アメリカ発祥の酸素系漂白剤のことです。洗浄力・漂白効果・消臭効果などに優れていて、洗濯から掃除まで幅広いシーンで大活躍! SNSでも話題の大人気アイテムですよ。

『オキシクリーン』は、黄ばみや泥汚れにも効果があるので、汚れた靴を洗うのにぴったり。今回は、靴を『オキシクリーン』に漬けて汚れを落とす方法を紹介します。

コストコ
オキシクリーン 漂白剤 5.26kg
2,750円(税込)
4
4 Stars
1142件)
楽天市場で詳細を見る¥2,350(税込) Amazonで詳細を見る¥2,790(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥580(税込)

オキシクリーンで洗う前に|2つのチェックポイント

大抵の靴は『オキシクリーン』で洗えますが、中には例外も。失敗しないためにも、事前のチェックが必要です。

本当に洗える?靴の素材をチェック

まず、『オキシクリーン』で洗える素材かどうかをチェックしましょう。洗えない靴はこちら。

・エナメル素材
・合皮、革
・ウール、シルク
・ドライクリーニング表示がある靴
・アクセサリーがついている靴
・ファスナーやフックなど金属部分がある靴

上履きや運動靴などは洗えますが、おしゃれなデザインの靴は洗えない場合があるので、しっかりと確認しましょう!

色落ちしない?色物の靴をダメージチェック

『オキシクリーン』は漂白効果があるので、事前に色落ちしないかチェックしましょう。

1.『オキシクリーン』を溶かしてオキシ液を作る
2. 靴の目立たない部分にオキシ液を少量垂らす
3. 数分放置する
4. ティッシュで拭き取る


時間をおいて、色落ちしなければ洗ってOKのサイン。簡単にできるので、色や柄のついた靴を洗う場合はダメージチェックをしましょう。

オキシクリーンを使った靴の洗い方とコツ

ここからは、『オキシクリーン』で靴を洗う方法・コツを紹介します!

用意するもの

・『オキシクリーン』
・容器
・ブラシ
・ゴム手袋
・中性洗剤(なくても◎)

コツ:泥はあらかじめ落としておく

洗う前に、乾いた状態で泥汚れを取っておきましょう。泥は水に濡れると繊維の中に入り込み、落としにくくなります。

手順1. 「オキシクリーン+お湯」でオキシ液を作る

まず、容器にお湯をいっぱいに入れます。次に『オキシクリーン』を付属のスプーン1杯ほど入れて、オキシ液を作ります。

コツ:約50度のお湯で洗う

『オキシクリーン』は、必ずお湯で溶かしましょう。『オキシクリーン』の効果がより発揮される温度は、50度といわれています。

手順2. 靴を入れてオキシ漬けで2~6時間放置する

オキシ液の中に靴を入れて、2~6時間ほど漬け込みます。ひと晩置いて、翌朝洗うのも◎。この『オキシクリーン』に漬ける方法は、「オキシ漬け」と呼ばれています。

コツ:靴全体がオキシ液に浸かるようにおもりを置くと◎

靴全体がオキシ液に浸かっていないと、部分的に汚れが残ってしまいます。そのため、靴の上に水を入れたペットボトルのようなおもりを置いて、浮かないようにするといいですよ。

手順3. 残った汚れをブラシを使って落とす

残った細かい汚れを、ブラシでこすって落とします。オキシ液が染み込んでいるので、軽くこすっただけで汚れが取れますよ! 洗う際は、必ずゴム手袋を着用しましょう。

コツ:ブラシに中性洗剤をつけるとよりきれいに

ブラシに中性洗剤をつけてこすると、汚れがしっかり落ちてより白く仕上がりますよ。

手順4. しっかりすすぐ

オキシクリーンが残っていると黄ばみの原因に。洗い終わった後は、落とし残しがないようにしっかりとすすぎましょう。

手順5. 脱水して干す

洗濯機の脱水コースをかけて、風通しのよい場所で1日干したら、靴洗い完了!

【比較画像】こんなきれいになりました!

実際に靴をオキシ漬けして、どれくらいきれいになったのでしょうか? 洗う前と洗った後の写真を比較してみましょう。

ビフォー|汚れた靴が……

つま先部分が黒く汚れていますね。白色だと、汚れが目立ってしまいます。

アフター|真っ白に元通り!

汚れがしっかり落ちて、つま先部分が白くきれいに! 布部分の見えづらい汚れもしっかり落ちています。中性洗剤を使っても落ちなかった汚れが、『オキシクリーン』を使えば簡単に落ちました。

『オキシクリーン』があれば、お気に入りの靴や毎日履く靴も、長持ちしそうです。

失敗しない!オキシクリーンで靴を洗うときの注意点

靴をオキシリーンで洗う際は、失敗しないためにもいくつか注意が必要です。

必ずゴム手袋をする

『オキシクリーン』は洗浄力が強く、タンパク質を溶かす働きがあります。人の手はタンパク質でできているので、素手のまま『オキシクリーン』に触ると、手荒れしてしまうことも。

そのため、『オキシクリーン』を使用する際は、必ずゴム手袋を着用しましょう。

オキシクリーンのすすぎ残しがないようにする

靴に『オキシクリーン』が残ったまま天日干しをすると、紫外線と反応して黄ばんでしまう可能性があります。そのため、洗い残しがないように、しっかりとすすぎましょう。

オキシクリーンを密閉しない

『オキシクリーン』は常に微量の酸素を放出しています。そのため、容器で密閉してしまうと、容器の中の気圧が高くなり、爆発してしまいます。

『オキシクリーン』を他の容器に詰め替える際は、穴が空いているような気密性の低いものを選びましょう! 靴をオキシ漬けする際も、フタで密閉してはいけませんよ。

汚れた靴もオキシクリーンを使えば元通り♪

『オキシクリーン』を使えば、汚れた靴も簡単にきれいになりますよ♪ 中性洗剤で洗っても汚れが落ちず、もう捨てようと諦めかけていた靴は、ぜひ『オキシクリーン』で洗ってみてくださいね! 

LIMIAでは、実際に靴や上履きを「オキシ漬け」で洗ってみた方の記事もたくさん。洗ってみたリアルな感想が知りたい方は、ぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

▼この記事で紹介したアイデアはこちら

▼オキシクリーンで子どもの靴を洗ったアイデアはこちら

▼オキシクリーンで子どもの上履きを洗ったアイデアはこちら

※必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。
※ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 39884
  • 143
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード