ちょっと難しいけど優秀なミンクオイル!上手に使うための正しい方法を伝授

革靴のお手入れに使用する「ミンクオイル」。とても優秀なオイルですが、初心者にはちょっと扱いづらいという特徴も。この記事では、、ミンクオイルの間違った使い方やデメリットをしっかり伝えた上で、失敗しないための上手に使うための正しい塗り方を紹介します。クリーム・リキッド・スプレータイプに分けて説明するので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 35100
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ミンクオイルとは

ミンクオイルとは、「ミンク」というイタチ化の動物から取れる脂肪と、ろうや流動パラフィンを固めて作ったクリームのことです。

ミンクオイルは、内臓と毛皮の間にある油だけを抽出した成分で作られていて、油分の足りなくなった革製品へのケアに適しています。

同じようなはたらきをする「保湿クリーム」との違いは、自然の天然成分か化学成分かの違い。自然の革には、同じく自然の素材であるミンクオイルがよくなじむというわけです。

ミンクオイルの特徴

ミンクオイルは、動物性の油脂。革を柔らかくする、自然な光沢をもたらしてくれる、傷を目立たなくするといった特徴があります。また、撥水性をアップさせてくれるので、革の宿敵「水」から守ってくれる効果があり、とっても優秀なオイル。

革靴やブーツ革ジャンバッグお財布などの革製品の保革に役立ち、とくにヌメ革におすすめです。

ミンクオイルは初心者さんには少し難しい?

とっても優秀なミンクオイルですが、少し扱いも難しいという特徴も。

1. 型崩れの原因になりやすい

革によくなじみ柔らかくする効果の反面、革靴に使用すると柔らかくなりすぎて、型崩れを起こす原因にもなります。かっちりとしたフォーマルな靴がふにゃふにゃしてしまうと、革靴が台無しですよね。

また、柔らかくなりすぎることで、シワになりやすくなるデメリットもあげられます。

2. 汚れがつきやすくなることも

ミンクオイルの油分によって、表面に汚れがつきやすくなってしまうことも。

家庭用の調理油を想像していただくとわかりやすいかもしれません。油の付着した容器にホコリが付着すると、なかなか取りづらくなってしまいますよね。

同じように、革製品にもオイルの付けすぎによって汚れがつきやすく、また取りづらくなるのです。

3. つけすぎるとシミになる

ミンクオイルをつけすぎてしまうと、シミになるおそれもあります。また、油分によるシミは落とすのが難関! いきなり大量のオイルをつけようとせず、米粒程度の量からのせましょう。

4. カビの発生の原因にも

革製品に潤いを与えてくれるミンクオイル。メリットのはずが、潤いを与えすぎてしまうとカビの大好物「湿気」によって、カビの発生の原因になります。

また、油分もカビが好むエサの一つ。革靴にミンクオイルをたっぷり塗り、玄関や湿度の高い場所においておくと、カビが繁殖してしまいます。

ありがち!ミンクオイルの間違った使い方

ここでは、よくありがちな間違った使い方を紹介します。「やってしまった!」となる前にしっかりチェックしましょう。

素材をチェックしないで使う

ミンクオイルには、使用に向いていない革製品があります。

まず、「薄い革製品」や「固さが大事なもの」に使うのはNG。こちらは革が柔らかくなりすぎるため、型崩れの原因となってしまいます。

「特殊なコーティングがされているもの」に使うのも向いていません。こちらは革の外側がコーティングされているため、オイルが浸透せず効果を発揮できません。

また、「合皮」への使用も控えましょう。そもそも合皮という素材は革ではありません。一切動物の皮は使われていなく、ポリウレタンや塩化ビニルを使い、革に似せたフェイク品を指します。そのため、革を育てて長く使用する本物の革とは違い、お手入れは必要ありません。

一度に多くの量を塗る

ミンクオイルの失敗の多くが、こちらの「一度に多くの量を塗る」にあたります。

ミンクオイルは、少量で効果を発揮するオイルです。塗れば塗るほど革を柔らかくしてしまい、型崩れの原因となってしまいます。 

こまめに塗りすぎる

こまめに塗りすぎるのもおすすめできません。頻繁に塗れば塗るほどに柔らかくなりすぎてしまい、型崩れの原因となります。

また、湿った状態が続くことはカビの原因にもなります。毎日使っている革製品だとしても、ミンクオイルのお手入れは、月に一度程度に抑えましょう。

【正しく使おう】ミンクオイルを使ったお手入れ手順

ミンクオイルの扱いが難しいことを理解した上で、ここでは上手に革を育てるための、ミンクオイルの正しい使い方を紹介します。

クリームタイプ

クリームタイプのミンクオイルの特徴は、よく浸透し効果が高いこと。しかし、その分油分が残りやすいため、拭き取りがとっても大事になります。最後の乾拭きは、絶対に忘れないようにしましょう。

手順

1. ブラシを使って革製品のホコリを取り除く
2. ミンクオイルを米粒程度の少量を指ですくう
3. 革製品全体に、ムラがないように均一に指で薄く塗りのばす
4. しっかり染み込ませるため1日ほどおく
5. 塗ったオイルを乾いた布できれいに拭き取る

▼クリームタイプは『レッドウィング』がおすすめ▼

REDWING レッドウィング 純正ケア用品 97105 ミンクオイル【85g】 保革クリーム 靴 【メール便可】
商品情報を楽天で見る

リキッドタイプ

リキッドタイプのミンクオイルは、固形のクリームよりもオイルが残りづらい特徴があります。最後の乾拭きも必要ないため、一番手軽なアイテム。しかし、その分多少効果は弱まると言われています。失敗せずに、簡単にケアしたい方におすすめです。

手順

1. ブラシを使って革製品のホコリを取り除く
2. ミンクオイルのリキッドを乾いた布に少量をつける
3. 革製品全体に、ムラがないように均一にのばす

▼リキッドタイプは『コロンブス』がおすすめ▼

ミンクオイル オイル仕上げ専用クリーム リキッドタイプ 液体タイプ 油性 靴磨き ツヤ出し 保革剤 無色 即日発送 靴ケア用品 おすすめ 通販/正規品 Columbus コロンブス
商品情報を楽天で見る

スプレータイプ

スプレータイプのミンクオイルは、バッグやジャケットなど、大きめの革製品におすすめ。広範囲にオイルを指でつける作業はちょっと面倒ですよね。スプレーなら、一気に吹きかけられるので効率的です♪

手順

1. ブラシを使って革製品のホコリを取り除く
2. ミンクオイルのスプレーを革製品に吹きかける
3. 革製品全体に、ムラがないように均一にのばす
4. しっかり染み込ませるため1日ほどおく
5. 塗ったオイルを乾いた布できれいに拭き取る

▼スプレータイプは『コロンブス』がおすすめ▼

コロンブス COLUMBUS レザーウェア用 ミンクオイルスプレー彼女 妻 女性 人気 お祝い 男性 彼氏 夫 人気 お祝い
商品情報を楽天で見る

簡単にお手入れするならクリーナーがおすすめ

初心者さんには少し扱いの難しいミンクオイル。ちょっと自分には......と思った方には、クリーナーを使うのがおすすめです。こちらの記事ではクリーナーを使った簡単にできる革靴のお手入れ方法を紹介しています。おすすめの商品も紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。

▼クリーナーを使った革靴のお手入れ方法▼


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 35100
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード