ドラム式洗濯乾燥機を使いだして1ヶ月。日々の仕組みはどう変えた?ストレスは減った?

毎日行う家事の中で、洗濯→干す→畳む→しまう(を促す)という洗濯関連の家事のストレス度が大きいので、ドラム式洗濯乾燥機に買い換えました。

使い始めて1ヶ月。

結論からいうと買い換えて大満足!
ストレスが激減しました。
どんなイライラがなくなったか、どんな仕組みで解消したか、ご紹介します。

  • 7854
  • 47
  • 0
  • いいね
  • クリップ

時間の逆算の手間と、眠いから干したくない〜のストレスが撲滅

以前はお風呂に入る前に洗濯機のスイッチを押し、寝る前に洗面所に干して、除湿機を使って乾かしていました。

そのため、疲れている日は、「やりたくない〜誰か代わって〜!」と思うこともしばしば。

干すのにかかる時間は10分程度ですが、ついつい寝落ちて、朝には乾いていないといけない体育着が乾いていない!と怒られることも。。

ドラム式にしたことで「乾燥まで終わらせる」ことに決めたので、スタートボタンを押せば、いつ洗濯が終わるのかを気にすることも、乾いていないと焦ることもなくなりました!

小さなことだけど、意外とストレスに感じていたんだな〜と替えてから気づいた出来事でした。

干しっぱなしの光景のストレスと、朝の支度に邪魔〜のストレスが撲滅!

以前の洗濯スタイルは、朝の時点で洗濯物が乾いていても畳むのを仕事とする家族の気分とタイミングで、夕方まで干しっぱなしのことが日常的でした。

担当のやる気を削がない為にも、ギリギリまで声かけをしない為、最悪次の洗濯の直前まで干されている状態。

そうすると、洗面所が狭くて使いにくいという負のスパイラル&溜まるストレス・・

今は、「洗濯物畳み」の仕事は廃止、「洗濯物仕分け」の仕事に変更。
朝乾いた時点で、人別の4つのボックスに仕分けをするのが、「洗濯物仕分け」係。

ふわふわなうちに取り出して、なるべくシワをつけないのがミッションなので、朝一に行動できることがこの任務を請け負う人の条件にしてます。

2分で終わる!我が家の「洗濯物仕分け」仕事の全貌

洗濯機横に置いてある、ニトリの折りたたみステップとダイソーの仕分けボックスを出し

洗濯機の前にセット

乾き終わっている洗濯物を、取り出してどんどん人別にボックスに入れていくだけ。
(タオル類は母のボックスへ)

仕分けが終わったら、各自のタイミングで各所に洗濯物をしまう。

だいたい残るのは、子ども2人分で、これらが、声かけなく、洗濯物がしまわれる状態になるのは、また別の課題です。

とはいえ、
・以前に比べてコンパクト
・シワができても自己責任
・しまってなければ次の分は洗濯しません
・でも次の洗濯はすぐにスタートできる状態

という辺りが、ストレス撲滅の一助となっています。

以前は、畳まないと次の洗濯ができませんでしたので・・・

いかがでしたか?

ドラム式に替えて、機械が乾燥まで自動でやってくれたとしても、終わったものを出して分けて次の洗濯物をスムーズに入れられるところまで、上手く回る仕組みが必要なのでは?と思います。

自分も家族も楽にストレス少なくできる方法をトライ&エラーで探しているあがた家の一例でした。

【P2倍★20日00:00〜】【設置無料】ドラム式洗濯機 7.5kg アイリスオーヤマ洗濯機 洗濯機 一人暮らし ドラム式 全自動洗濯機 温水 洗濯機 新生活 部屋干し たたき洗い方式 ホワイト 節水 節電 【時間指定不可】【代引不可】 irispoint
商品情報を楽天で見る 商品情報をAmazonで見る


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 7854
  • 47
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

安心して羽ばたき人生を愉しんで戻る居場所作りをモットーに、ズボラでも快適に暮らせる工夫と、ママが2泊3日で家を空けても家族が困らない仕組みを発信します。LIVE…

おすすめのアイデア

話題のキーワード