〜新小学1年生へ〜小学生に必要な収納について①

もうすぐピカピカの1年生になるお子様とその保護者様へ(^^)
『小学生に必要な収納』について、今のうちに考えてみませんか??
我が家の小学生(息子)の持ち物・我が家の収納例を使って、アイデアをご紹介します。

  • 5269
  • 71
  • 0
  • いいね
  • クリップ

〜4月にピカピカの一年生になられるお子様+保護者様へ〜

ご入学おめでとうございます。
きっともうランドセルや必要な学用品を揃えられて、新生活の始まりをワクワク待っていらっしゃるんでしょうね(^^)

コロナウィルスの影響もあり、家の中にいる時間が増えた方も多いのではないでしょうか??
せっかくなので、今のうちに小学生になると必要な収納について、考えてみませんか??

ランドセル収納の要注意ポイント!

まずは、こちらが私の息子(新小4)の毎日の持ち物です。
小1の時と比べて変わったのは、水筒の大きさくらいでしょうか。(冬場はもっと小さな水筒を持たせる事が多いです。)

息子が小学生になった時に私が一番驚いたのは、なんと言っても『毎日のランドセルの重さ』です!
息子の学校は、学校に教科書を置きっぱなしに出来ないので、毎日ほぼ全ての教科書を持ち帰るのですが、それがどれほど重いか!!!

学校に教科書を置きっぱなしに出来る方もおられるかもしれませんが、やはり何かしら荷物を入れるランドセルは軽くは無い…ですよね。

毎日のランドセルが重いという事は、まず、家の中で用意するランドセルの為の収納が『ランドセルの重さに耐えられなければならない。』という事です。

これからランドセルの収納について、2つお話しますが、この『ランドセルの重さに耐えられる』という前提条件をお忘れなく…。

先に我が家のリアルなランドセル置き場をお見せしておきますね。

我が家ではIKEAのトロファストにフックを付けて、ランドセルを『かける収納』にしています。

トロファストは棚自体も重量がありますし、主に本の収納に使用しているので、棚全体がかなり重くなっていると思います。
その為、ランドセルをかけても倒れる様な事はありません。造りが頑丈なのか、棚自体が歪んだりする事も今の所ありません。

かける収納のポイントは3つ

かける収納のポイントを3つ挙げます。

❶ランドセルにフックが付いていて(右側だと思います)、通学時にフックを使用する場合は、フック側の空間にある程度の余裕が必要です。
我が家では、給食袋と給食当番袋のみフックにかけるので、ランドセルの右側は必要最低限の10cmほど、空いています。

❷水筒や体操服袋、絵の具セットなど、ランドセル以外の持ち物の為の収納を近くに準備おく事。
しっかりしたお子様は問題無いかもしれませんが、慌てん坊の私の息子は、ランドセルの近くに置いていても忘れ物をする事があります…。
慌てん坊のお子様には、なるべくランドセルを背負った後に一目で【必要なモノを全て持った】と分かるような収納をオススメします。

❸お子様の身長に合わせた高さにランドセルをかけられる事。
何度も言いますが、ランドセルはとても重いです。
そして子どもはどんどん成長します。
一度決めた高さを6年間通すのでは無く、お子様の成長に合わせて、お子様の使いやすい高さにランドセルをかけられる用にしてあげて下さい。

置く収納のポイントも3つ

次にランドセルを置く収納にされる場合のポイントを3つ。

❶しつこいですが、ランドセルは重いです。薄い棚板の上に置くと、棚板がたわみますので、ある程度しっかりした棚板の上に置くようにして下さい。

スチールラックなどの隙間の大きな棚板には、ランドセルを置きづらいかもしれません。(ランドセルの肩紐部分が引っ掛かったりしそうです…)。何か1枚、薄い板を敷くなどの工夫が必要になります。

❷かける収納の時にもお伝えしましたが、意外とランドセル以外の持ち物も多いです。忘れ物をしないように、ランドセル置き場の近くに、その他の持ち物も準備出来るスペースを確保してあげて下さい。

❸これも先程お伝えしましたが、お子様の使いやすい高さがありますので、お子様の成長に合わせて収納を見直してあげて下さい。

いかがでしたでしょうか??
今回はランドセル収納について書きましたので、次は教科書やその他学用品の収納について書いてみようと思います。

少しでも皆さまの参考になれれば嬉しいです。

普段の我が家をInstagramでゆる〜くUPしています。
楽天ROOMでも、欲しいモノやオススメのモノを『収納』にも触れながらUPしていますので、よろしければご覧ください(^^)

  • 5269
  • 71
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

兵庫県在住の整理収納アドバイザー/整理収納アドバイザー2級認定講師。1男1女の2児の母。『整理収納』という手段を使い、本当に必要なモノ・コトを選び抜き、人生が彩…

おすすめのアイデア

話題のキーワード