【保存版】オキシクリーンの使い方まとめ|洗濯・掃除に分けて紹介

洗濯や掃除に使える「オキシクリーン」。今回は、オキシクリーンの使い方についてまとめました。基本的な使い方をはじめ、靴洗い生乾き対策などの洗濯での活用方法や、キッチン周りや水回りなどの掃除での活用方法も紹介しています!

  • 10014
  • 190
  • 0
  • いいね
  • クリップ

オキシクリーンとは?

『オキシクリーン』とは、酸素系の粉末洗剤のこと。アメリカ発祥の商品で、注目を浴び続けている商品です。

『オキシクリーン』は洗濯から掃除まで使えるため、掃除場所によって洗剤を買い揃えることなく、一本でさまざまな場所が掃除できる便利アイテムとしても知られています。

特徴は、水を加えると洗剤が発砲し、酸素の力で汚れを浮かし汚れを落としてくれること。ツンとした臭いもないので扱いやすいのがポイントです。

日本版・アメリカ版の違い

『オキシクリーン』は日本版とアメリカ版に分かれています。ここでは、日本版とアメリカ版の特徴を見ていきましょう。

環境にやさしい日本版

グラフィコ
グラフィコ オキシクリーン 1500g 3個セット 【酸素系漂白剤 衣類用 粉末 大容量 漂白剤 洗濯 粉 おすすめ】
3,901円(税込)
楽天市場で詳細を見る¥3,901(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥3,901(税込)

日本版の『オキシクリーン』は、界面活性剤が入っておらず、酸素の力でしっかり汚れを洗い上げるのが特徴です。

界面活性剤が入っていない分、泡立ちは少ないですが掃除後はサラッと流せて気軽に使えますよ♪

洗浄力が高いアメリカ版

コストコ
コストコ オキシクリーン 4.98kg 原産国アメリカ
2,200円(税込)
Amazonで詳細を見る¥5,694(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥3,980(税込)

元祖『オキシクリーン』のアメリカ版は何と言っても、日本版にはない界面活性剤が含まれており、泡立ちがよく汚れが落ちやすいのが特徴

日本版の『オキシクリーン』を使っていた人の中には泡立ちと汚れ落ちの良さを求めて、アメリカ版を使う人もいるのだとか!

また、コストコで販売されているのはアメリカ版の『オキシクリーン』です。

オキシクリーンで落とせる汚れは?

気になるのは、落とせる汚れの種類。ここでは、『オキシクリーン』で落とせる汚れの種類を紹介します。

衣類の汚れに

『オキシクリーン』はもともと洗濯洗剤として発売されました。そのため、洗濯洗剤としての働きはピカイチ!

通常の洗剤と同じ使い方で洗濯できますが、漂白剤としての働きもあることから、落としにくい黄ばみ・シミ・黒ずみなどもきれいサッパリ。酸素系洗剤のため、衣類の色落ちの心配がなく普段通りに洗濯ができますよ♪

また、塩素系ではないのでいつも使っている柔軟剤と一緒に使えるのはうれしいポイント。

油や皮脂の汚れに

扱いやすいことと洗浄力が評価され、『オキシクリーン』は掃除用洗剤としても注目されるようになりました。

『オキシクリーン』は酸性の汚れを得意とする洗剤です。油汚れ・皮脂汚れなど、生活している上で必ず発生する汚れにぴったり。酸素の働きをを用いて、なかなか取れない焦げや茶渋もきれいにしてくれますよ♪

衣類の汚れと同様に、漂白も期待できるのでつけおき洗いオキシ漬けもおすすめです

【基本編】オキシクリーンの使い方

オキシクリーンは基本的に、40℃以上のお湯に溶かしてから使います。お湯を使うことによって酸素の働きが活発になり、汚れを落とす力が高まります。

オキシクリーンの側面に、用途別のお湯とオキシクリーンの量が書いてあるので、付属の計量スプーンを使って適量をお湯に入れてください

【洗濯編】オキシクリーンの使い方

ここからは、『オキシクリーン』を洗濯で使う方法について紹介します。

生乾き衣類

部屋干しが続く時期に気になるのは生乾き。『オキシクリーン』は生乾きの臭いや、衣類についてしまった皮脂のイヤな臭いを落としてくれます。

実例を投稿してくれたのは我が家さん。大きな容器を使って衣類をオキシ漬けしていました。つけ置き中に40℃を下回らないようにするため、50〜60℃の温度で2時間ほど放置。

白色の衣類を入れていたにも関わらず、残り湯は少し茶色くなっていたそうです。さらに、残り湯から皮脂のイヤな臭いがしたとのこと。しっかり汚れが落ちている証拠ですね。

定期的に、オキシ漬けすることによって、生乾き対策にもなるそうなのでぜひ参考にしてみてください♪

▽我が家さんの記事を詳しく知りたい方は下のリンクをチェック

汗ジミ・食べこぼし

『オキシクリーン マックスフォース』

mujikko-RIEさんは、スプレータイプの『オキシクリーン』を使って、汗ジミ・食べこぼしの汚れを取り除いています。

使い方は簡単、気になる汚れにシュッと吹きかけて揉み込んだ後、いつも通り洗濯機にかけるだけ。オキシ漬けをしている時間がない方や、小さな汚れが気になる方におすすめですよ。

そのほか、mujikko-RIEさんの記事では、壁の汚れを『オキシクリーン』で落とした実例も紹介してくれています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

▽mujikko-RIEさんの記事を詳しく知りたい方は下のリンクをチェック

タオル

nuts_icubeさんは、毎日使うタオルをオキシ漬けしています。

繊維に入り込んだ雑菌は洗濯機では落としづらく、洗っても乾いた頃には臭いが復活しているなんてことも。そんなときは思い切ってオキシ漬けをしてみましょう!

nuts_icubeさんは洗面器にタオル、オキシクリーンを3杯を入れ、60℃に設定したお湯を泡立てるように入れていました。

赤ちゃん用のタオルで実践。3時間放置した残り湯がこちらです。うっすら汚れていることがわかります。

その後、ご主人のタオルもオキシ漬けしたらまさかの結果に。気になる方は、nuts_icubeさんの記事をチェックしてみてくださいね!

▽nuts_icubeさんの記事を詳しく知りたい方は下のリンクから

LIMIAでは、靴の汚れを『オキシクリーン』で洗う方法を紹介しています。実際に靴を『オキシクリーン』で洗っているのは、mikimikiさん。靴を洗う際のチェックポイントや、詳しい手順を伝授してくれました。

『オキシクリーン』とお湯でオキシ液を作り、靴を入れて2~6時間放置。細かい汚れは、ブラシでこすって落としましょう。中性洗剤をつけたブラシでこすると落としやすいですよ。

ひと通り汚れを落としたら、しっかりすすぎましょう! 『オキシクリーン』が残ってしまうと、黄ばみの原因になります。

きれいに洗い流したら、脱水をしよく干して完了です。写真のように、きれいな靴を取り戻しました! つま先部分が、新品のような白さを取り戻しましたね!

そのほか、記事では失敗しないための注意点を詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

▽詳しい記事の内容はこちらから

340989 の記事を入れてください

【掃除編】オキシクリーンの使い方

洗濯編の後は、『オキシクリーン』を使った掃除方法について紹介します。参考にしてみてくださいね。

キッチン周りの掃除

シンク

__________7hm7_____さんは、キッチンのシンクをまるまるオキシ漬けした記事を紹介してくれました。

付属の計量スプーン2杯分の『オキシクリーン』をシャワー下に入れて水圧で泡立てています。シンクのお湯が満水になったら、シンク周りのラックやスポンジなども一緒に入れてみましょう。同時につけ置きできますよ。

2〜3時間放置したら洗い流します。

また、__________7hm7_____さんは、シンクのつけ置きする際に便利な、おすすめ止水プレートを紹介してくれました。排水口に袋を被せていても、気がついたら隙間からお湯が抜けていた! といったことから購入したそうです。

オキシ漬け、止水プレートの詳しい内容は__________7hm7_____さんの記事で詳しく紹介。気になる方は下のリンクをチェックしてみてくださいね!


▽__________7hm7_____さんの詳しい記事の内容はこちらから

換気扇

LIMIAでは、換気扇の汚れをオキシ漬けで掃除する記事を公開しています。

掃除方法は、分かりやすい3ステップで解説。そのほか、換気扇を『オキシクリーン』で掃除する際の注意点・ポイントもしっかりと紹介していますよ。

また、同じ方法でできる扇風機掃除の実例つき! 分かりやすい写真もついているので挑戦しやすいですよ。

▽気になるLIMIAの記事は下のリンクをチェック

水筒

水筒を毎日スポンジでしっかり洗っていても、底には手が届かなかったり、実はしっかり洗えてなかったりで、茶渋がついていることも。そんなときは『オキシクリーン』で掃除してみましょう!

投稿してくれたのは、korenankore72さん。しっかり水筒の耐熱温度をチェックし、40〜60℃のお湯と『オキシクリーン』を入れて30分放置。

水で流すだけで、写真のようにピカピカに!

流すだけでは落ちなかった汚れは、スポンジで軽くこするだけで簡単に落とせますよ♪ つけ置きの時間は30分程度と長くないので、サクッと掃除ができますね。

▽korenankore72さんの詳しい記事の内容は下のリンクをチェック

お風呂の掃除

yukiko_ismartさんは、『オキシクリーン』でお風呂の床掃除掃除しています。石けんの残りカスは、ついてしまったらなかなか取れない汚れのひとつ。

そんな石けんの汚れは『オキシクリーン』で掃除しましょう! 排水口に袋を被せて床いっぱいにオキシクリーンを振りかけます。60℃ほどのお湯を床にためて、2〜3時間放置してください。

放置したら、しっかり洗い流して完了です。洗い流すだけでいいので、床を傷つける心配がなく気軽にチャレンジできそうです。

ほかにも下のリンクでは、重曹+クエン酸を使った掃除方法や、重曹+お酢を使った掃除方法を公開中。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

▽詳しい記事の内容はこちらから

洗濯槽の掃除

LIMIAでは『オキシクリーン』を使った、縦型式洗濯機・ドラム式洗濯機の洗濯槽の掃除についても紹介。

用意しておくもの、手順、ポイントを詳しくまとめています。さらに、洗濯槽を掃除する頻度や、万が一洗濯槽の掃除を失敗してしまったときの原因と対策方法も合わせて解説。

洗濯槽の掃除をしていないと、衣類にイヤな臭いやカビが付着することもあります。定期的なお手入れで、いつでもきれいな洗濯槽にしておきましょう!

▽記事の詳しい内容は下のリンクをチェック

ベランダの掃除

A+organizeさんは『オキシクリーン』を使って、ベランダを掃除しました。

ベランダの掃除は一年ぶりのA+organizeさん。1年でも汚れが広がっていることが分かりますね。『オキシクリーン』をベランダに撒いて、2時間ほど放置。同時に、窓や網戸もきれいにしていきます。

A+organizeさんは、ほかのクリーナーでも掃除をしていたそうですが『オキシクリーン』が1番汚れが落としやすいとのこと。ベランダ以外にも、外壁や駐車場でも使えるそうなのでぜひ参考にして、室外の掃除にも活用してみてくださいね♪

▽A+organizeさんの詳しい記事の内容かこちらから

オキシクリーンを使う際の注意点

『オキシクリーン』を使う際はいくつかの注意点があります。注意しないとケガのをしてしまうおそれもあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

ゴム手袋で手肌を守る

『オキシクリーン』は、塩素系に比べると肌の負担は軽いものの、洗浄力が高い洗剤です。気がついたら手がカサカサだった! なんてことも考えられます。

手肌が弱い方や、長時間使用する際はゴム手袋を装着して手肌を守りましょう!

アルミ・木・畳には使用を控える

『オキシクリーン』で掃除する際は、掃除ができない場所があることを覚えておきましょう。

1つ目は、アルミです。アルミは『オキシクリーン』と反応してしまい、溶かしてしまうケースも。キッチン周りを掃除するときは、アルミのものではないか入念にチェックしておきましょうね。

2つ目は、木や畳に使えないということ。シミになってしまうおそれがあります。机や椅子に使えることもありますが、万が一のことを考えて事前に目立たない箇所で使ってから判断しましょう。

また、ウールやシルクといった素材の洗濯も注意が必要です。『オキシクリーン』は洗浄力が強い洗剤、洗ってしまうと生地が傷んでしまうおそれがあります。

密閉や作り置きは禁物

『オキシクリーン』は、常に炭酸ガスを出しています。そのため、密閉タイプの容器に入れてしまうと、酸素の行き場がなくなり爆発するおそれも。

さらに、作り置きもNG。『オキシクリーン』を溶かした後は6時間以内に使い切りましょう。酸素の泡は、約6時間で消えてしまいます。作りおきは便利ですが、一度で使い切れる量にしておきましょうね。

洗濯も掃除もオキシクリーンで済ませちゃおう!

今回は、『オキシクリーン』の使い方についてまとめました。

『オキシクリーン』は洗濯から掃除に使える便利アイテムということが分かりました。本記事を参考にして、一家にひとつ『オキシクリーン』を備えてみませんか?

またLIMIAでは、重曹を使った掃除方法をまとめています。重曹は『オキシクリーン』と同様、洗濯から掃除までできる便利なアイテムです。ぜひ下の記事も参考にして家の中をピカピカにしてみてくださいね♪

▽重曹を使った掃除方法はこちらをチェック!


※画像は全てイメージです
※お手入れをする際は、必ず電源プラグを抜いてから作業を行ってください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 10014
  • 190
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード