突っ張り棒で部屋のデットスペースを有効活用✨

息子の部屋に柱の出っ張りがあります。その奥がデットスペースになっていました。
既製品の棚を置いたりしていましたが、それでも隙間が出来てしまいます。その隙間もなんとか上手く使えないかなと思い、DIYでピッタリサイズの収納スペースを作ることにしました。

  • 3961
  • 44
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こちらが息子の部屋のデットスペースです。
幅64cm、奥行き22.5cmのこの場所を収納スペースにしたいと思います。

必要なもの

▪️百均の突っ張り棒(50〜70cm用)5本
▪️薄い板(野地板を使用)638mm×4枚
▪️細い木材(赤松銅縁を使用)638mm×4本
           170mm×6本
▪️ビス 35mm×36本
    20mm×12本
▪️サンダー
▪️ブライワックス(ジャコビアン)
▪️突っ張り棒が落ちないくん(小)1セット
▪️タッカー

野地板は930×100mm
赤松銅縁は400×160mmを使用しています。

作り方

木材はサンダーで削って、塗装します。

細い木材を組み立てます。
矢印の方向に2箇所ずつビスで留めます。(35mmビス使用)
長い木材は立てて、短い木材は横にしてくっつけます。

面一になっている方を上にして天板部分を乗せます。

天板面からビスで留めます。
黒い○は35mm使用。
白い○は20mm使用。

こちらが出来上がりです。
上が表面、下が裏面になります。

設置

突っ張り棒2本を、棚を作りたい場所に設置します。

棚を置きます。

こちらは上の棚を設置したのを、下から撮った写真です。
突っ張り棒は木材の端にピッタリ沿わすと棚も固定します。
幅64cmの場所に63.8cmの木材で棚を作りましたが、幅をもっと短くしても棚が固定できます。
正直、マイナス2mmでギリギリ入るといった感じでした。

そしてハンガー掛け用の突っ張り棒にはこちらを使いました。
商品名は「突っ張り棒が落ちない君(小)」です。
ご存知の方もみえると思いますが、商品名の通り突っ張り棒が落ちません。
以前使っていた物なのでパッケージはありませんが、ホームセンターやネットで購入できます。
普通突っ張り棒の耐荷重量は1〜2kgくらいですが、これを使うと30kgと書かれています。
ちなみに(大)は150kgだそうです。

表裏はこんな感じです。

専用のホッチキスの芯が付属で付いていたのですが、紛失していたのでタッカーで留めてみました。
ちなみに普通のホッチキスの芯では弱すぎて留まりませんでした。

ちょっと芯が大きすぎですが、突っ張り棒をはめてしまえば問題ありません。

出来上がり

上下に棚を設置。
ハンガー用の突っ張り棒を設置して完成です。
棚にはそれほど重たい荷物は乗せない予定ですが、耐荷重量が気になる方はこちらにも「突っ張り棒が落ちないくん」の取り付けをお勧めします。

息子の荷物を置いてみました。
白い壁に木材の棚が合っていて、インテリアとしてもいい感じになりました。
うちはデットスペースの幅が64cmでしたが、もし45cm以下であれば百均の木材もサイズが豊富なのでもっとお手軽に作れます。

こちらは以前、45cm以下の幅の棚を作った時のものです。

百均の材料だけで完成します。

ビスも百均のものを使っています。百均で全部揃うとお手軽ですよね。
もし45cm以下の場所に棚を作るなら尚おすすめです。
皆さんのお部屋にデットスペースはありませんか?
木材を使うとちょっとお洒落な収納棚になります。
参考にしていただけると嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました(╹◡╹)


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 3961
  • 44
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIY、ハンドメイド、百均リメイク、ドライフラワー、多肉植物等、大好きです😄主にDIYの投稿をしていきたいと思います😊よろしくお願いします✨

sanaeさんの他のアイデア

DIYのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード