実は近道♪片付ける時は【まず全部出し】

部屋を片付けよう!と思った時、何から始めますか??
最初にして欲しいのは、実は【ものを全部出すこと】です^^
今回は、その理由を詳しくお伝えしますね♪

  • 400
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【全部出す】のって面倒くさい??

片付けをする時に、最初にすることは【モノの整理】。

今あるモノを使用頻度や種類で分けたり、
不用品を取り除く作業です。





この時、ついついしちゃうのが、

今のモノの状態のまま、
パッと目に付いた不用品だけを取り除いたり、
モノの中身はそのままで収納方法だけを変えること。

↑これをするだけでも少しは快適になるかもしれませんが、
すぐにリバウンドしやすくなります。



そして、もっと【片付けの効果】を実感できる方法があります♪









それは、【モノを全部出す】こと。




「モノを全部出したら、収拾つかなくなっちゃうんじゃないか、、、」

とか、

「全部出すのは面倒だな。。。」

なんて気持ちも以前は私もありましたが、
そんな心配が吹っ飛ぶくらい、
【全部出すメリット】を感じています♪



【全部出し】のメリット4つ♪

「こんなに持ってたんだ・・・!」

モノを全部出して最初に感じるのが、

「こんなにたくさん持っていたの・・・?」

という驚き。




「できればモノを手放したくない・・・」と思っている人も、
「やっぱり減らした方が良さそう!」と気が付けます。


そして、片付けたい気持ちが加速します♪





モノを手放しやすくなる♪

モノがいっぱいに詰まった収納スペースから不用品を選び出すよりも、
一度モノを全部出してしまった方が、
作業的にも【モノを手放しやすく】なります♪



使うか手放すか迷うモノは、【保留】として別のスペースに移動しましょう♪


*【保留】についての詳細はこちらの記事をご覧ください♪


不用品の見落としがなくなる♪

手放すモノ(使っていないモノ、無くても困らないモノ)、
つまり【不用品】は、
普段使われていないので、
収納スペースの【奥】の方に隠れていることが多いです。



なので、先にモノを全部出して作業を進めれば、
全てのモノが一旦収納から出るので、
【不用品の見落とし】がなくなります♪




収納スペースを確認、掃除できる♪

モノを全部出して空っぽになった収納スペースを見ると、
「こんなに広かったんだ…」とびっくりすることも。


ついでに収納内を掃除することもできますね♪



キレイになった収納スペースに、
自分が本当に使うモノだけを収納してあげましょう^^


【全部出す】ときの2つのポイント

【全部出す】をやってみよう♪

と思った時、
気を付けて欲しいポイントが2つあります。


できる範囲を見極める

片付け初心者の人や、
まとまった時間をとれない人は、
【小さな範囲】から始めましょう♪


一気に広い範囲を全部出ししてしまうと、
たくさん時間がかかってしまったり、
気持ちも体も疲れてしまったりします。




例えば、洋服の整理をしたい時は、
【クローゼット丸ごと】全部出すのではなく、

・トップスだけ
・靴下だけ
・スカートだけ

というように、種類ごとの全部出しでもOKです^^




その日の空き時間や気分に合わせてできる範囲を見極めましょう♪


家中から集める

全部出す範囲を決めたら、
同じ種類のモノは家中から集めましょう。



例えば、
「今日は【食器】を整理しよう」と決めた場合、
普段使っている食器棚の食器に加えて、

・さっき使ってまだ片付けていない食器
・物置などにしまい込んでいる食器
・あまり使っていないちょっと高価な食器
・貰ったものの、好みではないノベルティの食器

などはありませんか???

引越し時の段ボールに入ったままのものもあるかもしれません。





整理しようと決めたものは、家中から集めて全部出ししてみましょう♪


全部出した後は、
【整理】…モノを【分ける】作業です。




「これはもう使わないな」と感じたモノや、

キレイに空っぽになった収納スペースに戻す時、ちょっと手が止まったモノ、

この機会にスッキリさせてみるのもおすすめです♪




  • 400
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

東京 府中市在住の整理収納アドバイザーです♪「暮らしを楽しむ」をテーマに、ズボラな自分に合った「ゆる片付け」をしています。片付けを始めたのはおよそ9年前、、、そ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード