壁に穴は開けない!1センチピッチの可動棚をつける方法

収納スペースとしてはあるけど、棚も何もなく荷物を積み上げているだけのスペースありませんか?
そんなスペースには可動棚を付けるとグンと使いやすくなりますよ。
しかも、壁に穴を開けなくてもOK!
そんな方法をご紹介します。

  • 15742
  • 181
  • 1
  • いいね
  • クリップ

あとはご自由にスタイルは困る確率高い!

棚が何もない小さな納戸
「あとはご自由に」とでも言わんばかりの収納場所に困っている方は大変多いです。
スペースはあるのに、うまく使えない。なんだかモヤモヤ。

スチールラックを入れることもありますが、ジャストサイズのラックがなかったり、間口が狭くて小さいラックしか入れられなかったり。

スーツケースみたいな重たいものだと、つっぱり棚だといつか落ちそうですよね。

こんな棚板あったらいいなー。
でも壁に穴を開けるのはなかなかハードルが高い。。
「最初からつけてくれていたらいいのに!!」

そして、舞い降りたアイデアがこちらです!↓

お客様宅でも大変喜ばれ今ではスチールラックを使わずこればっかり笑

この可動棚をつける方法をご紹介します!

準備するもの

・両サイド用の板2枚
・棚板用サイズの板(必要な枚数)
・レール
・ビス
・ドライバーまたは電動ドリル
・30㎝程度の定規
・鉛筆

作成手順

1)両サイド用の板にレールを2本ずつつけます(完成形)

コツはレールの高さを揃えること。

定規がなければレールを定規がわりにもできました。

こちらは棚板を前後で分けるためにレールを4本ずつつけました。

床に傷をつかないようにダンボールやシートを敷くと安心です。

2)レールのついた板を両サイドに立て、横の棚板をつければ完成

これで完成です!
横の棚板がストッパーになり、レール付きの両サイド用の板は倒れてきません。

アップで見るとこんな感じです。

敢えて奥行きを少し浅めにし、長物のアイロン台をたてかける場所も手前に確保しています。

before

after

ぜひ長年、棚板がなくて困っていた!という方はお試しくださいね!

次回の記事では、採寸のコツ、使った材料、他の場所に設置した事例など詳しくお伝えできればと思います。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 15742
  • 181
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

建売住宅モデルルームの装飾と個人宅のコーディネートを行う中で、「見せるためのインテリア」と「実生活でキレイを維持できるインテリア」は全く違うと知り、収納インテリ…

おうちデトックス 大橋わかさんの他のアイデア

DIYのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード