猫がいる家で夜に薪ストーブを焚いたら朝こうなった

手入れが楽な薪ストーブ、一方で手入れが必要な薪ストーブがあることを知っていますか?猫ちゃんのかわいい写真にも注目してね🎵

  • 1724
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは。長野県茅野市の工務店「エルハウス」です✨

昨晩は雪がチラツキ寒かったので、薪ストーブを焚きました。朝方、余熱が残るストーブの上で決めポーズをしている子がいました。(子といっても、雌猫3歳のミケさんです)

この薪ストーブは、バーモントキャスティングス社の「アンコール」という伝統的な古いデザインの薪ストーブです。

ストーブの色は、夏でもインテリアとして楽しめる様に赤にしました。赤色だけが、火を焚き始めると、色が赤黒く変色します。「不思議ですよ」と店員さんに勧められました。

手入れが楽な薪ストーブ、一方で手入れが必要な薪ストーブ

紺、赤色付きの塗装は、ホーローの焼き付け塗装なのですが、割れ、剥げがおきやすいので、手直しが必要になります。

手入れが楽な方が良いという方には、オーソドックスな「耐熱つや消し黒塗装品」をお勧めします。

ペットのいる家に薪ストーブは危険?

ミケさんの場合、火を焚いているときには、もちろん乗りません!過去、何度かまだ熱いのに飛び乗って、一瞬固まり飛びのきました。それを何度か経験をして悟りました。

ストーブの上の白い入れ物は、中に水を入れて置き、湯気をだして加湿させる容器です。

ホーローですが、傷から錆が発生し、このようにポロポロ剥げてきます、早いうちに手入れをしないとこうなります。ミケさんは、湯たんぽ代わりにしています。

いかがでしたか?
エルハウスには、長野県No,1の「猫と住む家」専門設計士がいます。猫と暮らすの家のことで、聞いてみたいこと、お困りの事がありましたら、いつでもエルハウスにご相談下さいね🎵

  • 1724
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家づくりで少しでも不安を感じたら私達に声をかけて下さい。諏訪市、松本市、茅野市、塩尻市、岡谷市、安曇野市、原村、下諏訪、富士見町、山形村、辰野町、朝日村圧倒的な…

おすすめのアイデア

話題のキーワード