知らない人が多かった……。イマドキの太陽光のメリットがすごい♡

太陽光発電のメリットをちゃんと、ご存知ですか? 「ただ電気代をいくらか節約できるだけでお得じゃない」、「初期投資が高額ではじめにくい」なんて思って避けていませんか? 一見ハードルが高そうな太陽光もメリットや仕組みを正確に知ればもっと身近になり、導入の検討が冷静に判断ができるようになりますよ! しかも、最近は月々の利用料だけで手軽にはじめられるプランもでてきているんです。おすすめのプランや無料シミュレーションのご紹介もお見逃しなく♪

  • 7035
  • 21
  • 0
  • いいね
  • クリップ

太陽光はお財布に厳しい? どんなメリットがある?

さっそくですが、太陽光発電と聞くとみなさんはどんな印象を持ちますか? 「気になるけれど、ちょっと高そう」「そもそもメリットはあるの?」なんて、太陽光発電はなんだか難しそうだと感じているのではないでしょうか。

そこで、太陽光のメリットや発電した電気の賢い使い方をご紹介。太陽光のしくみを詳しく知れば、きっとおうちにも取り入れたくなるはずです!

余った電気は自由に売ってお小遣いもゲット♪

まずは、太陽光発電の主なメリットを見てみましょう。光熱費を抑えられ、電気を賢く売ればお小遣いがもらえることも♪ 近年は、月々の利用料で太陽光が使えるサブスクリプションサービスもあるので、より身近な存在になっていますよ。

光熱費を節約できる

電気代はこの10年で少しずつ値上がりしています。口座引き落としで支払っていると、金額の変化を確認しにくい場合も。使用状況や環境によっても変化しますが、太陽光発電で電気をまかなうと、今と比べて150〜450万円もの差がでることも! 一生払い続けるものだから、できる限り節約したいですよね。

災害などの停電時にも使える

停電した時も、太陽光で蓄えた電気を使うことができます。冷蔵庫などの家電を使ったり、スマホの充電などができるなどもしもの時でも太陽光が生活の支えとなってくれます。

売電収入が得られる

太陽光で発電して余った電気は、電力会社に買い取ってもらえるというのも大きなメリットです。売電することで収入もあるので、そのお金を太陽光システムの費用に回したら、無理なく賢く太陽光発電がはじめられます。

そんな魅力がある太陽光システムを、サンコーのサブスクプランならすべてのメリットを得ながら、月々の定額利用料だけではじめることができるのをご存知ですか?

初期費用0円! 月額制で大きな負担がかからない

「一度に大きな金額の負担はできない……」と諦めていた方も、サンコーならソーラーパネルやシステムの導入などの初期費用は0円です!

料金の支払いは月々の定額利用料だけでOK。住宅ローンにも影響しないため、出費がかさむような新築で家を建てる場合でも導入しやすいのがポイントです。

また、10年のサービス期間終了後は、取り付けした設備機器はそのままお客様のものになります。契約期間終了後から+5年間の保証も付くので、安心してお使いいただけますよ。

いくつかあるサンコーのプランの中でもおすすめしたいのは、「蓄電池」が付いているもの! 太陽光の月額サービスで、蓄電池がセットになったプランは珍しいんですが、利用者にとってはとってもお得なんです。

蓄電池を設置することで、日中に発電して蓄えた電気を料金が割高になる夜の時間帯に使うことが可能。また、割安の深夜電力をためて使い、さらに安く買った電気を価格が高いタイミングで売ることもできます! さらに、売電収入はすべて利用者にわたるなど、サンコーならではの魅力がいっぱい。

蓄電池付きのプランにするとどういうメリットがあるか、こちらの記事でもまとめていますよ♪

どれだけお得になるかシミュレーションしよう!

実は魅力たくさんな太陽光発電。売電収入もすべてお財布に入り、蓄電池で効率よく電気を蓄えられるプランがあるのは、サンコーならではです。

もしあなたのお家の日照条件や立地条件がよければ、お小遣いがもらえる金額はさらにアップします! 発電量があまり多くなかったとしても実質的な負担は、月々1,000円〜4,000円ほど。電気代と太陽光発電の利用がこの値段でまかなえちゃうと思えばとってもお得なことです。

ご自宅の場合だと、どれだけ発電ができるのか、どれだけ収入になるのか無料でシミュレーションを行なっていますので、気軽にお問い合わせください♪

  • 7035
  • 21
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

【住環境創造企業】誰もが願っているより良い住み心地のより豊かな住環境。 「私たちは住宅資材や住宅設備の供給を通じ皆様の住まいづくりに貢献したい・・・」 1939…

おすすめのアイデア

話題のキーワード