【話題】一瞬でたためるエコバッグが便利すぎる

既にさまざなお店でレジ袋が有料化となっていますが、正式にレジ袋が2020年7月から有料化が義務化となります。みなさんは既にエコバッグをお持ちでしょうか。
今回は、使い終わった後、一瞬でたためると話題のマーナの「シュパット」をご紹介します。

  • 4940
  • 35
  • 0
  • いいね
  • クリップ

シュパットってどんなエコバッグ?

シュパットとは、マーナより発売されている、一瞬でたたむ事ができるエコバッグで、「エコバッグはたたむのが面倒」という声から生まれた便利アイテムです。

シュパットは、その名の通り、「シュパッと」一瞬でたたむことができるので、ストレスを感じることがなく、むしろたたむのが楽しくなっちゃうエコバッグなんです。

シュパットの便利さが分かる動画

シュパット

マーナ(MARNA) Shupatto (シュパット) コンパクトバッグ L ネイビー 一気ににたためるエコバッグ S419B
商品情報をAmazonで見る 商品情報を楽天で見る

シュパットのおすすめポイント

シュパットは、たたむとコンパクトになるので、カバンに入れていても邪魔になりません。

エコバッグのサイズは、Lサイズ・Mサイズがあり、
ちなみ私は、Lサイズを購入しました。ついつい買い過ぎてしまう時が多いので、入るかどうか不安になるのが嫌で、迷った結果Lサイズにしました。

たたむと手のひらに乗るサイズなので、常に持ち歩くのにはピッタリなサイズです。

実際にスーパーって買った商品を入れると、これだけ入りました!
ただ、たくさん入るのですが、入れる際にバランスを考えないと、中でぐちゃぐちゃになってしまうので少し注意が必要です。

シュパットのデメリット

● 他のエコバッグに比べて少し高い
● 底が平らじゃないので、入れる物によって安定しにくい
● 入れる物や量によって、考えながら詰める必要がある
● レジスタッフに不人気の場合がある

デメリットが気になる方は、こちらのアイテムがおすすめです!

シュパットのメリット

● 一瞬でたためる
● 常にカバンに入れて持ち歩ける
● 商品ラインナップが豊富
● コンパクトなのにたくさん入る
● レジ袋が不要で環境に良い

まとめ

● シュパットは、シュパッと一瞬でたためるエコバッグ
● シュパットは、レジ袋と時間の無駄をなくせるエコバッグ
● シュパットは、コンパクトで常に持ち歩けるエコバッグ

2020年7月からレジ袋の有料化が義務化されますが、既にスーパーや薬局、洋服屋でも袋が有料化している世の中となり、出かける際、必ず一個は持ち歩きたいエコバッグ。

  • 4940
  • 35
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

雑貨が大好きで、最近、DIYに挑戦中です(๑˃̵ᴗ˂̵)みなさんのステキお部屋やインテリアを参考にさせて頂ければと思います!

おすすめのアイデア

話題のキーワード