全面リフォームと建替え・新築の違いは?リフォームが選ばれる理由

一般的に、木造住宅の平均寿命は約30年と言われています。築30年をすぎる頃には、全面リフォームや建て替え工事を考えるとよいでしょう。この記事では、全面リフォームの定義や建替え・新築との違い、リフォームが選ばれる理由などをご紹介します。

  • 316
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

全面リフォームと建替え・新築の違いは?リフォームが選ばれる理由

一般的に、木造住宅の平均寿命は約30年と言われています。築30年をすぎる頃には、全面リフォームや建て替え工事を考えるとよいでしょう。そこで把握しておきたいのが、全面リフォームと建替え・新築との違いです。この記事では、全面リフォームの定義や建替え・新築との違い、リフォームが選ばれる理由などをご紹介します。

■リフォームの種類とは

まず、リフォームはその程度によって呼び方が変わります。

部分リフォーム・・・水廻りや、屋根・外壁のみといった部分的なもの

フルリフォーム・・・目に見える部分をすべて新しくするもの

全面リフォーム/スケルトンリフォーム・・・家を一度スケルトン(骨組)の状態にしてから、新たな間取り・内装・住宅設備機器などを取り入れるもの



また、マンション内部をすべてコンクリート剥き出しの状態にし、新しく内部を造り直すといった「リノベーション」も、リフォームの一種と見なされるようです。

■全面リフォームと建替え・新築との違いとは

では、全面リフォームと建替え・新築との違いは、どういったものなのでしょうか?一番大きな違いは、「柱や基礎部分を取り壊すかどうか」です。



建替えとは「家の基礎部分も含め全てを取り壊して、新たに基礎から住宅を建築すること」であり、全面リフォームは「既存の基礎部分は残しつつ、構造体が見えるところまで解体し、新たに間取りや内装を作り直すこと」です。そしてそれに伴い、デザインの自由度やコストの高さ、工期の長さなどにも違いが出てきます。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 316
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

大好きな家族と共に過ごす空間を大切にしたいをコンセプトに…リノベーションを通じてたくさんのお客様の笑顔をひとつでも多くそして幸せを感じてもらえる空間作りを私たち…

おすすめのアイデア

話題のキーワード