引越しシーズンの春到来❁ 時間がなくて大ピンチだけど新生活をすっきりスタートさせるチャンスかも♪

住み慣れた我が家。
大きいものから小さいものまで荷造りするのはとても大変です。
捨てられるものは捨てたいけれど、迷い始めるとキリがない。
そんな時、捨てて良いか特に迷う紙類の片付けにおススメのアイテムをご紹介します。

  • 459
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

え? 引越し? 急に言われても時間がありません

住んでいた期間が長ければ長いほど、荷物が多いのは当然です。
暮らしているうちに増えたあれこれを短期間でまとめるのに必要なのは力業。
何も考えずに「えい!」と箱に詰めるのが関の山というのが正直なところ。
整理をしながら荷造りしたい。
限られた時間で二兎を追いたいと思うのは欲張りでしょうか?

ピンチはチャンス! スッキリ綺麗な新居での生活は夢じゃない

悩んでいるばかりでは、作業は進みません。
手を動かしつつ、新居での素敵なライフスタイルを想像してみましょう。
雑然としたラックや本棚を整理して、見せる収納にしてみたい。
これを機にちゃんと家計簿をつけてみたい。
昔の思い出の写真をデジタルフォトフレームに入れてみたい。
家庭内ペーパーレスを促進してみたい。
快適な空間で暮らしたい。
そんな新居を実現するならパーソナルドキュメントスキャナーScanSnapがおススメです。

捨てて良いものとダメなもの 悩まずに「とりあえずスキャン」すれば後で困りません

理想を言えば、引越し前に不要なものを捨ててしまえたら、引越し代も安くなりますし、新居での開梱作業も激減します。
でも、要る・要らないの仕分けに時間がとてもかかるので、仕方なくひとまず箱に詰めてしまうのが実際のところ。
権利関係・金融関係の書類など、絶対にとっておかなければいけないものをとっておくのはもちろんですが、紙類で判断に迷うものは多岐にわたります。
紙としてはとっておかなくても良いけれど、情報としては控えておきたい……。
そんな時にはScanSnapで「とりあえずスキャン」して、紙は処分。
すると、スマホやタブレットでいつでも「情報」が見られます。
思い出に浸って作業が滞りがちな紙の写真などはサッとスキャンして片付けて、休憩時間にスマホで眺めて楽しみましょう。

引越しが決まったらしなきゃいけない手続きあれこれ 書類の内容がスマホで確認できるとラクラクです

賃貸借契約書・転出入届・公共料金支払いの住所変更・子どもの転校手続きなど。
普段は気にすることもなかったけれど、引越しするには様々な手続きがてんこもり。
役所に行ったものの
「関係書類を忘れてしまった! 番号が判れば良いだけなのに……」
「この手続き忘れてた! リストアップしておいたのに……」
という場合、スキャンした関係書類やリストをデータとして保存しておけば、スマホやタブレットでいつでも簡単に見ることができ、手続きがスムーズに済むこともあります。
ちなみに、ワンちゃんや国の指定動物になっているペットを飼っている方は、自治体での登録変更も必要になりますので、お忘れなく🐕

データ化するなら、まさに今 荷物を出したこのタイミングでサクッとスキャン

「書類の内容を確認したいけど、あれ、どこにしまったっけ?」
荷造りの途中で、一度箱詰めした書類を、箱を開けて探して出して確認してまたしまって……という作業は一歩進むどころか、もはや二歩も三歩も後退しているようなもの。
引越しで紙類を減らすことができればもちろんベストですが、その時は減らすことができなくてもデータ化していれば、新居の開かずの段ボール箱も、一定期間開けなかった=データ自体はあるので原本の不要な紙は処分して良いという目安にすることができます。
データの整理は、日常生活が送れるようになってからで大丈夫。
データとして保存していれば、アプリやソフトを使って写真のデジタルスクラップブッキングなどをすることもできますし、「情報」として検索することも可能です。
病院にかかる際にあると説明がしやすい薬剤情報提供文書、家電を使い始める時の初期設定が書いてある取扱説明書など、引越しを機に紙類をスキャンでデータ化をする習慣をつけてしまいましょう。
スキャン操作はとても簡単なので、お子さんたちにお手伝いしてもらうのも良いですね。
ScanSnapを使ったちょっと便利な引越しアイデア。
ご参考になれば幸いです。

  • 459
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

デジタル整理収納アイテムであるScanSnapは、情報整理に長けたスキャナーです。チラシにレシート、子どもがもらってくる学校のプリント・・・紙類は毎日のようにお…

おすすめのアイデア

話題のキーワード