押入れの天袋をリフォーム!使いやすい収納のために

和室における重要な収納スペースである押入れ。その一部である天袋を有効に利用できているでしょうか?荷物の出し入れに踏み台が必要なほど高い位置にあり、スペースも狭い天袋を使い辛いと感じている人も多いと思われます。そんなお悩みには、天袋のリフォームがおすすめです。少し手を加えれば、天袋が使いやすくなり、貴重な収納スペースを有効活用できるようになります。ここでは、天袋のリフォームについてご紹介いたします。

  • 55091
  • 69
  • 1
  • いいね
  • クリップ

天袋とは?

天袋とは、押入れの上部、天井面に接してつくられた収納のことを指します。高い位置にあるため、頻繁に出し入れする荷物を収納するには向きません。また、同じ理由で重い物の収納にも向きません。その一方で、本来デッドスペースとなりやすい天井付近の空間を有効に活用できる収納でもあります。

天袋を解体し、収納スペースを拡張するリフォーム

天袋の使い道がなく持て余しているなら、思い切って解体してしまう方法もおすすめです。代わりにできた背の高い空間にハンガーパイプや枕棚を設置すれば、押入れがグッと使いやすくなります。押入れから、クローゼットにリフォームしてしまうのも良いでしょう。やや費用はかかりますが、かさばるコートやシャツ、ジャケットなどの洋服を収納しやすくなります。

天袋の外観をおしゃれにリフォーム

押入れの襖に施された模様や色彩は、部屋の印象を大きく左右します。天袋を活用できてはいるものの、襖に不満がある人には、外観のリフォームがおすすめです。近年は多種多様なデザインの襖が揃っているので、お好みの外観に仕上げることができます。模様替えの一環として、張り替えてみてはいかがでしょうか?費用も工期もそれほどかからないので、お手軽にリフォームできます。

空間を有効活用!天袋の設置リフォーム

押入れは大きな収納スペースですから、小さい物をどこにしまうかは案外悩むものです。そんなときは、天袋を新たに設置すると便利になることがあります。また見栄えが良くなると言う側面もあるため、和室が好きな人のなかには、好んで天袋の設置を希望する人もいます。

事例で学ぶ!天袋のリフォームにかかる工程

天袋のリフォームにかかる工程を、事例からご紹介いたします。ただ、天袋のリフォームは押入れのリフォームに付随して行われた事例が多く、天袋のみをリフォームした事例は少ないと言う点はご留意ください。

1.天袋を全撤去。そのまま押入れをクローゼットにリフォーム

中古マンションの購入を機に、和室を洋室に変更。同時に押入れをクローゼットにリフォームした事例です。実際の工事では、押入れ内部の中段棚の撤去をはじめに行い、続いて天袋の撤去に入りました。まずは、天袋の地板を下から持ち上げるように外し、中鴨居は鋸で切り取っていきます。天袋の鴨居は、廻り縁が傷つかないよう注意が必要な部分でした。押入れを一通り解体したら、ハンガーパイプや扉を設置して完成です。

2.古くなった押入れと天袋の襖をリフォームした事例

20年以上日に晒され続けた押入れと天袋の襖は、変色して当初の面影を無くし、部屋の印象をくすんだものにしていました。このリフォームでは、その両方を交換し一新しています。新しい襖は白を基調としたデザインの物を選び、部屋の印象を明るく模様替え。費用も工期もそれほどかからず、お手軽にリフォームができました。

おわりに

天袋を使い辛いとお考えの人が多く、事例では天袋を解体して押入れを造り直すリフォームが大半でした。一方で、少数ではありますが、天袋に魅力を感じ、新たに設置した事例もありました。いずれにせよ、ご自分にとって使いやすいと思う方法を選ぶとよいでしょう。リフォームにご興味があれば、まずはリフォーム会社から見積を取って比較検討してみるのがおすすめです。その際には一括見積を利用すれば、1度の申し込みで多くのリフォーム会社へ見積を請求でき、比較検討も楽になるでしょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 55091
  • 69
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード