TVボードのお問い合わせから製作、納品までの流れ

完全オーダーのTVボードがお申し込みから家に届き設置されるまで
早くて2ヶ月も要するということはあまり知られていません。

そこで

フロート式TVボードの
お問い合わせから製作、納品までの流れを
紹介したいと思います。

  • 18236
  • 8
  • 0
  • クリップ

かならずご確認していただきたいことがあります

一般の家具とは違いこのフロート式TVボードは壁に設置が必要となる形ですので
購入してから取り付けるという作業が必要になります。

さらに
電源やアンテナ、取り付けるための下地も必要ですので
ハウスメーカーや建築会社のご協力が欠かせないものとなっています。


以上の点がクリアーされましたら 以下を続けてお読みください

[お客様→k-design]

TVボードのお問い合わせ


[k-design→お客様]

プラン(図面)の提案  早くて一週間ほど



訂正の繰り返しを経て図面が確定します


ここまでで
約2週間から3週間。


お客様の希望を吸い上げて
プランニングをしますので時間がかかります。



その後
正式受注の後、材質の選定に入ります。


サンプル取り寄せ



材質決定



ここから
いよいよ製作の段階に入ります。





工場手配

工場の担当者と私と現場の担当者との密な打ち合わせを重ね、

納期の確定をします。



お客様には 定期的に製作状況を報告

オーダー家具を初めて依頼すると
製作状況が気になるものです。

そういったお客様の不安解消のため
時々製作状況の写真を送ります。




納品手配(運送手配)

ここまでで
ご依頼から早くて約2ヶ月








現場の工事会社による設置作業





終了



という流れになります。





CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)

・インテリアに関して目の超えたお客様を満足させたい ・リビングを映えさせるTVボードの設計手法が知りたい。 ・スチール階段の設計パターンが決まりきっている。 ・アイランドキッチンの設計例をもっと見たい。 以上に該当する方はこのCADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)はお役に立てるかもしれません。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

LINE@始めました【友だち登録特典を用意しました:知らなきゃ損する家づくり ほか】

LINE@友だち登録特典 1.知らなきゃ損する家づくり:後悔しない為の知識  【家の打ち合わせの時にこのファイルをお持ちください】 2.フロート式TVボード価格表 3.システムキッチン、洗面化粧台、TVボード設計例多数公開 4.TVボード製作・設計ポイント動画集

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

おしゃれでモダンなTVボード|完全オーダーのフロートタイプTVボードをお届けします【全国対応】

おしゃれなTVボードとは家のインテリアの邪魔にならないことです。 配線コードやコンセントすら見せることなく床も綺麗に見せるためには 浮いている(フロート)形にする必要がありました。 そしてどこにも存在しなかったこのフロートタイプのTVボードは 2004年、とあるハウスメーカーのモデルハウスで世間の目に触れることとなったのです。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

【激レア】フロート式TVボード・木取りから組立、梱包まで

TVボードのご依頼に始まり、数度のプラン提出、そして承諾を得るまで 打ち合わせを重ねてようやく工場手配となりますが、それでは終わりません。 ここからは工場との製作の細かな打ち合わせをさらに重ねていきます。 そして製作が打ち合わせ通りに進んでいるかを確かめるために細かに報告してもらいます。 今回は 一般の方にはお見せすることのない木取りの段階からの過程をお見せしようと思います。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

テレビ台(テレビボード)選びの失敗談

テレビ台(テレビボード)選びの失敗の経験は誰もがしていると思い、 失敗談を聞かせて欲しいと呼びかけてみたところこんなに多くの失敗談が寄せられるとは思っても見ませんでした。 テレビボードを開発している身としてはもちろんこれらの貴重な体験を生かしますが、これから新築やリフォーム、引越しなどでテレビボードやほかの家具を選ぶ必要がある方にはぜひ参考にしてもらいたいと思っています。そして家や家具の設計の参考になればと思っています。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始(条件付き)】

「TVボードに脚なんて必要ない」 と常日頃から感じ続け、なければ自分で作るしかないと思ったことが このフロート式(浮いている)TVボード開発のきっかけでした。 2004年に開発し、ハウスメーカーのモデルハウスで発表して以来 多くの家に設置されてきたk-design開発のフロート式TVボードですが、 いままでごく限られたエリアのお客様しか実現ができないものでしたが、 ご依頼主の家の工事を請負うハウスメーカーや建築会社のご協力のもと 全国への展開が可能となったことで踏み切ることができました。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

見た目もスッキリ:フロート式【浮いている】TVボード

見たときに 誰しもが「あれっ?」と感ずるTVボードの施工例を紹介します。 このフロート式のTVボードは今から12年ほど前に開発し、 今では多くの方にお問い合わせやご注文を頂いているものです。 ですが、 ごらんのとおり、不安定な状態であるがゆえに、 TVボード本体の構造、そして下地の構造、支えるための金物などを 各業者さんとの打ち合わせを重ねる必要がありました。 今回は その肝となる部分も解説していこうと思っています。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)

・インテリアに関して目の超えたお客様を満足させたい ・リビングを映えさせるTVボードの設計手法が知りたい。 ・スチール階段の設計パターンが決まりきっている。 ・アイランドキッチンの設計例をもっと見たい。 以上に該当する方はこのCADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)はお役に立てるかもしれません。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

私の知っているインテリアコーディネーターはおしゃれな頑固屋さん

インテリアコーディネーターは女性の憧れの職業となっています。 華やかなイメージが先行していますが、職人にも劣らない仕事へのこだわりを持っているスペシャリストであり、周りの人を変えるほどの力を持っています。 長年ディスカッションを続けてきて感じていることはインテリアコーディネーターはおしゃれで頑固な職人さんだということです。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
  • 18236
  • 8
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー