Amy’s talk ♯29 ハワイアンキルト作家 渋谷由美さん

エイミーことエントリエ編集長の鈴木 栄弥が気になる人に、自分らしい暮らし方や生き方のヒントをいただいてしまおうというこのシリーズ。第29回目のゲストは、ハワイアンキルト作家の渋谷 由美さんです!

  • 153
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

自分の“好き”は、きっと相手には伝わる

渋谷 由美(しぶや・ゆみ)さん。東京生まれ。2004年にハワイアンキルトに出会い、製作に熱中。徐々に活動の幅を広げ、今では自身で教室を開くまでに。数多くの生徒さんにハワイアンキルトの魅力を伝えている。

現在東京都多摩エリアで、6つのハワイアンキルト教室を持つ渋谷 由美さん。作家として活動をはじめてから16年目。3月にはエントリエショールーム内で個展をおこなっていただくことになりました! そこで、今回はハワイアンキルトとの出会いや教室での生徒さんとのふれあいの中で感じていることについて、お話を伺いました。

「おおらかな気持ちになる」そのアバウトさが心地よいハワイアンキルト

――渋谷さんは、“ハワイアンキルト”の作家さんとしてご活躍されていますが、普通のキルトは、どこが違うのでしょうか?

渋谷さん:名前の通りハワイモチーフを使用するところです。もうひとつの特徴として、例えば、正方形の折り紙を折ると、長方形になりますよね。また半分に折ると正方形に、さらに折ると今度は三角形になります。

そうすると、元のサイズの1/8の状態になります。これを8枚重ねてカットし、広げたモチーフを連ねていくのがハワイアンキルトの特徴的です。

――なるほど! キルトといえば、幼稚園バックなどに使うようなふっくらとした布地をイメージします。

渋谷さん:そうですね。幼稚園のお子さんに、キルティングバッグをつくったりしますよね。ハワイアンキルトは、あの布地を自分の手でつくったり、そこにひとつひとつアップリケのようなものをつけたり。できあがったら、またチクチク縫って、そうすると布地にふっくら感が出てくるんですね。

  • 153
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

entrie-エントリエ- は、創業27年、6万4,000件の施工実績がある株式会社ホームテックが、これからのライフスタイルにあわせてつくる新しいリノベーション…

おすすめのアイデア

話題のキーワード