2020年の雛人形はいつから飾るべき?雛祭りを基本知識から解説!

"3月3日"といえば、雛祭り。古くから伝わる日本の伝統行事ですが、雛人形をいつからいつまで出すのかなど、知らないことが実は多いのでは?

そこで今回は雛祭りの起源や意味合いなどの基本的な知識から、飾る時期、初節句の祝い方まで幅広く紹介します。これから雛人形を買おうとしている方向けに、タイプごとの値段の相場も解説しますよ。この記事を参考に、知識を身につけて雛祭りを楽しみましょう♪

  • 11135
  • 138
  • 0
  • いいね
  • クリップ

雛祭りとは?

雛祭りといえば、雛人形や桃の花を飾り、ちらし寿司などのご馳走が並ぶ、春の訪れを感じる日本の大切な伝統行事ですよね。女の子の成長を祝う風習として広まった雛祭りですが、いつから雛人形を出せばいいのかや、初節句の祝い方など意外と知らないことが多いですよね。

そこで今回は、雛祭りの起源や飾る時期や片付ける時期、実際に購入する際の相場など雛祭りにまつわる知識を幅広く紹介します。ぜひ参考にしてくださいね♪

起源は平安時代に遡る?

雛祭りの歴史には諸説ありますが、平安時代を起源とする説があります。平安時代は今から約1000年前の時代で、雛祭りの「ひな」は、当時ままごと用の紙や木でできた小さな人形を「ひいな」呼んだことからきているといいます。上流階級の女の子たちの「おままごと」を「ひいな遊び」といい、雛祭りは、「ひいな遊び」と「上巳の節句(3月3日に行われる行事)」がいつのまにか一緒になったものと考えられています。

昔は子供が無事に育つことは大変なことでした。そして、「上巳の節句」は、災厄を祓い、幼子の無事な成長を祈る行事となりました。

現代における雛祭りの意味合いと役割

江戸時代になると、上巳の節句は「雛祭り」として定着し、上流階級だけではなく、庶民も「お祝い」として人形を飾ることが一般的になり、それが現代でも続いています。今の日本では女の子が生まれたことを祝い、幸せに、健やかに成長することを願うお祭りとして定着しました。

雛人形のお道具に込められた意味

雛人形のお道具には、それぞれ意味があります。お内裏さまとお雛さまのうしろに飾られる金屏風は、飾りの中でも目を引くアイテムの1つです。金屏風には、「結婚式を迎えた2人の未来が、輝くように!」と言った意味合いがあるとされています。

また、緋毛氈(ひもうせん)と呼ばれる人形たちの下に敷かれた真っ赤な絨毯は、魔除けの意味が。ほかにも雛人形の飾りにはそれぞれ意味が込められています。知識が増えると、雛祭りをもっと楽しめそうですよね。

お雛さまは誰が買うの?

古くは、嫁入り道具として持参することが多かった雛人形。そのため、母方の実家が用意することが一般的でした。

現代では、雛人形は、誰が買わなくてはいけないという決まりはありません。夫婦で用意する方もいますし、両家で折半するという方法をとる方も。柔軟に考え、生まれてきた赤ちゃんの幸せを願って楽しくお祝いできる方法を選びましょう。

雛人形を飾る時期は?

雛人形はいつから飾ればいいのか、悩む方もいますよね。ここではお雛さまを飾る時期について解説していきます。

立春頃に飾るのがおすすめ

おすすめは、立春(2月4日)を過ぎたころ。雛祭りの日の前日に飾るのは「一夜飾り」として縁起が悪いと言われます。最低でも、3月3日の1週間前には出しておきたいですね。

「そもそも、雛人形はいつから販売しているの?」とはじめて購入される方は、悩む方も少なくないはず。ネット通販であれば、季節を問わずに購入ができます。店頭で見たいという方は、大手百貨店では年明けの1〜2月から取り扱いがあることが一般的です。

初節句なら早めに準備を

雛人形を出さなくてはいけない日付の厳密なルールは、ありません。2月中旬頃までの湿気が少なく、天気がいい日に飾るようにしましょう。

初節句の際は、ゆったり長めに楽しむためにも早めに雛人形を出して、大切な思い出づくりをしてあげるのがおすすめです♪

初節句の祝い方

生後はじめてお祝いする雛祭りを「初節句」と言います。初節句は、ご両親はもちろん、親しい親戚やご友人を集めて豪華にお祝いしてあげたいですね。

自宅でお祝いする場合には、お料理もこだわりたいポイント。住んでいる地域によりますが、ちらし寿司にはまぐりのお吸い物、白酒などが一般的な雛祭り料理です。

また、初節句の際はお祝いをいただくことがあることも。その際は「内祝い」としてお返しをしましょう。お返しをするタイミングは、頂いた日から1週間後ころがベストです。お礼状とともに、お菓子やお赤飯を添えましょう。

雛人形は3月3日のあとすぐ片付けるべき?

雛人形は、雛祭りが終わったらできるだけ早いタイミングが良いとされています。しかし、「何がなんでも雛祭りの日の翌日に!」というわけではありません。

「婚期が遅くなる」は俗説

「いつまでも雛人形を出していると結婚が遠のく」というのを、聞いたことがある方も多いのでは? これはあくまでも俗説です。

年中行事をきちんと行い、後片付けもこまめにできるいいお嫁さんになれるよう、花嫁修行的な意味合いで生まれたもののようですよ。

雛人形を片付けるコツ

雛人形は、木材や布を使用しています。カビが生えないように収納するには、湿気がない状態を保つのが大切です。外気に当てて、湿気を取り除きましょう。埃はしっかり払い、害虫がつかないよう薄葉紙で包むようにして、そっと箱に戻しましょう。

人形がもつ道具や雑貨は小さく、紛失のおそれがあります。ひとつひとつ丁寧にくるんだ後、ジッパーに入れて収納すれば、なくしてしまうのを防げるのでおすすめです。

実際に購入しよう! 雛人形の値段相場

ここからは、これから実際に購入したい方におすすめの雛人形を種類別に紹介します! 値段の違いはどこに出るのかの解説や初節句におすすめの商品、雛人形でおなじみの『人形の久月』のアイテムなど幅広くセレクトしました。

親王飾り|雛人形値段相場

雛人形 吉徳 吉徳大光 コンパクト 親王飾り 小三五親王飾り 御雛 HNY-605-361おひなさま お雛様 ひな人形 かわいい おしゃれ インテリア 雛 親王飾り 平飾り [P10]
商品情報を楽天で見る

雛人形は、着物の素材や雛人形の数、雛人形のお顔デザインなどさまざまな要因が組み合わさって値段に違いが出ます。設置予定のスペースや、予算に合わせて選びましょう。

賃貸マンションに住み、スペースが限られているという方に人気なのが、親王飾りです。こちらの『吉徳大光』の衣装着人形は、金屏風で豪華なデザインが特徴。どれを買えばいいのか迷っている方は、まず親王飾りからチェックしてみてはいかがでしょうか。

【相場】
●衣装着人形:10〜20万円前後、中には50万円を超えるようなものも。
●木目込み人形:10万円以下のものから、50万円を超えるようなものも。

五人飾り|雛人形値段相場

雛人形 収納飾り 三段 久月 束帯十二単姿 桜花柄金襴衣裳 ワイン塗 舞扇 ピンク刺繍 【2020年度新作】 h303-kcp-s30287nr 雛 人形 コンパクト収納飾り 三段飾り 五人飾り かわいい ひな人形 お雛様 おしゃれ インテリア
商品情報を楽天で見る

雛人形は、段の数と人形の数で値段が変わります。こちらはかわいらしい三人官女が魅力的な『人形の久月』の商品です。

全体的に薄ピンクなので、かわいらしい印象の雛人形を探している方にぴったりです。初節句のプレゼントとして探している方にも◎。

【相場】
●衣装着人形:10〜20万円程度
●木目込み人形:15万円程度

十五人飾り|雛人形値段相場

雛人形 一秀 ひな人形 雛 木目込人形飾り 五段飾り 十五人飾り 木村一秀作 平安雛 173号 毛氈五段セット LEDコードレス雪洞付 【2020年度新作】 h023-id-038
商品情報を楽天で見る

雛人形のフルセットといえば7段ある十五人飾りですよね。人形や小道具の数が増える分、値段が一気に高くなります。


【相場】
●衣装着人形:20〜30万円程度、高級だと100〜500万円のものも。
●木目込み人形:30〜70万円程度。

収納飾り|雛人形値段相場

ひな人形 雛人形 木目込み ぷりふあ 檜収納飾り 【2020年モデル】 おしゃれ おひなさま 特選
商品情報を楽天で見る

人形やお道具をそのまま台座の下に収納できる、収納飾りです。収納スペースに困らないのが魅力的なタイプです。基本的には親王飾りのものが多く、中には五人飾りのものもあります。

収納力を重視したい方は、チェックしましょう。

【相場】
●衣装着人形:3〜10万円程度。
●木目込み人形:5〜10万円程度。

ケース飾り|雛人形値段相場

雛人形 おしゃれ ひな人形 雛 衣裳着 ケース飾り ケース入り 五人飾り 衣裳着人形 【SSK5-29-516 三五芥子五人飾り】【311S91】 数量限定 かわいい 可愛い オルゴール内蔵 雪洞点灯式 桃の節句 ひな祭り お雛様 家具調 おひなさま
商品情報を楽天で見る

雛人形を埃や傷から守ってくれるのが、ケース飾りです。ケースを取り出せば、あっという間に雛祭りの準備が整う優れもの! ケースの中に人形やお道具すべてが固定されているので、準備の手間暇がかからないのも魅力的です。

昨今の住宅事情から、人気が高い飾りの1つ。相場は他の飾りに比べると、衣装着人形と木目込み人形であまり差がないのも特徴です。

【相場】
●衣装着人形:3〜15万円程度。
●木目込み人形:2〜10万円程度。

雛祭りをもっと楽しむ♪

雛祭りの日を思いっきり楽しみたい方は、LIMIAで記事をチェックしてみてください。今回取り上げられなかった雛祭りに関する、さまざまなアイデアを紹介しています。

100均〔ダイソー〕のグッズを使うコスパ抜群のアイデアや、インテリアとしておしゃれに雛祭りを楽しむアイデアなど、今すぐ真似したくなるアイデアが盛りだくさんですよ♪

まとめ

今回は雛人形の歴史や、飾る時期、雛人形の相場などを取り上げました。いかがでしたか?

女の子の成長をお祝いする年に1度のお祭り、雛祭り。きれいな雛人形と、おいしいお食事を用意して家族みんなで楽しみたいですね。飾る時期、片付ける時期は余裕を持って行うことで大切な瞬間を思い出に残せますよ。

  • 11135
  • 138
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード