水回りショールームを活用するポイント

新築やリフォームをする時に、キッチンやお風呂などの
水回り製品の見学にほとんどの人が行きます。

先日も当社のお客様と一緒に、見学に行ってきました。
その時に感じたことを書いてみます。

  • 682
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ポイント1 製品の目ぼしをつけておく

八王子市で創業59年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保 篤です。

自分の家で使うキッチンなどに、こだわりを持つ人は、
多いですね。

システムキッチンやシステムバスなどの水回り製品を
販売しているメーカーはいろいろあり、
それぞれのメーカーが売りあるようです。

そして、どのメーカーもキッチンやシステムバスに
グレードを設けています。

普及品シリーズから高価格シリーズとして、
3段階くらいの商品を用意しています。

車でいうヴィッツ、カローラ、クラウン(安い→高い)
のようなものです。

そして、それぞれにオプションを用意しているのです。
キッチンで言えば、水栓やコンロ、換気扇を選んでいくのです。

何も目ぼしをつけずに行くと時間が足りなくなり、
また、気付いたら全て高額なものとなっている
ことがあります。

ですので、あらかじめカタログを見て商品を選んでおいて、
ショールームではそれを実物で大きさや使い勝手を確認してみる
という目的で足を運ぶ方が効果的です。

工務店や住宅メーカーでは、その会社の標準仕様として、
あらかじめキッチンやお風呂をパッケージ化しているところも
ありますので、それを確認する意味で見学することが多いようです。

ポイント2 オプションの選択の仕方

ショールームでは、商品を説明するコーディネーターがいて、
最新機能のものを勧めてきます。

確かに便利なものもありますが、
自分の生活スタイルを考えると、不必要なものも
あるはずです。

たとえば、
タッチレス水栓があると助かる人もいれば、
重宝しない人もいるはずです。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 682
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

東京都八王子市で、無垢材や塗り壁など自然素材を取り入れた、気持ちのいい家づくりをしている、地域密着の工務店です。対応エリアは、八王子市, 立川市, 武蔵野市, …

おすすめのアイデア

話題のキーワード