ベッドはマットレスだけを交換することができるんですよ~。

以前、お客さまから素朴な疑問をいただきまして。
ベッドのマットレスだけを購入することはできるの?というものでした。

そんなわけで、その疑問にお答えしつつ、
マットレスの長持ちの方法もあらためてご紹介。

状況に合わせてフレームとマットレスを交換してね♪

  • 695
  • 6
  • 2
  • いいね
  • クリップ

今回は「ベッドのマットレス」のお話。

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある、ひらた家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



今回はベッドのマットレスのお話を。

まずはこちらの写真をご覧くださいませ♪


ひらた家具店のベッド売り場の写真。


ベッドってあまり頻繁に買い替えるようなものでないですよね。

そんなわけで「お客さまから素朴な疑問」ってのを
お問い合わせいただくことがあるのです。

それが…



ベッドってマットレスだけを買うことはできるの?

というものなんですね。


マットレスだけの購入…できますっ!

結論からお伝えすると
「マットレスだけの購入はできます!」
ってことなのです。

今回のタイトルに答え、書いちゃってますけどね(笑)


ベッドは大きく分けると、マットレスを乗せるための「フレーム」と呼ばれる部分と、
「マットレス」の2つから出来ているわけなのです。
マットレスはこんな風に「フレームに乗っかっているだけ」なのが普通です♪


上の写真のように、マットレスはフレームに乗っかっているだけなので、
販売店さんの店頭では「フレームだけの値段」と「マットレスだけの値段」が
別々に表記されていて、それぞれ別々に購入することができるわけなのです。

ひらた家具店では展示されているものは
「フレームとマットレス込みの値段」で表記してますが、
そういう場合もマットレスだけの販売はできるので、
「総額表示」になっているお店でも販売員さんに一度聞いていると良いですよ~♪


人が寝るのはマットレス部分。

何を当たり前のことを…と思われるかもしれませんが、
ベッドって、人が寝ているのは「マットレス部分だけ」なんですね。

なので、フレームは壊れていないけど、
マットレスは何だか最近、バネの感触がするな…とか、
最初の頃よりもずいぶんと柔なくなってきたな…とか、
マットレスの方だけが劣化してくるわけなのです。


ひどくなってくると、寝ていて腰が痛くなっちゃう、とか、
疲れが何だか取れない…ってことになっちゃうんですね~。

なので、そういう場合はマットレスだけの交換も
検討してみると良いかと思います♪


マットレスを長持ちさせるコツ。

今、使っているベッドのマットレスは何ともないよ!
というそこのあなた。

そのマットレスを長く、大切にお使いいただく方法ってのがあるので
そちらもお伝えさせていただきます♪


それは…


ベッドのマットレスを動かそうとしている社長(兄)の図。
社長が写真に登場するのはレアです(笑)


上の写真のように、
定期的にマットレスを動かす、ということ。

上の写真で言うと「上」と書かれている頭側と
「下」と書かれている足側を逆転させたり、
表と裏をひっくり返して使ったりする、ってことなんですね。

一年に一度か二度、できるなら数ヶ月に一度くらいで動かせると
マットレスは長持ちしますよ~!

こちらの記事を参考にしてみてね!


寝る時ってどうしても同じところ、同じ姿勢で使うことが多いので、
そうやってマットレスを上下反転させたり、裏返したりすることで、
同じところだけがヘコんだりするのを防ぐことができるのです。

よろしければお試しください(*´∀`*)


本日のまとめ。

今回は素朴な疑問にお答えする、ってことで
「ベッドはマットレスだけの購入ができますよ~」
っていうお話でございました。

マットレスが古くなったのでそれだけを交換、っていうこともできますし、
もっと寝心地いいマットレスに交換する、ということも可能なわけです。

逆に気に入ったデザインのフレームが見つかった!という場合は、
フレームだけを新しくする、っていうのも一つの手なんですね。


この記事が参考になると店長嬉しいです♪


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~!


マットレスのお話はこちらも店長オススメです~(*´Д`)

  • 695
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

ご覧いただきありがとうございます!家具やインテリアの基礎知識や豆知識など、お役に立てる情報を発信できるようにがんばっております。フォローはお気軽に♪こちら、LI…

おすすめのアイデア

話題のキーワード