ガルバリウムの家|Galvalume steel plate

ガルバの外壁は固くクールなイメージになりがちですが自然素材で包み込み柔らかな雰囲気のモダンな新築外構工事をご提案しました。

  • 10347
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ガルバリウムの家|Galvalume steel plate

南面道路、駐車場は2台以上最近の新築外構でよくある悩み。

日当たりを重視した際、リビングダイニングが道路から丸見えになってしまい目隠しを設置しなければならない。

駐車場にスペースを奪われ庭空間が上手くレイアウトできないなど様々な「矛盾」を解消しなければなりません。

そこで「目隠しとウッドデッキ」「アプローチと駐車スペース」など様々な要素を組み合わせデザインすることでその悩みを解消しました。

BEFORE

奥行のあまりない土地
このままではせっかく建てた「城」も味気ない物になってしまいます。

AFTER

斜めのラインからできるデットスペースに植栽を施すことで庭とファサードを一体化。

見事な立体感を演出することが出来ました。

ウッドデッキにも一工夫

ウッドデッキと目隠しフェンスを一体化。

デッキスペースをくりぬいたようなスペースにシンボルツリーの一つのモミジを植栽

大きな窓の前に癒しの空間を演出しながらしっかりとした目隠しスペースとなりました。

かわいいポストはオリジナルで製作

オリジナルなポストは建物の外観をイメージし制作。
取り出しやすく大容量を確保。

デッキスペースと玄関を繋ぐ延段で、ここが「庭」であることを位置づけ

木の手すり|腐らない木でオリジナルを制作

足が不自由なお母様のための思いやりの手すりもオリジナルで製作。
木のぬくもりを肌で感じていただけます。

自然素材で優しさあふれる昼の姿。

ライトアップで美しく

夜のライトアップも手を抜かずクールなイメージに変化します。

ご近所の防犯にも一役買っています。

斜めのラインは植物の排水路として利用しながら車を停めるための誘導ラインも兼ねています。

シンボリックなアオダモとモミジ

庭、ファサードの立体感を強調しています。

表からはわからないように、巨大なアオダモの裏側には落ち着いた日本庭園風の施しがしてあります。

アズキナシも自然樹形なものを。

さりげなく置かれたベンチはご近所様とのコミュニティースペースとなります。

玄関をしっかり隠しながらもデッキのフェンスと同レベルの高さにすることで
すっきりとした外観を維持しています。

インターフォンは正面からは見えにくくし、さっぱりとした外観を維持。

ナチュラルカラーのしつらえでお客様をもてなします。

  • 10347
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

ガーデンリフォーム専門店のティーズガーデンスクエアと申します。ガーデンのリフォームを我々は「リ・ガーデン」と呼んでいます。庭に完成という言葉はなく家族と共に成長…

おすすめのアイデア

話題のキーワード