【家具】取っ手は「たった一手間」で緩みにくくできるんですよ~!

扉がついている家具には「取っ手」がついているものがありますよね。
ゲタ箱や食器棚、タンスなんかにも取っ手はあります。

この取っ手、長くお使いいただくとどうしても緩んで来てしまうのですが…

「緩みにくくするための一手間」ってのがあるのです♪
それをお伝えしているのが今回のお話です。

  • 559
  • 9
  • 2
  • いいね
  • クリップ

今回は「家具の取っ手」のお話。

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある、ひらた家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



扉がついている家具には「取っ手(とって)」がありますよね。


店長が指差しているのが取っ手です。
ゲタ箱とか食器棚とかサイドボードとか…。色んな家具に取っ手があるものがあります。


この取っ手って毎日使ったり、
頻繁に開けるようなところだと
「緩み」が気になることってありませんか?

取っ手がぐらぐらして気になったりするわけなのです。


こうやって開ける時に「何かぐらぐらするな…」と気になったりするわけです。


使っている内に緩んでしまうのは
ある意味仕方がないことなのですが…

ちょっと「一手間」加えると、
断然緩みにくくなるんですね。

その「一手間」をお伝えしよう!というのが
今回の店長のお話でございます♪


取っ手の中にボンドをちょい足し。

普通は取っ手が緩んでしまった時、
扉の裏側、取っ手の真後ろにあるネジを締めて直しますよね。


店長が指差しているのが取っ手を固定しているネジ。


これを締め直すことで取っ手のぐらぐらが直るわけですが…

そのままだとまたお使いいただいている内に
どうしても緩んで来ちゃうわけなのです。


なので緩みにくくする一手間加えるために、
一度取っ手を外しちゃいましょう。

取っ手のネジを完全に緩めると取っ手を外すことができますよ~。


ボンドをご用意くださいませ。

手に持っているのが外した取っ手。


「一手間加える」というのは「ボンドを使う」んですね。
ですので木工用ボンドをご用意くださいませ♪

木工用ボンドが用意できたら…


取っ手のネジが入るところに…
ボンドをほんのちょっと入れます。つまりちょい足し。


ボンドを取っ手のネジが入る穴に、写真のように少量入れます。

注意点は「ボンドを入れすぎないこと」です。
たくさん入れると取っ手を取り付けた時に溢れてきちゃったりするので、
「ほんのちょっと」で良いんですよ~!


取っ手を元通りにして完了♪

少量のボンドを入れたら…

扉に取っ手を戻そうとしている図。
ネジをしっかりと締めて、元通りに戻してあげましょう♪


写真のように元通りに取っ手を戻してあげましょう。
ネジをしっかりと締めたのを確認したら完了でございます。


取っ手の中に少量のボンドを入れることで、
ボンドが固まってネジを固定してくれるので、
今までよりも取っ手が緩みにくくなるってわけなんですね~。

この「ボンドをちょい足しする」というたった一手間なので、
次に取っ手の緩みを直す時にでも気軽に試してみてね♪


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~!


取っ手が金具と分離してしまった時の直し方はこちら♪

  • 559
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

ご覧いただきありがとうございます!家具やインテリアの基礎知識や豆知識など、お役に立てる情報を発信できるようにがんばっております。フォローはお気軽に♪こちら、LI…

おすすめのアイデア

話題のキーワード