節約?エコ?中身が入ったままだと捨て方に困るモノは最後まで使い切る

中身が少し残っている場合、ゴミとして処分するのに困ることがあります。出来れば全部使い切りたいのですが、出てこなくて困ることも。最後まで使うことで節約にもなり、エコにもなり、達成感もありました。

  • 1256
  • 6
  • いいね
  • クリップ

ハンドクリームの最後が出てこない!

この写真、ぱっと見は
ハンドクリームと
ルームコロンの様です。

でも、サイズ感が変でしょう。

ミニサイズになっています。

実は、本体をカットしているんです。

最後の最後が出てこない。

こんなにたっぷり
クリームが残っているのに
もったいない!

中身が入ったままだと捨てられない

このまま中身が入ったままだと
プラスチック製品としては捨てられず
燃えるゴミになってしまいます。

スパチュラや指でしっかり取り除き
使い切って。

これでプラスチックとして処分できます。

こちらは、アロマオイルの小瓶です。

竹串を挿して香りを飛ばしています。

マニキュアなど
中身が入ったままの小瓶の処分は
とても難しく
自治体によっては
中身を取り出して処分してくださいというところも。

ほんの少しですが、これが出てこなく
難しいのです。

そこで、揮発させて処分することに。

オイルに竹串の先を浸して
香りをしみ込ませました。

使い切るということ

ハンドクリームのチューブを
クルクル丸めて
これ以上出ないというくらいまで
絞り出しましたが
まだ少し残っています。

パッケージをカットしたり
竹串を挿したりしてまで
中身を出さなくてもイイのでは?

そう思いましたが
カットしてみると
思っていた以上に
たくさん残っていたのでびっくり。

これをそのまま捨てていたと思うと
もったいないと思ったのと同時に
使い切ることの達成感が上回りました。

使い切るって、思っている以上に
楽しい行為なんですね。

エコで節約で達成感も得られれて
面白いです。


まとめ

ハンドクリームやアロマオイルのわずかに残った量を
使い切って処分してみました。

ちょっとしたことですが
なんでもゴミとして捨てる前に
自治体の指定した処理の仕方を知っておくのも大事なコトです。

最後まで使い切ることで
資源ゴミとして処分できれば
環境にも配慮できますね。

また、残っているクリームやオイルを
使い切ることで
節約にもなります。

全部使い切った後
ケースの中を見たときに
使い切ったという達成感があったので
楽しみながらやってみるといいですね。

陶器製のチューブホルダー 最後まで使い切る 歯磨き粉 チューブローラー チューブしぼり器 絞り出し チューブしぼり チューブ絞り器 自立型 国産 美濃焼 訳あり
商品情報を楽天で見る
  • 1256
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北海道札幌市でライフオーガナイザーとして活動しています。モノの片づけを通して生き方の整理整頓をお伝えしています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード