新築 小上がりのメリット・デメリット

小上がりは、大容量の収納を設けることができたり、
空間を自然に仕切ることができたり、

段差を利用したメリットがありますが、

一方で、逆に段差があるからこそのデメリットも
意外に多くあります。

間取りを決める際は慎重に検討しましょう。

  • 15021
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

家の広さには限りがあります。
限りがある中で、
間取りの打ち合わせをしていると、

小さくても和室が欲しい。
小上がりにして、
下は収納スペースにしたい。

というご要望をよく聞きます。

和室と収納が一度に手に入り
有効活用できるという
メリットが思い浮かびますが、

その一方で
デメリットもあります。

小上がりのメリット・デメリットについて
考えてみます。

小上がりのメリット1 収納を設けることができる

八王子市で創業59年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

小上がりは、
段差を利用して、
収納を設けることが出来ます。

急な来客の予定が入った時も、
ここにとりあえず入れれば大丈夫、

という、主婦の味方的な
収納スペースがあるととても便利です。

赤ちゃんがいる家は、
紙おむつをしまっておくのに便利。

他にも、非常持出袋や、
お子さんのおもちゃ等をしまうのにも
悪くないのです。

  • 15021
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

東京都八王子市で、無垢材や塗り壁など自然素材を取り入れた、気持ちのいい家づくりをしている、地域密着の工務店です。対応エリアは、八王子市, 立川市, 武蔵野市, …

おすすめのアイデア

話題のキーワード