レジ袋を畳んでしまいたい。。。簡単!ペンタゴン折り。

レジ袋をキレイに畳んでしまいたい。

でも、面倒。


伸ばしてしまうのも簡単だけど。

袋が飛び出してくる。フタ必須。



三角に比べたらクタクタですが、カンタンに美しく袋を畳みたいなら、この方法、オススメです!

  • 106577
  • 1304
  • 24
  • いいね
  • クリップ

最近フォローしてくださる方が増えており、大変ありがたく思っております。

我が家は、決してお洒落な家を目指しているのではなく、「名もなき家事」をいかに減らし、家族で分担するか、を目指しております。

皆さまの参考になれば幸いです^ ^


◆◇◆◇◆◇◆◇


私、色々なものをつい畳んでしまうクセがあります。


お菓子の空袋とか、包み紙とか。。。


レジ袋も三角にいかにキレイに畳むか、を追求してしまいます。

決して丁寧なくらしを目指しているわけではありません。

単なる趣味、というか。

クセというか。



幾何学が好きなんですね。




それで、時間がないときはレジ袋をこんな畳み方をします。

ペンタゴン折、五角形です。


幅が一定の細長い紙片を一つ結びすると、正五角形が得られるのです。


詳しくはググってみてください。

数学的に証明もありますよ。


その性質を利用したのがペンタゴン折。


正五角形は色々なところに黄金比が隠されているんです。

とっても美しい図形だと私は思います。


畳み方

買い物直後のレジ袋。



(いつまでレジ袋貰えるのかな。)


白い机に白いレジ袋。
見にくくてすみません。

ペンタゴン折をするにしても、三角折にするにしても、この矢印部分をしっかり伸ばしておく事がキレイに畳むコツです。

面倒でもここをしっかり伸ばすことで、後が短時間でできるようになります。


2回折り、細長くします。

この時、底の部分からしっかり空気を抜いてください。


一つ結びをする要領で折ります。

ここに五角形をイメージしてくださいね。




裏に返して、伸びている端をしまいます。


反対も、同じところに仕舞います。


長い時は折り畳んでください。



出来上がりです!



詳しく書きましたが、一つ結びをぎゅっとしてしまわずに、端を結び目にしまうだけ。



こんな感じでも大丈夫。


慣れると超短時間で美しい図形が完成します。


(正五角形を追求しすぎて、余計時間がかかったりする事があるのは、ナイショ...)

  • 106577
  • 1304
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フルタイムで働くワーママです。隙間時間でこの片付かない家をなんとかしていきます!キャンプも大好き。

おすすめのアイデア

話題のキーワード