日本にはオーガニック化粧品(コスメ)の基準がない事を知っていますか?何で選んでますか?

あなたの身近な『オーガニック』って何がありますか? おそらく、毎日食べる食品や肌に使う化粧品ではないでしょうか?『オーガニック』とは? と聞かれたら、『化学農薬や化成肥料を使わない安全性のあるもの』と多くの方が答えると思います

確かに、食品には、農林水産省が定める有機JAS規格で『オーガニック』の表示基準が定められていますが、 これは農産物やその加工食品が対象で、化粧品類には適用されていません。そのため、日本国内で『オーガニック化粧品』と表示するために必要な基準はないのが現状なのです

これを知って、日本で販売されている『オーガニック化粧品は買うべきなの?』と真っ先に思いませんか? そんな心配が解消できて、ワンランク上のコスメにつながるように読んで頂けるとうれしいです

  • 360
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
【YOF beauty】は、自然界の成分から作られた製品を販売するナチュラルブランドのセレクトショップで、横浜油脂工業株式会社が運営しています
自然派化粧品を長年お使いの方やこれから取り入れようとお考えの方、自分らしいコスメを求めている皆様に、厳選されたコスメをご提案しております

本掲載記事に関しては、
AuFloras SPRINGFIELDSを参照しています 

  https://aufloras-springfields.jp/organic/

『オーガニックコスメ』の基準のない日本

日本で「オーガニック化粧品」と名のつく化粧品は、
海外の機関の認証を受けた製品、それらを参考にして独自基準を設けオーガニックをうたう製品、化学物質を添加していないことをオーガニックの根拠とする製品など、多種多様です

日本発のオーガニック化粧品の認証機関としては、
過去にJOCO(日本オーガニックコスメティック協会)が、有機JAS規格やオーストラリアのACO認証と 同等の水準を持たせた国内発の認証制度を策定していましたが、認証をクリアする事業者が少なく、現在は活動を休止しています

アメリカのオーガニック基準――USDA Organic

「USDA」とは、United States Department of Agriculture (米国農務省) の略称で、政府機関です。認証する主な品目は農作物や食料品ですが、現在ではオーガニックコスメの基準も作られており、 運用されています
アメリカでは、米国農務省の基準によって認可を受けた機関がオーガニック認定を行っており、認定を受けた製品だけがオーガニックであることを表示することができます
USDAのオーガニック認定制度は資源の循環を促進し、生態系のバランスを保ち、生物の多様性を保全することを目的としています

🌿【100% オーガニック】
  水・塩以外の原料全てが、オーガニック原料※である
🌿【オーガニック】
  水・塩以外の原料のうち95%以上がオーガニック原料※である
  残りの5%についても許可された物質を使用している
🌿【オーガニック原料を使用】
  原料の70%以上がオーガニック原料※である

※ オーガニック 🌿
 農産物については3年以上禁止物質を使用していない、与える栄養や害虫・雑草などの処理を、
国の認めた方法により行っている、合成肥料、下水汚泥、放射線や
遺伝子組み換えの不使用などといった基準をクリアした原料

参考資料 🌿
 USDA“Organic Production and Handling Standards”,“Cosmetics,
Body Care Products, and Personal Care Products”

オーストラリア――ACO認証は100%天然成分が条件

ACOとは、2002年に設立されたオーストラリアのオーガニック認証機関。元々は、農産物やオーガニックフードの認定を行う団体として設立され、オーストラリアで最大のオーガニック認証団体です
「オーガニック認証」の基準は

 🌾 原料の95%以上がオーガニックな農作物である事
 🌾 残りの5%についても、農作物でない天然の原料
 🌾 またはオーガニック認定でない天然の農作物である事
 🌾 農作物は全て遺伝子組み換えではない事

つまり、ACO認定を受けたオーガニックコスメは、100%天然成分という事になります

ACO認定のコスメ:AuFloras SPRINGFIELDS の『ホホバオイル』

スプリングフィールズ社(AuFloras SPRINGFIELDS)の農場は、土壌から灌漑、播種から収穫まで、厳しい認証基準であるACO認定を得ています
ACOとは、2002年に設立されたオーストラリアのオーガニック認証機関です
オーストラリアで最大のオーガニック認証団体であり、様々な認証の中でも厳しい部類の基準内容となっております

ギフト対応可横浜油脂 AuFloras SPRINGFIELDS SFピュアオイルホホバ≪メール便不可≫
商品情報を楽天で見る

『オーガニックコスメ』の基準は自分選んで納得する製品を…

オーガニック認証の種類は、USDA、ACOだけではありません。
日本でも『オーガニックコスメ』の基準をうたう団体はあります。世界的にも、国家レベルから営利団体まで各国様々にあります。

『オーガニックコスメ』の基準は、自分で吟味して選ぶしかありません
自分がどこに納得できるか、また、使う箇所などの用途でも選ぶ基準は変わると思います。『納得する製品選び』は、奥が深く情報を必要としますが、これからは『オーガニック』と書いてある事に納得するだけでなく、どこの国の『オーガニック認証』なのかを確認して選ぶことで、ワンランク上のコスメが出来そうですよね✨

ちなみに、スプリングフィールズ社(AuFloras SPRINGFIELDS)の『ホホバオイル』はとてもなめらかで使いやすいオイルです。乾燥を防ぎたいこの季節、化粧水のあと、ホホバオイルを3滴、手に残ったら髪に撫でてつけて、無駄なく使用できるのもおススメです😉

  • 360
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

横浜油脂工業株式会社が運営するWebショップ、YOF beautyのアカウントです。オーガニックオイルやエミューピュアオイルなど、こだわりの素材を使ったコスメを…

おすすめのアイデア

話題のキーワード