【住まい】ライフスタイルにぴったりのお家以外、もう考えられない!?◯◯が考えた家。

アウトドアスタイル ファッションマガジン「GO OUT」が考えた家、Livin' BASE(リヴィンベース)。
空前のアウトドアブームですが、「アウトドアに興味がないかな・・・」という方もいらっしゃると思います。
Livin' BASEはアウトドアが好きな方も、興味がない方も、それぞれのライフスタイルにぴったりと合うお家です。

6タイプのご家族にLivin' BASEを体験していただきました。みなさんはどのファイリータイプでしょうか?

  • 787
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

CHOICE+ MAGAZINE

マガジンスタイルでご紹介

今回、様々な趣味・お仕事・家族タイプの6組にアウトドア雑誌「GO OUT」が考えたお家、Livin' BASEの暮らしを体験していただきました。

アウトドアが趣味など関係なく、どのタイプの方にも家族の時間・自分の時間を大切にしていただける空間となっています。
では、マガジンスタイルでご紹介させていただきます。

STYLE 01:毎日の何気ない生活が楽しくなる工夫が盛り込まれた家。

とある休日・・・。
親子でピザ作りを楽しむのは、ナポリピッツァの人気店「ピッツェリア ナリポ」のオーナーをされているご家族。
「仕事も趣味もピッツァ作り!」そんな「ピザ屋の休日」をテーマに、暮らしを体験してもらいました。

お仕事であり、得意料理でもある「ピザ」を、奥様と2人のお子さんと一緒に作って食べることがとっても楽しい思い出に変わる、そんな演出が自然と生まれることを体験していただきました。

STYLE 02:子どもたちの趣味と成長に寄り添える家。

DIYが趣味の奥様、BMXに親子で夢中になり、娘さんの歌声に癒される休日。
子どもが大きくなるにつれて、個々で過ごす時間も増えがちですが、「家族の温もりをいつも感じられつくり」になっているLivin’ BASEだからこそ、家族それぞれの成長とともにお互いの絆も深まっていきます。

なんでもない休日のひとつひとつの出来事が、かえがえのない時間になる暮らしを体験していただきました。

STYLE 03:暮らしやすさがあるからこそ、1人の時間も大切にできる家。

1歳になる一児の父でもあり、ラッパーとしてレコードリリースに加え、週末は各地のイベントに登場など活躍されています。

仕事も遊びも、”暮らす”ことの一部。
アーティストやフリーランスで活躍する方は、自宅で作業に没頭することが非常に多くなりがちですが、そんな時でも家族と「空気」を共有しながら、作業に向き合うことが可能なスペースがあるLivin’ BASEなら日々の暮らしを大切にしながらも、自分らしく輝けます。

創作活動も家事も、ゲームも子育ても!
ほぼすべての時間を過ごす家だからこそ、いろんな顔を持つ空間がいい。どの時間も心地よく過ごせる暮らしやすさを体験していただきました。

STYLE 04:夫婦ふたりでも、ひとりでも自分らしく過ごせる家。

ヘアサロンの店長として、後輩の育成にも力を注ぐ美容師をされいているご主人。

Livin' BASEの特徴でもある「BASE」部分には、お気に入りのスニーカーをディスプレイにしたり、趣味の音楽を存分に楽しめます。

また、テーブルとイスを出すだけでアウトドアを楽しめるウッドデッキで、奥様の趣味でもあるイラストを描かれたり。屋内で考えるよりも自由な発想ができそうですね。

外と中の境界線がなく、自宅にいながらも屋外の心地よさを感じられる場所です。日常の暮らしに、ごく自然とアウトドアを持ち込める体験をしていただきました。

STYLE 05:マリンスポーツを楽しんだ海帰りでもそのまま家族や仲間とワイワイ過ごせる家。

「SUP」を共通の趣味で楽しまれる4人家族。
たっぷりと海を楽しんだあとは、庭でBBQ♪とその前に・・・ボードのお手入れを。

水はけの良いウッドデッキなら、砂だらけのボードをそのまま洗っても安心です。また、リビングから繋がった庭にタープを張れば、食材の出し入れも簡単にできます。
夏はSUP、冬はスノーボードも楽しむという奥様と娘さん。ロフトは趣味のスペースにぴったりです。

ウッドデッキやロフト、暮らしの空間を少しだけアクティブ仕様にするだけで、アクティブな家族の趣味を〝家の機能〟でサポートしてくれる暮らしを体験していただきました。

STYLE 06:コレクションがディスプレイに。自分らしくカスタマイズできる家。

ご主人は人気古着屋の店主をされており、新婚さんです。
自宅には、アメリカで買い付けた古着や雑貨がズラリと並んでいるそうです。

ご主人は音楽をレコードで聴くのが趣味でもあり、大きな吹き抜けに作られたロフトはそんな趣味を楽しむ空間に早変わりです。
また、リビングへまっすぐ続くアイランドキッチンは、お酒と雑誌を持ち出せば、どこでも夫婦団欒の場所になります。

家と庭、車をひとつの生活空間として捉えた暮らしができ、出逢ったモノを大事にしまっておくのもイイですが、大好きなモノだからこそ毎日見ていたい!そんな願いを叶え、モノに囲まれた生活を楽しむ体験をしていただきました。

大好きなモノをディスプレイした空間で、そのまま暮らせる魅力を体験。

最後に

いかがでしょうか?
さまざまな趣味や家族構成で違ったライフスタイルですが、みなさん家族時間・自分時間を大切に楽しまれていました。

今回はダイジェスト版にてご紹介させていただきました。
同じ趣味、似た家族構成など、ご自身に近いライフスタイルの方がいらっしゃると思うので、ぜひその方の特集ページも覗いてみてくださいね。

  • 787
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

注文住宅

自分スタイルで選べる「Hutto」、コンパクトで上質な「Viento」をラインナップする住宅ブランド「suzukuri」。居心地が良い家、わかりやすい家づくり、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード