簡単DIYで空き木箱を活用しよう!

100均やHCや、素麺や食器等が入っていたもの等々…
私の大好きな骨董市やリサイクルショップ等でも良く見かけて、
出会いがあれば連れて帰って来ますが、
皆さんの家にも1つや2つはありそうな、使っていない木箱。
大きさや形は様々でも、ちょっと発想を変えてみたり、
ちょっとした一手間で、様々なものに変身します。
我が家で活躍している木箱達を紹介します。
きっと、どこかにあったなぁ、と木箱を探したくなりますよ!

  • 11116
  • 36
  • 1
  • いいね
  • クリップ

木箱の棚

古い木箱を壁に直付けしました。
こう言った、壁に直接大きなものや重いものをつける場合には、
必ず梁を探して、そこに長いネジで付けるようにして下さいね。
でも、専用の梁を探す道具があれば、難しい作業ではありませんよ♬
中には、ここにちょうど収まる木箱や麻ボックス、木箱風の缶を入れて、
地震で落ちることも考えて、
普段使わないタッパーなどの軽いものを収納しています。

引き出しの飾り棚

こちらは、古い引き出しを壁にかけてみました。
この写真ではリースをかけていますが、
気に入った写真がある時は写真を、
気に入ったカレンダーがある時はカレンダーを、
と好きな物をかけて楽しんでいます。
古い木箱ではなくても、
家にある木箱に好きな色を塗ったり、好きな取っ手を付けて、
自分オリジナルの引き出し飾り棚を作ってはいかがでしょうか?

100均木箱を3連にして収納に

キッチンの壁につけているのは、100均の木箱です。
この木箱3個を塗装して、
箱の上下に細い板を渡して連結して、壁付けしています。
そして、木箱の中の物を取り出し易いように、一番上の桟を取りました。
手で、ちょっとグラグラさせて引っ張ると、意外に簡単に外れますよ。
ここには、コーヒーや紅茶のティーバッグを収納しています。
やはり100均で買った麻のボックスに種類別に分けてあるので、
自分で飲む時も、人に出す時も、
このまま取り出せばいいので重宝しています。

ロゴ入り木箱

これは骨董市で買った古い箱です。
このロゴがカッコよくて一目惚れしました。
上に、取っ手を付けた板を蓋代わりに載せていますが、
この木箱には何が入っているかというと…

常備している水のペットボトルを収納しています。
もしお家やご実家に、茶箱等の大きな箱があったら、
ロゴや文字を書いたりステンシルしたり、英字新聞を貼ってみたり…
ちょっとした工夫でお洒落度がUPして、
目立つ場所に置きたくなるかも!
100均の板でいいので、上に載せるだけの蓋を作るだけでも、
人目を気にせず、何でも入れる事が出来ますよ♬

遠目で見ると、このような感じです。
トランクと並んでる感じが気に入っています♬
使い勝手はこれで十分なのですが、
キャスターを付けたら掃除がし易いなぁ、と思っています。

引き出し風収納

これは、リサイクルショップで激安だった木箱です。
あまりにも安かったので大量買いしました。
他にも、家にあった形も大きさも違う木箱も含めて、
使う場所に合わせて手を入れて、いろいろな場所で使っています。

取っ手を付けたり、

更に、入れる物に合わせて仕切りを付けた木箱達を、

扉を取ってリメイクした棚に入れて、
ハーフオープンな引き出し風収納。
中がチラ見えするので、誰が見ても何が入っているか分かり易いです。
他にも、籠やメタル系の物も使っていますが、
色々な素材の物が入っても、形や色味を合わせれば却ってお洒落な感じになります。
ワゴンの下には、木箱ではありませんが、籠にキャスターを付けて、
乾物系の軽い物を収納しています。

ワインの木箱収納

キッチンの机の下には、キャスターを付けたワインの木箱を2段重ねで置いています。
ここには、子供達の水筒や、ラップなどのストック等、割と出す事の多い物を入れています。
キャスターが付いていると、重い物を入れていても出し入れし易くていいですね。

ワインの木箱で勉強机の下にも収納を

最後に、
子供の机の椅子の下に、キャスターを付けたワインの木箱を置いています。
ランドセルと手提げがちょうど入るし、
椅子を引いてもキャスターが付いていて動くので、邪魔になりません。

我が家は、こんな感じで、建売住宅の収納の少なさを乗り切っています。

皆さんも、是非、木箱をアレンジして、手軽だけど便利な収納を作ってみて下さいね♬

  • 11116
  • 36
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

普通の建売住宅を、心が落ち着くレトロ懐かしい空間にするために、日々、コツコツとセルフリフォームしています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード