クッションフロアで部屋の雰囲気をセルフチェンジ

床をクッションフロアで簡単にチェンジする方法を紹介しています。

  • 2246
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

お部屋を簡単にイメージチェンジしたい時にはクッションフロア

人の好みとは移り変わるものです。
住み始めた時はこの床の色が良いと思っていても、やっぱりこんな色にすれば良かった・・・
と後悔している人も多いはず。

そんな時に簡単にお部屋をセルフチェンジする方法がクッションフロアを床に敷くことです。

クッションフロアとはビニール製のクッション性のあるシート状床材のことなんです。

見た目は木目や石目などの様々なクッションフロアが売られていて、それを敷くだけで理想としていた床へ簡単にチェンジ出来ます。

クッションフロアの特徴は

○耐水性がある
○クッション性がある
○グリップ力がある

などがあるので、ペットや高齢者などの住宅にもピッタリな素材です。

部屋のサイズを計り好みの柄のクッションフロアを購入します

我が家では元々の暗めのダークブラウンの木目の床から明るい印象に変えたかったので明るめのアッシュグレーの木目を選びました。

ドアや幅木なども元々のダークブラウンの木目の床に合わせて、ダークブラウンを採用していたので、選ぶ時はあまり明るすぎることの無い色味のクッションフロアを選ぶのがポイントです。

あまり差がありすぎるとドアと床がチグハグな印象を与えてしまいます。

クッションフロアを敷きながらカットする

クッションフロアを部屋のサイズに合わせて少し大きめにカットして行きます。

部屋の大きさにもよりますが、左・右や左・右・真ん中と言う風にクッションフロアを敷いていき、木目部分があうようにカットして行くのがポイントです。

部屋の入口や変形している部分も部屋の形状に合わせてゆとりがあるぐらいの大きさでカットします。

クッションフロア専用のピッタリカッターでカットして行く

クッションフロア専用ぴったりカッターの使い方

クッションフロア用のぴったりカッターは壁に沿ってカットできるので誰でも簡単に直線にカットする事が出来る優れもの♪

動画のように壁に沿って周りをカットして行きます。

クッションフロアとクッションフロアが重なり合う部分も木目のつなぎ目に沿ってカットする部分を合わせると本物の木目の床のように見えて本物のフローリングのように見えるのがポイントです。

クッションフロア用の両面テープを床に貼る

クッションフロアをお部屋のサイズ通りにカット出来たら、浮いて来ないようにクッションフロア専用の両面テープを床に貼ります。

両面テープ貼るコツはシートの端の部分、四方全てを貼るのがクッションフロアを長持ちさせるコツです。

経年劣化すると、端がクルンと丸まってくるので両面テープは手間を惜しまず施工するのがお勧めです。

クッションフロアを接着

完成

最後は両面テープの上を剥がして、クッションフロアを接着して行きます。

ここでのポイントはタオルやヘラで少しずつ空気を抜きながら接着していくのがコツです。

以前のダークブラウンの木目の床からアッシュグレーの木目の床にチェンジした事で、お部屋の雰囲気もすごく明るくなりました。

家具を戻す

家具を戻してセルフチェンジの全てが完了です。

床が変わるだけで新しい部屋に居るかのような感覚になりました。

1日数時間であっと言う間に床をチェンジすることが出来るのでぜひぜひ床のセルフチェンジに挑戦してみて下さい。

  • 2246
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

モノトーンインテリアにアクセントカラーを入れた美しい家を目指してます。Ameba公式トップブロガー楽天roomインフルエンサーhttps://room.raku…

おすすめのアイデア

話題のキーワード