身近な紙とリボンを使って、ポチ袋を作ってみました

お年玉用のポチ袋、身近にある紙とリボン紐で、簡単に作れます。水引の作り方を覚えておくと、和風モダンな仕上がりになり、とても便利です。ラメ入りリボンを使うと、ちょっと豪華なポチ袋になりますよ。

  • 1025
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

水引飾り<材料・作り方>

3本:コード紐 (bel-0029) 3色 各50cm
*1本の場合は、1色 50cm

ハサミ
接着剤

(1)
コード紐3本を写真の様にします。
*3本は、ズレやすいのでテープで仮止めすると作りやすいです。
*ねじれやズレなどは、その都度、直してください。

(2)

(3)

(4)形を整えます。

*見本写真の1本で作った水引飾りは、ここまでです。端の紐をポチ袋に沿って付け、後ろで接着すれば完成です。

(5)

(6)3本の水引飾りは、形を整え、下の余分な紐を切って完成です。
(紐の切り口がほどける場合は、裏面に接着剤で固定してください)
ポチ袋につけるラメリボンをモチーフの裏面に通して、ポチ袋に取り付けてください。

ラメ飾り<材料・作り方>

ラメ入りリボン (bel-515)
飾り用 30cm 
取付用 25cm

ハサミ
接着剤

(1)飾り用のラメ入りリボンを15cm位のところで2つ折りにします。

(2)ポチ袋に巻付けるラメ入りリボンに、写真の様に結び付けます。

(3)しっかり結び付けたら、余分なリボンを切り、ポチ袋に取り付けて完成です。

ポチ袋<材料・作り方>

A4コピー用紙

(1)A4コピー用紙を縦に置きます。

(2)右側を約7.5cm折ります。

(3)左側を約6cm折ります。

(3)写真のように、真ん中が約11cmになるよう、上下を折ります。

(4)中にお年玉を入れ、裏面の折り曲げた下部分を上部分に差し込むようにすると固定できます。
お好みの水引飾りを付けて、完成です。

お年玉袋が足りなかった時にも、身近な紙と紐で手作り出来ますので
お試しいただけましたら幸いです。

ご覧頂きましてありがとうございました。

  • 1025
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ハンドメイド作家

クラフトショップ・ヒントでは、リボンやボタンなどのハンドメイド素材を取り扱っております。国内をはじめ、フランスやイタリアなどヨーロッパ製の珍しいリボンやボタンを…

おすすめのアイデア

話題のキーワード