【キッチンの大掃除】油汚れも焦げつきもスッキリ落とす万能アイテム、重曹で一気にキレイに!

料理で忙しいと汚れても見て見ぬフリをしてしまいがちなキッチン。「後でやろう」と思って、放置しておくと、落としにくい頑固な汚れになっていることも…。そんなキッチンの汚れは、大掃除で一気にキレイにしちゃいましょう。簡単にできる掃除方法とキレイを保つ工夫を紹介します。

  • 8767
  • 77
  • 0
  • いいね
  • クリップ

忙しくて手が回らないキッチンも大掃除で一気にキレイ!

キッチンの汚れに気づいていても料理の準備に追われていると、つい掃除を後回しにしてしまいがち。食材の汚れや油ハネなど、時間がたってしまうとこびりついて落とすのも一苦労です。そんな汚れは大掃除で一気にキレイにしちゃいましょう。

キレイになったらその状態が保てるのが理想的。さらに、一手間加えて掃除がラクになるようにしておくのもおすすめです。

キッチンの大掃除は、同じアイテムを使って時短!?

大掃除と聞くと大がかりな気がしますが、キッチンの中でも汚れがちな「オーブンレンジ」「冷蔵庫」「ガスコンロ」「レンジフード」の4ヶ所を中心に取り組んでみましょう。

今回は、すべての場所に「重曹」を使う掃除方法を紹介。場所と使うアイテムを絞って効率的に掃除してしまいましょう!

知らない間に意外と汚れている「オーブンレンジ」

オーブンレンジには、汚れが飛び散っていつの間にか焦げつきが。こびりついている頑固な汚れはやわらかくしてから落としましょう!

まずは、深めの耐熱容器に水400ミリリットルと重曹大さじ1を入れてオーブンレンジで5分ほど加熱します。扉を閉めたまま、10分ほど水蒸気を充満させたあと、耐熱容器をやけどに気を付けながら取り出し、内部の水滴をふきんやキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。頑固な汚れを水蒸気で温めることで溶かして簡単に拭き取れるようになりますよ。

料理や食材の液もれで汚れがちな「冷蔵庫」

冷蔵庫の中は、料理や調味料の液だれ、食材のゴミなどで汚れやすい場所です。食品を保存する冷蔵庫は、洗剤を使うのはちょっと不安…。そんなときも、重曹が活躍します。

重曹を水100ミリリットルに対して小さじ1入れて重曹水を作り、スプレー容器に入れて、冷蔵庫内部にスプレーして拭き取るだけ。拭き取るときに使う布は清潔なものを使ってくださいね。冷蔵庫の取っ手や扉も念入りに拭きましょう。

冷蔵庫の掃除は、扉を開けっ放しにすることになるので電源をオフにして行うのが◎。食材が少ないタイミングに合わせて掃除をするのがおすすめです。

頑固な油ハネがこびりついてしまう「コンロ」

コンロでも重曹が活躍します。一部、重曹が使用できないタイプのガスコンロもあるので、注意してください。

ガスコンロの場合は、外せる部品はすべて外して重曹水を吹きかけておきます。天板にも重曹水をスプレーしてしばらく放置。その後にしっかり拭き取るように油汚れや焦げ付きを落とします。細かい部分は歯ブラシで丁寧に磨きましょう。

IHコンロの場合は重曹を焦げ付きの上にのせ、水をかけてからくしゃくしゃにしたラップで円を描くように軽くこすると汚れが落ちますよ。製品によっては傷がついてしまう可能性があるので、掃除の際は取り扱い説明書を確認してみましょう。

見えないけど確実に汚れがたまる「レンジフード」

最後に油汚れがたまっているけれど、見えづらいレンジフード。

外側には絞った雑巾に重曹スプレーを吹き付けて汚れているところを拭き、乾いた雑巾で仕上げ拭きします。

フィルターの掃除もまとめてしちゃいましょう。ラップを敷いた上にフィルターを置き、両面の全体にスプレーをします。フィルターの上にもラップを広げて包み、そのまま10~20分ほど置いておきます。

汚れが浮き上がってきたらキッチン用のやわらかいスポンジや歯ブラシを使って汚れを擦り落としましょう。洗い流す際はぬるま湯やお湯で流すと油汚れが取れやすいです。最後は乾いた布でしっかり水気を拭き取ってくださいね。

キレイをキープして掃除の手間いらずのキッチンに

頑張って大掃除した箇所はできるだけキレイを維持しましょう! 工夫や収納のアイデアを紹介します。

手軽に交換できる、レンジフードフィルターを設置

レンジフードの間に市販のフィルターを取りつけることで、掃除した場所の汚れを軽減しながら換気できます。油煙をフィルターでキャッチしてくれるので、次回の掃除からはフィルターを捨てて交換するだけと、手間もかからずに時短できるのも助かりますね。

換気扇に汚れが付きにくくなるので吸い込み風量が落ちず、キッチンにニオイや煙がたまりにくいのもうれしいポイントです。

整理整頓、取り換えられるシートで衛生的な冷蔵庫

冷蔵庫内のキレイを保つためには、日頃の整理整頓が重要です。食品や調味料は小分けのカゴを使って取り出しやすくしておくと、料理をするときも便利で、掃除もラクです。

また大きさがまちまちの野菜や魚・肉などのトレーに入った食品類をしまう場所には、冷蔵庫シートを敷くのがおすすめです。野菜の泥や食品の汁もれなどの汚れがついても、捨てて交換できるので手軽に衛生的な冷蔵庫を保てます。

抗菌や消臭効果付きのものや、かわいい柄のものもあり、普段の料理作りのモチベーションも上がりそうです。

料理のモチベーションも上がるキレイなキッチンに

キレイなキッチンだと、もっと料理が楽しくなるはず。少しの工夫で、普段の掃除もラクになりますよ。ピカピカのキッチンで新年の料理作りに腕をふるっちゃいましょう。

《ARUHIマガジン》では、「住まい」や「お金」に関するさまざまな情報を掲載中です。専門家の書いた記事や役立つコラムを読んで、暮らしのさまざまな疑問について理解を深めてみませんか? 家事に関するトピックもたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

  • 8767
  • 77
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

住宅ローン専門金融機関ARUHIが運営するWebメディアです。そろそろ真剣に考えたい「住まい」や「お金」に関するあれこれ、家事・育児に役立つアイデアなど、毎日の…

おすすめのアイデア

話題のキーワード