壁紙の購入前に『量・面積の測り方』

壁紙を貼る際にはどれくらいの量(面積)が必要なのでしょうか。ご近所のお店で購入してDIYするのであれば、 足りなくてもまた買い足せばよいですが、新築やリフォームの場合は足りないと工事が止まってしまいます。測り方をまとめてみましたのでご購入の際はご参考ください。

  • 436
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

壁紙を貼る際にはどれくらいの量(面積)が必要なのでしょうか。ご近所のお店で購入してDIYするのであれば、 足りなくてもまた買い足せばよいですが、新築やリフォームの場合は足りないと工事が止まってしまいます。測り方をまとめてみましたのでご購入の際はご参考ください。

用意するもの

・メジャー
・これから家を建てる方は「部屋の図面(平面図と立面図)」
・購入予定の壁紙の横幅、長さ、リピート幅
(壁紙メーカーのホームページやカタログに掲載されています)

展示用ブースで実際に測ってみます

といれたす店内にある展示用トイレルームブース(約0.4坪)で実際に測ってみたいと思います。ブース正面の壁の寸法は以下となります。

トイレブース正面壁 : 高さ 220cm × 幅 165cm

トイレブース正面壁 : 高さ 220cm × 幅 165cm

窓・ドア・巾木の寸法を確認

巾木があれば全体の高さからマイナス

壁の中からドア、窓、巾木(廻縁)分の寸法をマイナスします。
(ただし、窓の周りを壁紙で巻き込みするのであれば窓枠~サッシまでの面積を測ります)
今回、仮に5cmの巾木が貼られていると想定してその分マイナスします。


■ 幅:165cm
■ 高さ:220cm-5cm = 215cm


切りしろを10cm程度追加

最後に切りしろ(調整用の余分)として上下各5cm=計10cmを加えます。
DIYであれば、巾木分程度は余裕見てマイナスしない方が良いかもしれません。


■ 幅:165cm
■ 高さ:220cm-5cm+10cm = 225cm


壁紙1巻(1本)の寸法

UTOPIA4 180326の寸法
横幅 : 53cm
長さ : 10m
リピート : 64cm

カタログの数値の意味を確認してみましょう。この輸入壁紙「UTOPIA4 180326( https://www.toiletas.jp/?pid=90567613 )」での寸法は…


<< UTOPIA4 180326の寸法 >>
■ 横幅 : 53cm
■ 長さ : 10m
■ リピート : 64cm


となっていました。
長さは壁紙のロールの全長、横幅はロールの横幅。そしてリピートは壁紙の絵柄1回分です。 壁紙の横幅、リピート幅は同じメーカーでも商品によってまちまちで、1cm、0.5mm単位で違う場合もありますので良く確認しましょう。

▲ 輸入壁紙のロール各種。幅はまちまちなので購入前は要確認。

ブースに壁紙の巾をあてはめて計算

壁紙一巻の面積を壁の面積から割り算して出た数字が必要な壁紙の本数となります。一つのリピート=一つの絵柄となっていることが多いので上下端だけ切れるように壁紙を貼るイメージで配置します。

ブースに壁紙の巾をあてはめて計算

計算すると、

■ 壁の横幅 165cm ÷ 壁紙の巾 53cm = 3.113…


四捨五入繰り上げして『4』
壁紙一巻 10mの中に、225cmが4回分(225cm×4=900cm(0.9m))収まります。

ブースの壁一面の張り替えには1本でぎりぎり収まる計算結果となりました。

リピート柄の上下余白が長い場合の計算

※今回の壁紙と壁の組み合わせでは計算不要です。補足としてお読みください。※


パターン柄の場合、上下の余白それぞれに1リピート分(つまり2リピート分)必要な場合があります。
先程の計算では1列にメインの3リピート。+上下余白用に1リピート分確保しましたが、上端・下端が長めで上手く収まらない場合それぞれで1リピート(計2リピート)確保します。


まず余白の長さを確認します。225cmの中にリピートが3回。


■ 1リピート 64cm × 3 = 192cm


上下あまりは壁の高さからメインのリピート分192cmををマイナスします。


■ 壁の高さ 225cm - 192cm = 上下余白合計 33cm


33cmを1/2にします。16.5cm。
これが上下端それぞれで必要な長さです。
(1リピートの幅に十分収まっているので最初の計算のとおり1本の壁紙で収まります)


■リピート幅64cm × 1列あたりの回数5(3+上下切れた分2) = 320cm

1列あたりに必要な壁紙の長さ320cm × 4列 = 1280cm
1本10m(1000cm)なので必要な本数は『2』

この場合に必要な本数は2本となります。

まとめ

基本的には壁の寸法を測って壁紙の大きさで割る単純な計算ですが、壁紙一巻でどれくらいあるかカタログやホームページ、そして貼りたい壁の寸法はよく確認しましょう。
計算が複雑になりがちなステップ柄については次回更新予定です。

【まとめ1】壁の寸法以外にドア、窓、巾木も確認して計算。
【まとめ2】壁紙の上下は切りしろとして+10cm程度余裕を見ておきましょう。
【まとめ3】壁紙の模様が「無地」、「リピート柄/ストリートリピート」、「ステップ柄/ステップリピート」かで計算が変わります。要確認。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 436
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

インテリアグッズ

手洗器(洗面ボウル)やトイレットペーパーホルダー、水栓・給排水管などトイレに住宅設備や、タオルハンガー、トイレブラシ用ポットなどインテリア・雑貨を販売するネット…

おすすめのアイデア

話題のキーワード