都内から日帰りOK! 静岡県の三島・沼津で絶景やグルメを堪能しよう

秋は晴れの日が多くて過ごしやすいので、ちょっとお出かけしたくなっちゃいますよね。山も海も両方楽しめる静岡観光がおすすめです! 三島市と沼津市周辺の見どころを紹介しています。

  • 115
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

静岡県三島市には、富士山や箱根の絶景が見渡せるつり橋や、歴史ある神社など子供から大人まで楽しめるスポットがたくさんあるんです。地元グルメに駿河湾の海の幸を堪能できるスポットもご紹介します!

日本最長の歩行者用つり橋「三島スカイウォーク」から富士山の絶景を楽しもう

三島スカイウォークと富士山

三島随一のビュースポットが「三島スカイウォーク (三島大吊橋)」です。全長400mの日本一長い歩行者専用のつり橋で、晴れた日には橋の上から富士山が見えます。見晴らしが良いので、写真に収めたいですね!
周辺には散策路やカフェがあるほか、ジップラインやセグウェイといったアクティビティもありますよ。

休憩スポットとしてもおすすめ 「スカイガーデン」

三島スカイウォーク スカイガーデン

園内にある屋内施設「スカイガーデン」には、天井に広がる季節の花々を見ながらショッピングや軽食を楽しめるほか、伊豆・箱根周辺のお土産店もあるスポットです。
橋を渡るには入場料が必要ですが、スカイガーデンのみの利用は無料なので、休憩ポイントとしての利用もおすすめです。

三島スカイウォーク (三島大吊橋)

<住所>

静岡県三島市笹原新田313

<入場料>

大人/1,100円、中高生/500円、小学生/200円

<定休日>

<電話番号>

055-972-0084

まるでワッフル! 山中城跡の障子堀

山中城跡の障子堀

三島スカイウォークから車で約5分のところにある「山中城跡」もおすすめのスポットです。こちらのお城跡の最大の見どころはワッフルのようなお堀、「障子堀」です。晴れた日には、障子堀越しに富士山が見られるほか、季節ごとに咲く花も見どころです。
こちらの障子堀は台風19号の影響で一部通行止になっていますが、迂回して見学できます。

山中城跡

<住所>

三島市山中新田

<電話番号>

055-985-2970(山中城跡案内所・売店)

商売繁盛・五穀豊穣のパワースポット「三嶋大社」

「三嶋大社」は、かつて東海道を往来する人々がお参りした神社で、大山祇命(おおやまつみのみこと)というと、積羽八重事代主神(つみはやえことしろぬしのかみ)が祀られており、御二柱の神を総じて「三嶋大明神」とも呼ばれています。東海随一の神格と考えられ、現在でも年間を通じて商売繁盛・五穀豊穣を願う人でにぎわいます。

三嶋大社

<住所>

静岡県三島市大宮町2-1-5

<電話番号>

055-975-0172

小腹が空いたら三島グルメ「みしまコロッケ」を!

みしまコロッケ

観光のお供に名物グルメの食べ歩きはいかが? 「みしまコロッケ」という、箱根西麓で採れた三島馬鈴薯を100%使用したコロッケが各地で販売されています。三島スカイウォーク内の飲食店や三嶋大社周辺の商店街などでも購入できるので、散策中に小腹が空いたらいただいてみてくださいね。

海の幸なら沼津港へ! ランチやディナーに水族館も

沼津港 飲食店街

静岡県に来たら、駿河湾の海の幸はぜひいただきたいですよね。三島市の隣、沼津市にある「沼津港」には、遊覧船や深海水族館などの観光スポットや、水揚げされたばかりの新鮮な魚介類を楽しめる飲食店街があります。沼津名産の干物や土産店などが並んでいて、にぎやかな港のショッピングを楽しめますよ。

沼津港

<住所>

静岡県沼津市本港

三島・沼津へのアクセスは?

東海道新幹線

新幹線を利用すれば品川駅から約45分で三島駅に到着するので、気軽なお出かけにぴったりです。三島駅から沼津駅もJR東海道線で一駅と、行きやすいですよ。また、高速バスでは東京(バスタ新宿、渋谷マークシティ)と三島駅、沼津駅、沼津港を結ぶ路線もあるので、沼津港から直接高速バスで帰るルートも便利です。
車で行く場合は東京から約2時間で、三島駅周辺に到着します。

東京からの日帰り旅行にぴったりの三島・沼津エリア! 秋冬は空気が澄んでいるので富士山が特に美しく見られるのでおすすめです!
週末の旅行やお出かけ先にいかがですか?

この記事は2017年10月6日に公開されたものを編集したものです。

  • 115
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「トリドリ」は、あなたに様々な旅行やお出かけのキッカケを提供するメディアです。記事を読んで「ここ、行ってみたい!」と思ったら、それはもう旅への第一歩。ひとくちに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード