【マユミの木】テナントハウス門前の草花

入間市豊岡のテナントハウス『area-T-one』です。今日は、B棟のテナントの借り主さんと内装の打ち合わせ。

建物の脇のマユミの木に赤い実がなっていて、秋の風情。ちなみに、マユミの枝は柔軟性があって、弓の材料にな使われていたことから「真弓」という名前になったそうです「真」は「最高の」という意味で、高級な弓材だったみたいです。

  • 347
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

万葉集の中にも相聞歌として登場しています。

「み薦(こも)刈る 信濃の真弓 吾が引かば 貴人(うまひと)さびて 否と言はむかも」(久米禅師)

「み薦刈る 信濃の真弓 引かずして 強ひざるわざを 知ると言はなくに」(石川郎女)

  • 347
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

ケヤキやエゴ、ソロなど武蔵野の緑豊かなアトリエの中で実際の体験を通しながら、お客さんと一緒に、それぞれの家族の「暮らし」を考え、 デザインを通して新たな空間を提…

おすすめのアイデア

話題のキーワード