静岡の石場建て[工事中]

浜松に建つこの石場建ても、自然の素材の特性に合わせた家です。
礎石の上に、天竜の地松と杉桧の柱梁を手刻みで組み差し、貫を通した木組みに、竹小舞を掻いて泥壁を付け、屋根はいぶし瓦で仕舞います。
間取りは田の字で、多くの部分は地松の差鴨居と小壁(欄間)と障子で間仕切ります。
現在は作られることのなくなった、何百年も前から日本で作られてきた普通の家です。

  • 576
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

刻み場の様子 三間半の松丸太

石場建ての基礎

石場建て

建方の様子

屋根のトントン下地

和室内部の様子

竹小舞の様子

稲わらで竹を編む

中塗りの様子

荒壁塗り

北玄関の外観

南縁側の外観

西妻壁の外観


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 576
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「木組み 土壁 石場建て」で職人が作る「伝統工法・和風建築」を手掛けています。自然 素材と謙虚に向き合い、「心地よい木の家」を目指しています。心地よい自然 素材…

水野設計室さんの他のアイデア

住まいのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード