多くの人が土地の相談相手で「誤解」していること

多くの方は、土地を購入する方は不動産業者さんに、すでにある土地に建築する方は、工務店やハウスメーカーに相談に行かれます。これは「誤解」です。土地についての正しい相談相手はこの人です。

  • 863
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは。長野県茅野市の工務店「エルハウス」です✨
家を建てる際に、土地を用意する方法としては

・新たに土地を購入する方
・ご実家の敷地内に建てる方
・または、すでにある(譲りうける)土地に建てる方

この3つのパターンになります。

土地を購入する方は、不動産業者さんに問い合わせます。
すでにある土地に建築する方は、工務店や、ハウスメーカーに相談に行かれます。

最初に相談すべき人はこの人です

ですが、私たちがおススメするのは、全ての方が、工務店さんハウスメーカーさんに、最初に相談したほうが良いと考えます。相談とは、土地を紹介してもらうことです。

家を建てた後の、駐車場の位置、お庭、家庭菜園、物置の場所まで、総合的にアドバイス(提案)をいただけるはずです。

時には、売地に家の図面などを書き加えて、紹介している物もあるようですが、それであっても工務店さん、ハウスメーカーさんにいってください。

なぜ、工務店・ハウスメーカーさんに相談した方がいいのか

なぜか。その理由は

・土地に家を建てるにあたり完成したお家を見ているからこそ、
・住んでいるお客さまから感想を頂いているからこそ、
・建築の計画をしっかり持っているからこそ、

気がつくことが沢山あるからです。例えばこのような事ですね。

1 土地と道路の関係

車が、そのまま乗り入れることができるのか
何台停められるのか? お客様用のスペースがあるのか?
車の転回はスムーズにできるのか。
道路に降った雨は、流れてこないのか?

2 土地と周辺土地に段差がある場合

土手になっていた場合、崩れないような対策が必要か。
対策をしなくても、家を建てることができるのか。
隣地に迷惑がかからないのか。

3 敷地内の高低差

斜めの土地、家は水平に建てますが、玄関の入り口はスムーズに入れるの?
基礎部分は、普通に、水平につくれるの?

4、日当たり面(一番、難易度が高いこと)

朝陽は差し込めんでくるの?
日中に十分の陽射しは見込めるか。

これらはほんの一部です。いかがでしたか?
土地についてもっと知りたい方、「土地選び3つの法則」も学んでみませんか。

なかなか良い土地にめぐり合えない方へ。
あなたにぴったりの、土地情報をお届けしています。

この記事を執筆した、エルハウス副社長のブログです。

  • 863
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

かなわない夢はない!長野県、諏訪市、松本市、茅野市、塩尻市、岡谷市、安曇野市、原村、下諏訪町、富士見町、山形村、辰野町、朝日村で、注文住宅(新築とリフォーム)を…

おすすめのアイデア

話題のキーワード