【厳選】カッティングマシン人気おすすめランキング5選

ステッカーやウェアプリントの作成に役立つ、カッティングマシン。紙やラベルシールはもちろんのこと、商品によってはフェルトや布などのような厚めの素材もカットすることができます。オリジナルグッズの作成に欠かせないカッティングマシンですが、ニッチなアイテムなので情報が少なく、選び方に悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、カッティングマシンの選び方とともに、おすすめの人気商品をLIMIA版のランキング形式で紹介します。ステカやカメオなど、さまざまなカッティングマシンをピックアップしました。選び方にお悩みの方や商品をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 5697
  • 61
  • 0
  • いいね
  • クリップ

カッティングマシンの選び方

カッティングマシンの選び方について解説します。商品の比較方法にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

1.作りたいものに合わせて選ぶ

作りたいものに合わせて、カッティングマシンを選びましょう。カッティングマシンは、ステッカーやウェアプリント、ペーパークラフトやラベルなどさまざまなものを作ることができます。しかし、商品によって得意なものは異なるので、あらかじめ作りたいものをイメージしておくのがおすすめです。

ここでは、作りたいものに大きく関わってくる、最大カット範囲と素材や厚さについて解説します。

最大カット範囲

カッティングマシンには、最大カット範囲という指標が設けられています。最大カット範囲とは、そのカッティングマシンがカットできる最も広い幅のこと。カットしたいものの幅と最大カット範囲が合っている必要があるので、購入前に必ず確認しておきましょう。

素材や厚さ

カッティングマシンは、商品によってカットできる素材や対応できる厚さが違います。そのため、カットしたいものの素材や厚さが対応しているかどうかを、あらかじめ確認しておくのがおすすめ。対応していないものを無理にカットしようとすると、故障につながってしまうのでやめましょう。

2.カッティングの性能で選ぶ

カッティングの性能も選ぶときの重要なポイントです。カッティングマシンが備える性能の中でもとくに重要な、カット速度とトンボ読み取り機能について解説します。

カット速度

カットしたいものが大量にある場合、カット速度の速いカッティングマシンがおすすめです。仕事用としてカッティングマシンを使う場合、カット速度の速さは作業効率に直結する重要な要素。速ければ速いほど作業をすばやく済ませられるので、できるかぎり速いものをおすすめします。

ただひとつ注意しておきたいのが、カット速度を速めるとクオリティ面にブレが生じやすくなるということ。高性能なカッティングマシンであればブレは少なくなりますが、そうではないカッティングマシンでカット速度を無理に速めると、思うような仕上がりにならないおそれがあります。バランスが重要なので、使う目的に合わせてカット速度を選びましょう。

トンボ読み取り機能

トンボ読み取り機能とは、裁断や印刷などの加工範囲を示す「トンボ」という印を読み取る機能のことです。自動と手動の2種類にわかれ、自動の場合はセンサーがトンボを読み取ってくれるので、操作が簡単かつきれいに仕上げることができます。予算に余裕があるのであれば、トンボ読み取り機能が自動のものを選ぶのがおすすめですよ。

3.オリジナルデザインをカットできるかで選ぶ

基本的に、カッティングマシンにはオリジナルデザインを読み込むソフトがついていますが、オリジナリティによりこだわる場合、Illustratorに対応しているものやスキャン機能を備えているものがおすすめです。

Illustrator

Illustratorに対応しているカッティングマシンであれば、Illustratorで作成したデザインをそのままカットすることができます。オリジナリティの精度を高くしたいという方や、普段からIllustratorでデザインをしているという方におすすめ。

スキャンタイプ

スキャン機能を備えているカッティングマシンは、手書きのデザインもデータとして読み込むことができます。パソコンを使わずにデザインを読み込ませたいという方におすすめのタイプ。

4.パソコン環境との相性で選ぶ

自宅のパソコン環境に合わせて、カッティングマシンを選びましょう。カッティングマシンの多くはパソコンに接続して使用しますが、パソコンが搭載しているOSとの相性が悪いことがあります。Windowsに対応しているけどMacには対応していないという商品もあるので、あらかじめ自宅のパソコン環境で使用できるのかどうかを確認しておくのがおすすめです。

パソコン不要なタッチパネルタイプ

パソコンを使わずにカッティングマシンを使いたいという方には、タッチパネルタイプのものがおすすめです。デザインの編集からカットまで、カッティングマシン単体で行えますよ。

カッティングマシン人気おすすめランキング5選

それでは、カッティングマシンの人気おすすめランキングを紹介します。

5位 〔ブラザー〕ScanNCut CM300

ブラザー ScanNCut(スキャンカット) CM300 カッティングマシン
商品情報を楽天で見る

〔ブラザー〕から販売されているカッティングマシンです。紙だけでなく、布やプラスチックシートなどの素材もカットできる優れもの。アップリケの作成やステッカーシール作りなどの役に立ちますよ。また、スキャン機能がついていることも魅力のひとつ。手書きのデザインや印刷された図案などもスキャンしてカットすることが可能です。オリジナリティやデザインの自由度を重視する方に、ぜひおすすめしたいカッティングマシン。

最大カット範囲:296×298mm(12インチマット使用時)
カット速度:ー
オリジナルデザイン:スキャン機能
本体サイズ:497×175×157mm
本体重量:3.7kg

4位 〔グラフテック〕シルエットポートレイト2

シルエットポートレイト2 カッティングマシン SILH-PORTRAIT-2-J グラフテック
商品情報をAmazonで見る

〔GRAPHTECH(グラフテック)〕から販売されている、《silhouette portrait2(シルエット ポートレート2)》という製品です。こちらのカッティングマシンの魅力は、コンパクトなサイズと本体重量の軽いことの2つ。本体の奥行きは12cm以下、重量はわずか1.6kgしかありません。小回りが利く小型カッティングマシンをお探しの方にピッタリのアイテムです。また、Illustratorに対応していることも魅力のひとつ。オリジナリティの高いデザインをカットすることができます。

最大カット範囲:3000mm
カット速度:100mm/s
オリジナルデザイン:Illustrator対応
本体サイズ:41.1×14×112mm
本体重量:1.6kg

3位 〔ローランドディージー〕STIKA(ステカ)

ローランドディージー デザインカッター ステカ SV-8 (スターターセット)
商品情報をAmazonで見る

「ステッカー作りにカッティングマシンを使いたい」という方におすすめなのが、こちらの商品。〔ローランドディージー〕から販売されている、《STIKA(ステカ)SV-8》という製品です。ステカシリーズの中でも、こちらのモデルはコンパクトなサイズ感が魅力。省スペースなので、オフィスで仕事用として使うのはもちろん、自宅で趣味用として使う場合にもおすすめです。掲示物や案内看板、チームウェアやグッズ用ステッカーなど、幅広いシーンで役に立ちますよ。

最大カット範囲:160×1000mm
カット速度:12~40mm/s
オリジナルデザイン:Illustrator対応
本体サイズ:340×205×115mm
本体重量:2.2kg

2位 〔グラフテック〕シルエットカメオ3

グラフテック シルエットカメオ3 silhouette cameo3
商品情報をAmazonで見る

スタイリッシュなデザインが魅力的な、〔グラフテック〕の《silhouette CAMEO3(シルエット カメオ)》。WindowsとMacの両方に対応しているだけでなく、Illustratorのデータも使用することができる高性能なカッティングマシンです。使い慣れたソフトウェアで作成したオリジナルのデザインにしたい、という方にピッタリの商品ですね。また、デザインが苦手という方も、「シルエットデザインストア」を利用すれば14万点以上のデザインを購入することができるので、心配ありません。

最大カット範囲:3000mm
カット速度:100mm/s
オリジナルデザイン:Illustrator対応
本体サイズ:570×221×136mm
本体重量:4.0kg

1位 〔ブラザー〕ScanNCut SDX1000

小型カッティングマシン スキャンカット ScanNCut SDX1000 単体
商品情報をAmazonで見る

こちらのカッティングマシンの特徴は、自動ブレード調整機能がついていること。素材の厚みを感知して、刃を出す量を自動で調整してくれるので、素材に合わせて細かい調整をする必要がありません。紙やラベルシールはもちろん、布やフェルト、薄いプラ板やウレタンフォームなどもカットすることができます。また、5インチの大型タッチパネルがついていることも特徴のひとつ。カットまでの作業や編集を行えます。

最大カット範囲:296×298mm
カット速度:ー
オリジナルデザイン:スキャン機能
本体サイズ:531×215×173mm
本体重量:6.5kg

ステンシルを使って男前インテリアを楽しむ

LIMIAでは、おすすめのカッティングマシンだけでなく、ステンシルを使った男前インテリアの楽しみ方というアイデアも紹介しています。カッティングマシンで作成したステンシルの活用アイデアを見てみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

お気に入りのカッティングマシンは見つかりましたか? 用途に合ったカッティングマシンを見つけて、オリジナルデザインのステッカーやウェアプリントをぜひ楽しんでくださいね!


※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 5697
  • 61
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード