白いカウチを清潔に保つ方法

白いカウチを清潔に保つのがいかに難しいかという、善意の意見が多くあったにも関わらず、あなたはそれを押して白いカウチを購入してしまいました。

でも、白いカウチが魅力的なのはよく理解できます。シックでパリッとしていて、リビングルームをとても華やかに見せてくれます。

一方で、その状態を維持するのが難しいという事実には変わりありません。実際に、新しい白いカウチをリビングルームに移動させているときに、カウチの両側が少し擦れてしまってかなりショックを受けてしまった人もいるかもしれませんね。

ここでは、できるだけ汚れのない状態を保ち、あなた好みのあのパリッとした白さを維持する方法をご紹介します。

  • 655
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

1. こすらないで拭き取る

汚れのない白いカウチに初めてこぼしてしまったのですね。

ここでは次のことを行いましょう。ステップ1、まずは深呼吸します。ステップ2、こぼれたものをきれいにします。ここで重要なテクニックは、汚れはこすり落とすのではなく拭き取るということです。

汚れをこすっても、その汚れは素材の中に深く押し込まれて周りににじむだけ。それこそ大惨事です。時間をかけてやさしく拭き取るのが1番です。

汚れを落とすのに何を使えば良いかがわからない場合は、台所用洗剤を含ませた布巾を使うのが手っ取り早いでしょう。

2. こぼしたら、すぐきれいにする

これはいくら強調しても足りないぐらい重要なことですが、白いカウチに何かをこぼしたらできるだけ早くきれいにする必要があります。

カウチにシミがついた状態で時間が経てばそれだけ汚れは落ちにくくなりますので、翌日まで持ち越さないようにしましょう。

3. 布製のカバーを付けてカウチをお手入れ

行動に慎重になれば、白いカウチにシミを付けることはないかもしれません。

しかし、さらなる予防策として高価なスエードの靴に使われる防水・防汚スプレーと同じように、ソファにも防水・防汚スプレーを使った処理を施し、シミやこぼれに強い状態にすると良いでしょう。

スコッチガードの防水・防汚スプレー 衣類・繊維製品用を使ってDIYすることができます。定期的に全体に薄く2回スプレーすると良いでしょう。

4. 粘着クリーナーを毎日使う

家でペットを飼っていますか?白いソファではペットの毛は確実に問題となるでしょう。でも大丈夫。毎日カウチの上で粘着クリーナーを転がせば、カウチ全体がペットの毛で覆われることもないでしょう。

カウチの隅々まで粘着クリーナーを転がしながらペットの毛を全部取り除くには5分もいりません。時々大がかりな掃き掃除をするよりも、毎日少しずつ掃除したほうがずっと楽ですよ。

5. 太陽を避ける

美しく太陽の当たる家はみんな大好きですが、その太陽の自然光こそが家具の変色の最大の原因である、というのが厳しい現実です。

リビングルームを洞窟のようにする必要はありませんが、直射日光を避ければカウチを守るのに役立ちます。

そうすることで黄ばむことなく白く汚れのない状態を保つのに役立ちます。なんと言っても、買ったのは白いカウチであって、ベージュのカウチではないのですから。

6. カバーを使えばお手入れ簡単

自分のカウチ(白でもそれ以外の色でも)にシミが付いたことを考えたら、こう思うでしょう。「ああ、カウチを洗濯機に入れられたらなあ。」

まぁ、できますよ。

ソファのカバーなら可能です。カバーは簡単に取り外して洗濯機に入れられるので、ソファのお手入れが100倍も楽に感じますよ。

白いカウチを愛用している人にとっては、これ以上嬉しいことはないですよね。

まずは生地サンプルをお取り寄せください。そして実際に汚してみて洗濯機で洗ってみてくださいね!

  • 655
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

ハンドメイドソファカバー専門のネットショップです。https://comfort-works.com/ja/また、全世界のお客様へカバーをお届けしているグローバ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード