熱燗のお供に♪簡単♡『鶏もも肉とシシトウの甘辛照り焼き』

寒くなってくるとだんだんと熱燗がおいしい季節♪旦那様を満足させる日本酒にピッタリな簡単おつまみレシピをご紹介致します。

  • 595
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ


秋冬は簡単おつまみで熱燗をぐぃーっと!日本酒が旨い!


ご訪問ありがとうございます。
料理家&クリエイターの豊田亜紀子です。

段々と気温が下がって寒くなってきましたね。
夏はあんなにビールが欲しかったのに、秋冬になってくると
不思議と日本酒が飲みたくなってくるものです。
熱燗・・・いいですねぇ~・・・

女性の場合、ビールに酔って男性にからむのは
単なる酔っぱらいと思われがちなんですが(笑)、
これが日本酒になるとちょっと話が違うんですよ・・・

可愛らしいセーターなんかを着た女性が
熱燗を飲んで頬を赤らめて酔っぱらっていると
男性は何故かグッとくるものなんです!
『守ってあげたい』とか思うんですかねぇ~・・・

独身の時は外食でそんな場面が成り立つでしょうけども
結婚するとその時のような新鮮な気持ちを忘れがちになってしまう・・・

そんな方々の為に今回のアイデア記事では
ご家庭で簡単に作れる日本酒によく合うおつまみレシピをご紹介して
奥さんである皆さんに手料理をして頂くことで旦那様を上手に喜ばせ、
ついでに旦那様に独身時代みたいに酔っぱらって可愛く甘えちゃおう!
という作戦です♪(^▽^)/

皆さんもぜひ下記のレシピで試してみて下さい♡



簡単♡『鶏もも肉とシシトウの甘辛照り焼き』レシピ



<材料2~3人分>

●鶏もも肉 1枚(300g程度)
●シシトウ 12本
●薄力粉 小さじ1と1/2
●ごま油 大さじ1
~調味液~
●しょうがのすりおろし 1かけ分
●しょうゆ 大さじ1
●みりん 50ml
●酒 50ml

<下準備>

①鶏もも肉は汚れた箇所を取り除いてから、ひと口大にカットします。
②シシトウはヘタについている茎を短くカットして軽く洗ってから水気を切っておきます。
③調味液の材料(しょうがのすりおろし、しょうゆ、みりん、酒)をあらかじめ混ぜ合わせておきます。

<作り方>

1.下準備①の鶏もも肉の両面にまんべんなく薄力粉をまぶします。(茶こしを使うと便利!)

2.フライパンを強火で熱し、ごま油を引き、1を並べて両面に焼き色を付けます。

3.2で出てきた油をキッチンペーパーで軽く取り除きます。

4.下準備③の調味液を投入して沸騰させ、下準備②のシシトウを加えて1~2分煮立て、しっかり煮汁をからめたら火を止めてお皿に盛り付けます。



<ポイント>

(※1)鶏もも肉はあまり火が通り過ぎると固くなるので手早く調理をするようにしましょう。

(※2)お好みで長ねぎを5㎝幅にカットしたものを加えてもとてもおいしくお召し上がり頂けます。



旦那様も大満足!みんな大好き♡鶏肉おつまみ

夏の間は鶏肉を揚げ物にすることが多かったと思うのですが、
秋冬になるとちょっと上品な鶏肉の煮物がホッとして落ち着くものです。
シシトウも栄養価が高い食品ですから、鶏肉と一緒に煮込むことで
男性もたくさん食べてくれるので旦那様たちに喜ばれる健康的なメニュー。
この『鶏もも肉とシシトウの甘辛照り焼き』は煮物のような感覚でいただけるので
熱燗と一緒に供すると小料理屋のカウンターメニューのようになって
旦那様も大喜びしてくれるとはずです。
冒頭にも書いた『酔っぱらって旦那様に甘えちゃおう!作戦』
奥さんである皆さん!ぜひとも実行してみて下さい♡
(^_-)-☆






LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 595
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

家庭料理研究家&クリエイター/料理教室 Pinkish Rose Club 主宰/アスリートフードマイスター/薬膳アドバイザー/スパイス香辛料アドバイザー/メデ…

料理家&クリエイター 豊田亜紀子さんの他のアイデア

グルメのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード