徹底比較!【無印】【ダイソー】【キャンドゥ(セリア)】のモノトーンダスターの使い分け

無印良品、ダイソー、そしてキャンドゥ(セリア)にあるモノトーンの使い捨てキッチンダスター。

パッと見、3種類とも似ているのでどれを使っても同じ?と思いがちですが、使ってみると意外にも使い心地に差が!

そんな3種類のキッチンダスターを徹底比較して使い心地を試してみました。

  • 46817
  • 210
  • 4
  • いいね
  • クリップ

モノトーンのキッチンダスター

キッチンの台ふきはどんな物をお使いですか?

毎日何回も使うものだからこそ、清潔さはもちろん、乾きが良くてお手入れも楽な布巾を使いたい。

そんな理由から我が家では、数年前から使い捨ての「キッチンダスター」(カウンタークロスとも言います)を使っています。

キッチンダスターと言えば、ショッピングセンターのフードコートによく置いてある水色やピンク色のカラフルなダスターを思い浮かべる方も多いと思いますが、モノトーンのダスターならキッチン内で悪目立ちせずいい具合に馴染んでくれます。

無印の他にもダイソーやキャンドゥ(セリア)に同じようなダスターが出ているので、何が違ってどれが使いやすいのか検証してみました。


3店舗のダスター

無印良品

無印良品のキッチンダスターはこちら。
ネットサイトのアスクル・ロハコ限定商品です。

業務用として販売されているので、100枚入りの大容量サイズになっています。
(他、ベージュと白があります)

ダイソーとキャンドゥ(セリア)

100円ショップのダイソー、キャンドゥ(セリア)にあるキッチンダスターはそれぞれこちら。

画像右側のロール状のものがダイソー「キッチンクロス」台拭き(ロールタイプ)

左側の「モノトーンキッチンダスター」がキャンドゥ(セリア)のダスターです。
(我が家の地域ではキャンドゥで購入できますが、セリアにも同じ商品があるので(セリア)としています)


①大きさ比較

無印のダスターを広げた所。
右端のダスターは折りたたんだ状態です。
画像上:ダイソー
画像下:キャンドゥ(セリア)

【無印良品】1枚を広げたサイズは35㎝×61㎝

【ダイソー】1枚の大きさは20㎝×30㎝と小さ目。
他の2つと比べると約4分の1のサイズになります。

【キャンドゥ(セリア)】広げたサイズは34㎝×60㎝
ほぼ無印のダスターと同サイズです。

無印とキャンドゥ(セリア)のダスターは4回折りたたむと厚みも程よくコンパクトになり手に馴染みやすい大きさで扱いやすくなります。


②入っている枚数と1枚あたりのお値段比較

無印は畳んだ状態。
キャンドゥ(セリア)は2枚に折った状態です。

【無印】1枚約29円(100枚入り・2900円税込)

【ダイソー】1枚4.4円(25枚入り・110円税込)

【キャンドゥ(セリア)】1枚27.5円(4枚入り・110円税込)

ダイソーのダスターは1枚が他の2つの約4分の1サイズになるので、それだけ1枚あたりのお値段が安くなります。
4枚分がほぼ同じ大きさ、と考えても4.4円×4枚=17.6円。

コスパの面ではダイソーのダスターがダントツです。


③生地比較

一見似ているこの3種類のキッチンダスターですが、よく見てみると柄にも違いがありました。

【ダイソー】【キャンドゥ(セリア)】この2つはくっきりとしたシェブロン柄で似ています。

【無印】他の2つに比べると柄が少しぼんやりしていて毛羽立っている感じもあります。

一方、ダイソーとキャンドゥ(セリア)のダスターはツルッとした感じです。


④手触り&絞った感比較

画像右→無印
画像左→キャンドゥ(セリア)
画像奥→無印
画像手前→キャンドゥ(セリア)

キッチンダスターを濡らして絞ってみた後にも違いが出てきました!

【無印】(画像奥)濡らしてもシャリッと張りのある感じが残る。

【キャンドゥ(セリア)】はクタッと柔らかくなる。柔らかい分絞りやすい。

【ダイソー】キャンドゥ(セリア)と同じくクタッとなりますが、絞っても水気が残る感じがしました。
また1枚が小さすぎて逆に絞りづらかったです。


⑤使用感

無印

1週間使ってみた後も、新品とそれほど変わりはありませんでした。

3週間ほど使い続けると、毛羽立ちや汚れも目立つようになり、生地にも張り感がなくなってきました。

ダイソー

1枚が小さくて絞りにくいダイソーのダスターは水分を上手く絞り切ることができにくく、机の上を拭くと濡れた状態になってしまいました。

2枚~4枚重ねて使用してみても、同じような感じで水気残りが多いように感じました。
また重ねて使っても絞っている時に切り目で破れてしまい、すぐバラバラになってしまいました。

キャンドゥ(セリア)

画像は無印(画像左)と一緒に10日間ほど使ってみたキャンドゥ(セリア)のダスターです。

同じように使っていたと思うのですが、キャンドゥ(セリア)のダスター(画像右)は破けてきてしまいました。

柔らかさが仇になったのでしょうか?
この頃になると、毛羽立ちも無印よりもかなり目立つようになり、ヘナヘナにくたびれてきた感じが出てきました。

⑥収納面の比較

【無印】100枚入りの箱は場所をとります。
購入される際には、しまっておく場所を確保してからが安心です。

【ダイソー】ロール状になっているので、キッチンペーパーと同じようにホルダーを使ったり、引き出しの中につっぱり棒をつっぱり、そこに通して引き出せるようにしても便利そうです♪

【キャンドゥ(セリア)】1か月で1袋としても1年で12袋。1年分のストックを持っていても嵩張りません。


使い分けとまとめ

3種類のキッチンダスターを使ってみて、我が家ではこんな風に使い分ける事に。

【無印】定番の台布巾として。だいたい1枚で2週間~3週間使用できます。

【ダイソー】台ふきよりお掃除用として。
水気が切れない事を利用して、ホコリが多い冷蔵庫の上や電気シェード、窓サッシのレールなどの掃除に適しています。

【キャンドゥ(セリア)】使い切ったらリピ買いは我が家ではなし。
扱いが雑な私はすぐに破いてしまう事も。。。
ストックの収納に場所をとらないので、丁寧に扱え1週間くらいでマメにダスターを取り替えたい方には向いていると思います。

因みに、ダスターの「乾きやすさ」はどれも大差なくすぐ乾いてくれました。

無印のキッチンダスター100枚は
約3年半かけてやっと最後の一枚になりました。

いかがでしたか?

どれも似たような感じのグレーのキッチンダスターですが、比較して使ってみると使い勝手も色々違っている事がわかりました。

私が使ってみての使用感ですが、少しでもご参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!!



LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 46817
  • 210
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

沖縄・宮古島の整理収納アドバイザ―です。ズボラでも面倒くさがりでも、ゆっくり少しずつ『お片づけ』で素敵な暮らしを叶えていきたいと思っています♪おうちのお片づけを…

おすすめのアイデア

話題のキーワード