トイカメラ人気ランキング5選!デジタルとフィルムのおすすめポイントを紹介

おもちゃのようなフォルムと独特の雰囲気の写真が撮影できるのが特徴の「トイカメラ」。デジカメやスマホに比べてカメラとしての性能は劣りますが、トイカメラにしか出せない味わいがあると人気を集めています。今回はトイカメラの選び方とともに、LIMIAおすすめのアイテムを紹介。子ども用のアイテムやトイカメラの王様〔HOLGA〕のアイテムなどをピックアップしました。デジタル式とフィルム式の違いやそれぞれの魅力にも注目です。記事をチェックしてお気に入りのトイカメラを見つけてくださいね!

  • 1228
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイカメラとは

トイカメラとは、おもちゃのようなカメラのこと。

カメラとしての性能はスマホやデジカメに劣るため、高画質のきれいな写真を撮るのには向いていません。しかし、味わいのある写真が撮影できるため、レトロな雰囲気が好きな方に、ぜひおすすめしたいカメラです。

また、デザインセンスに優れた商品が多いことも特徴のひとつ。子ども向けのかわいらしいものから大人向けのクラシカルなものまで、幅広いデザインがラインアップされています。

画質のきれいさより写真の雰囲気を大事にしたいという方や、見た目がおしゃれなカメラを持ち歩きたいという方は、トイカメラがおすすめですよ。

トイカメラの選び方

トイカメラは、スマホやデジカメのように多機能ではないので、操作性やカメラとしての構造は非常にシンプル。直感的に操作できるので、簡単に使いこなすことができます。

しかし、そのシンプルさゆえに商品ごとの違いが少なく、商品を選ぶときに「どれも同じに見えてしまう……」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんなトイカメラの選び方について解説します。3つのポイントに分けて説明していくので、商品ごとの違いがわからず困っている方はぜひ参考にしてください。

1.トイカメラの種類

トイカメラの種類は、デジタルとフィルムの2つに分かれます。それぞれの特徴をまとめました。

デジタル式

デジタル式のトイカメラは、撮影した写真をデータ化して保存できるのが大きな特徴。「InstagramやTwitterなどのSNSに投稿したい」「パソコンに送って画像編集がしたい」という方におすすめの種類です。

また、撮り直しができる点も特徴のひとつ。次に紹介するフィルム式のトイカメラはフィルムの枚数に上限があるので、何度も撮り直しをしているとあっという間にフィルムがなくなってしまいます。その点、デジタル式のトイカメラはデータ容量の分だけ撮り直しが可能なので、フィルム式よりもたくさんの写真を保存しておけますよ。

操作感覚はコンパクトデジタルカメラに近いので、トイカメラになじみの薄い方も扱いやすいでしょう。

フィルム式

フィルム式のトイカメラは、フィルムに光を焼きつけることで写真を撮影します。デジタル式とはまた違った、雰囲気のある写真を撮影することが可能です。

フィルムを変えることによって、写真の雰囲気を変えられるのも特徴のひとつ。赤いフィルムを使えば赤みが強くなり、白黒のフィルムを使えばモノクロの写真が撮れます。フィルム代や現像する費用がかかってしまうので、デジタル式よりもコストパフォーマンスは低いですが、撮影した写真はフィルムという手触りのあるものとして残せますよ。

1枚1枚の思い出を大切にしたいという方は、フィルム式のトイカメラも検討してみるといいでしょう。

2.すぐに確認したいならインスタントカメラ

トイカメラは基本的にフィルム式のものが多いので、フィルムを現像するまでどんな写真が撮れているのか確認することができません。

撮った写真をすぐに確認したい方は、液晶つきのデジタル式トイカメラか、カメラ本体ですぐに現像できるインスタントカメラを選ぶのがおすすめです。代表的な製品として、〔富士フィルム〕の《チェキ》や〔ポラロイド社〕の《ポラロイドカメラ》があげられます。

カメラ本体で現像できるインスタントカメラは、写真の仕上がりをすぐに確認したいときだけでなく、その場で写真をプレゼントしたいときにも役立ちますよ。

3.サイズと重さ

トイカメラのサイズと重さも、購入する前に確認しておきたいポイントです。旅行先に持っていく場合、大きくて重いトイカメラを持ち運ぶのは大変ですよね。

そういったときのために、できる限りコンパクトで軽いトイカメラを選んだほうが、身軽に旅行を楽しめます。液晶があるものやカメラ本体で現像できるものは、カメラの構造上どうしても大きくて重くなってしまうので、旅行に持っていく際は注意が必要です。

家や職場など、特定の場所でしか使用しないという場合は、あまり気にしなくてもいいでしょう。

トイカメラ人気おすすめランキング5選!

それでは、トイカメラの人気おすすめランキングを紹介します。

子どもへのプレゼントにおすすめのデジタル式トイカメラ

PROGRACE 子供用デジタルカメラ トイカメラ 写真 動画 連写 タイマー撮影 2.0インチIPS画面 一眼レフ キッズカメラ 子供用カメラ ミニカメラ 子供プレゼント 日本語説明書付き ピンク
商品情報をAmazonで見る

写真だけでなく、動画の撮影までできるデジタル式トイカメラです。2インチのIPS画面を搭載しているので、撮影した画像や映像をすぐに確認できますよ。

3枚連写機能や、タイマー撮影機能も備えています。また、ゲーム機能がついていることも特徴のひとつです。写真の撮影だけでは飽きてしまうという子どもも、こちらのトイカメラであれば写真といっしょにゲームも楽しむことができます。

入園式や入学式、誕生日やクリスマスなどのプレゼントに、ぜひおすすめしたい商品です。

種類:デジタル
サイズ:ー
重量:60g

〔Kenko(ケンコー)〕コンパクトサイズで持ち歩きやすい《DSC pieni》

Kenko デジタルカメラ DSC Pieni 131万画素 動画・静止画撮影可能 ブラック DSC-PIENI-BK
商品情報をAmazonで見る

縦の長さが4cm以下、横の長さが6cm以下という超コンパクトサイズなデジタル式トイカメラです。

アクセサリー感覚で持ち運べるので、普段のバッグに忍ばせておいても邪魔になりません。日常のワンシーンを切り取りたいときや、旅行で写真を撮影したいときなどに役立ちますよ。

液晶がついていないので撮影した写真をすぐに確認することはできませんが、それもトイカメラならではの不便さとして楽しめます。

使い勝手のよさよりも、不自由さの中にある味わいを楽しみたいという方におすすめの商品。

種類:デジタル
サイズ:約51×36×18mm
重量:約18g

〔HOLGA(ホルガ)〕トイカメラならではの味わいを楽しめる

HOLGA DIGITAL Mixed
商品情報をAmazonで見る

トイカメラならではの魅力である、独特な味わいを堪能したいという方におすすめなのが、〔ホルガ〕のトイカメラです。

こちらの商品は、そのデジタル版。撮影した写真はSDカードに保存され、現像するまでどのような写真が撮れているのか確認できません。アナログ感やチープ感のある写真の撮影が可能で、便利さと引き換えに味わいを楽しむことができます。

また、レトロでポップな見た目も〔ホルガ〕の魅力のひとつ。首から下げて持ち歩くだけでも、気分が上がりますよ。

種類:デジタル
サイズ:92×73×56mm
重量:ー

フィルムの穴までイメージを露光してくれるフィルム式トイカメラ

Sprocket Rocket
商品情報をAmazonで見る

〔ロモグラフィー〕のフィルム式のトイカメラです。

スーパーワイドレンズが搭載されているので、パノラマ写真の撮影が可能。36枚撮りのフィルムであれば、約18枚のパノラマ写真を撮影できます。

さらに、パーフォレーション穴まで写せることも特徴のひとつ。通常のカメラでは露光されないような、フィルムの穴まで写すことができるので、独特な味わいを演出できます。

すべての35mmフィルムに対応しているので、カラーネガや白黒、レッドスケールやスライドなど、あらゆるフィルムで撮影を楽しめますよ。

種類:フィルム
サイズ:-
重量:-

インスタントカメラといえば!〔富士フィルム〕の《チェキ》

FUJIFILM インスタントカメラ instax mini 8+(プラス) ミント&フイルム20枚セット
商品情報をAmazonで見る

〔富士フィルム〕から販売されている《チェキ》シリーズは、すぐに現像できるインスタントカメラとして人気を集めています。

今回紹介しているこちらは、《チェキ instax mini8プラス》というモデルです。撮影した写真をすぐに現像できるので、その場で写真を渡したいときや撮った写真をすぐ確認したいときに役立ちますよ。

また、かわいらしい見た目も魅力のひとつです。贈り物として、誕生日やクリスマスにプレゼントしても喜んでもらえそうですね。

種類:フィルム
サイズ:6.8×11.6×11.8mm
重量:307g

おすすめのカメラバッグ

トイカメラを持ち歩くとき、ネックストラップを使って首からぶら下げるのもいいですが、カバンにしまって持ち運ぶという方も多いですよね。

そんなとき、カメラバッグがあるととても便利ですよ。LIMIAでは、おすすめのカメラバッグも紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

▽おすすめのカメラバッグ

まとめ

高画質な写真を撮れるスマホではなく、あえてトイカメラを選ぶ理由はトイカメラならではの「味わい」にあるのでしょう。独特なアナログ感やチープ感を楽しめるのはトイカメラの強みであり、写真のよさとカメラの性能が、必ずしも比例しないことを教えてくれます。トイカメラを使って、感性の赴くままに写真撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 1228
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード