失敗しない寝具選びのコツとは?寝具売り場でも簡単に試せる方法で快適な睡眠環境を手に入れよう!

1日のうち多くの時間を費やす睡眠。みなさんは今ある睡眠環境に満足できていますか? 「眠りが浅くて寝た気がしない」「夜中に起きてしまう」など、お悩みを抱えている方はベッドまわりの環境を見直すタイミングかもしれません。今回は、マットレスパッドや敷布団などの寝具を通して快適な睡眠環境を提供する、〔エアウィーヴ〕さんに、寝具選びのコツや快眠のポイントなどを教えていただきました!

  • 10064
  • 66
  • 0
  • いいね
  • クリップ

快適な睡眠を手に入れるには○○が大事!

〔エアウィーヴ〕PR室 田村大作さん

今回私たちに睡眠環境のことや寝具の選び方を教えてくれるのは、睡眠健康指導士の資格を持つ、〔エアウィーヴ〕PR室の田村大作さん。田村さんによると、快適な睡眠を手に入れるためには、あることをスムーズに行えるようにするのが大切なのだそう。

その“あること”とは、実は“寝返り”。眠っているときのリラックスした状態から寝返りを打つときに余計な筋力を使ってしまうと、体に負荷がかかってしまいます。さらにその刺激が脳に伝わることで、眠りが浅くなってしまうのだとか!

正しい寝姿勢をかなえ、寝返りが打ちやすい《エアウィーヴ》の特長

《エアウィーヴ》のマットレスパッドやベッドマットレスは、独自素材「エアファイバー®」で構成されています。復元性(押し返す力)が高く、寝返りをラクに打てるのが特長。余計な筋力を使うことがないので、朝までグッスリ眠ることができます。

柔らかすぎず硬すぎない感触で、あらゆる方向から身体を支えることで、負担の少ない寝姿勢を保つことができます。また、通気性が抜群で夏は蒸れにくく、冬は暖かく保ってくれるので快適に使えますよ♪

万が一汚れてしまっても、釣り糸のような素材でできている「エアファイバー®」は丸洗いが可能! 接着剤を使わず、糸を絡め合わせて作られているので、洗っても性能が落ちる心配がないのも◎です。

感触だけで選んじゃダメ! ラクに寝返りが打てるマットの選び方

では、実際に眠ったとき、ラクに寝返りが打てる寝具はどう見分ければいいのでしょうか? 選び方のコツについても、田村さんが教えてくれました。

「寝具を選ぶときは、実際に触ったり座ってみたときの最初の感触だけで決めないことがポイント。短い時間使用したときの感覚よりも、起きたときに体がどういった状態になっているかが大切です」(田村さん)

たしかに、少しの時間なら快適だったのに、長時間寝てみると腰が痛くなったり体が固まっていた……なんて経験、あるような気がします。とはいえ実際に売り場で眠ってみるわけにもいかないのも本音ですよね。

田村さんによると、実は寝返りがラクにできるかどうかを簡単に確かめられる方法があるというのですが……?

売り場でも試せるチェック方法♪

その方法がこちら! 気になる寝具に座ったら、両足を軽く上げて、お尻を左右交互に動かしてみましょう。手をついて体を支えたりせずに、お尻だけに体重をかけるのがポイント。実はこの動き、寝返りの動作と同じなんです。

このときに沈み込んで動きにくいものは避けて、スムーズに体重移動ができるものがおすすめなのだそう。

また、試すときは1つの寝具だけではなく、2つ以上を比較してみること! 感触の違いや自分の好みをより正確に確かめられますよ。

「寝具売り場でマットレスを選ぶとき、ベッドに寝そべるのは恥ずかしいと感じる方もいるかもしれません。そんなときでも、この方法であれば気兼ねなくお試しいただけるかと思います」(田村さん)

田村さんが教えてくれたように、手軽にできるチェック方法なのでぜひ覚えておきたいですね! なんだか寝具売り場に行くのが楽しみになってきました(笑)。

ウレタン素材と《エアウィーヴ》を比べてみた

LIMIA編集部スタッフも、さっそく教わったやり方でウレタン素材のマットと《エアウィーヴ》を比べてみました。

【座った瞬間】
●ウレタン:お尻が包み込まれて沈む感じ。
●エアウィーヴ:ほどよく軽い弾力を感じる。

【動きやすさ】
●ウレタン:体重移動の時に腹筋に力が入り、腰にやや負荷がかかるのを感じる。
●エアウィーヴ:軽い力でスムーズに体重移動できる。

少し試しただけでも、ここまで違いを感じることに驚きました! ウレタン素材は座った瞬間や触り心地がやわらかいので、はじめは気持ちいいのですが、動きのスムーズさでは《エアウィーヴ》が優秀。

「選び方を知らなければ、最初の感触だけで気持ちがいいものを選んでしまう方も多いかもしれませんが、実はそれが寝具選びで失敗する要素のひとつです」(田村さん)

そうお話ししてくれた田村さんの言葉にも納得です……! ひと晩過ごす場所だからこそ、動きやすさ=寝返りの打ちやすさがとっても大事なんですね。

気になる商品がたくさん! 自分にぴったりの睡眠環境が選べるラインアップに注目♪

機能性バツグンな《エアウィーヴ》の寝具には、自分に合った快適な寝心地をサポートしてくれるさまざまなアイテムがあります。ここからは、とくにおすすめの商品や知っておきたいラインアップをご紹介していきます!

押さえておきたい定番タイプ

《エアウィーヴ》

まずはラインアップの基本となるマットレスパッド、《エアウィーヴ》。技術の原点となっているスタンダードモデルで、お手持ちのベッドや敷布団の上に重ねて使用します。

1枚の中で硬さが2種類に分かれており、肩部分は寝返りを邪魔しない「柔らかめ」、それ以外の部分は「標準」の寝心地。キルト地(Warm面)とメッシュ地(Cool面)の両面仕様のカバーで、通年快適に使えますよ♪

《エアウィーヴ S-LINE》は、スタンダードモデルの2種類の硬さ設計に加え、腰部分がより「硬め」に。重たくなりがちな腰を支え、理想的な寝姿勢である「立ったときの姿勢」と同じ、体のS字のラインをよりキープしやすくなっています。

また、この他にも表裏それぞれで違う硬さの寝心地になっている《エアウィーヴ DUAL MODE》や、比較的厚みが薄く硬めの《エアウィーヴ KIDS》と、好みに合わせて選べる商品がそろいます。《KIDS》は大人が使ってもOKで、頭の向きを変えることで腰の部分に当たる硬さが変わるので、身長が伸びても長く使いやすいのもうれしいですね♪

エアウィーヴ シングル マットレス 高反発 厚さ6cm 洗える 高反発マットレス
商品情報を楽天で見る

シンプルで収納もラクちんなスマートタイプ

左:《エアウィーヴ》
右:《エアウィーヴ スマート 025》

《エアウィーヴ》の基本の機能はそのままに、よりリーズナブルなマットレスパッドが《エアウィーヴ スマート》シリーズ。

とくに《エアウィーヴ スマート 025》は全ラインアップの中で1番厚みが薄く、手持ちの寝具に重ねることで、今の寝具の硬さを活かしながら使うことができます。コアとなる「エアファイバー®」は2.5cm、カバー込みで3.5mなので、収納するときもかさばりません♪

エアウィーヴ スマート 025 シングル マットレス 高反発 30日間お試し可能 洗える マットレスパッド 高反発マットレス
商品情報を楽天で見る

1枚で使いたい方におすすめのFUTONシリーズ

上:《エアウィーヴ 四季布団》
中央:《エアウィーヴ 四季布団 和匠》
下:《エアウィーヴ 四季布団 和匠・二重奏》

ここまでは寝具に重ねて使うマットレスパッドをご紹介してきましたが、「1枚だけでお布団として使いたい!」という方におすすめなのが《四季布団》。遊び心のあるネーミングですね♪ より布団らしいふんわりとした感触に、キルト地とメッシュ地の両面仕様で、四季を通じて快適に寝られます。

同シリーズには他にも、肩・腰・足の各部位で硬さが異なる《S-LINE》の機能を備えた《和匠》や、それに表裏違う硬さの《DUAL MODE》機能と夏冬それぞれのアウターカバーを加えた《和匠・二重奏》がラインアップ。自分好みのモデルを探してみたいですね。

エアウィーヴ 四季布団 シングル サイズ 高反発敷き布団
商品情報を楽天で見る

3分割で組み合わせ自在なベッドマットレス

《エアウィーヴ ベッドマットレス S03》

今回ご紹介する中でも、LIMIAが注目したのが《エアウィーヴ ベッドマットレス S03》。3分割の「エアファイバー®」に、それぞれ片面はソフト、もう片面はハードという《DUAL MODE》の機能を備えたベッドマットレスです。

自身の体型やその日の体調などに合わせて、肩・腰・足の硬さの組み合わせをチェンジすることができます! とくに女性の場合は出産などで体型が変わり、寝心地の好みも変わることがありますが、そんなときにもベッドを買い替えずに調節できるのがいいですね。

この他にも〔エアウィーヴ〕にはいろいろなラインアップがあるので、ぜひ店頭や公式サイトでチェックしてみてください♪

エアウィーヴ ベッドマットレス S03 シングル お客様組立 高反発ベッドマットレス カスタマイズ可能なベッド マットレス
商品情報を楽天で見る

体型を測定し、あなたに合った寝具を提案!?

たくさんの寝具からどれにしようか迷ったり、「実際に自分に合ったマットレスの硬さや組み合わせはどれなんだろう?」と思ったときは、一部の百貨店で導入されている「i-body」という測定システムを利用するのも◎。

〔エアウィーヴ〕の銀座コア店、阪急うめだ本店、松坂屋名古屋店、名古屋三越栄本店、広島そごう店で体験することができますよ♪

将来的には、数値や必要事項を入力することで測定ができるアプリもリリース予定で、現在開発中なのだとか! ますます快眠へのアプローチ方法が広がりそうです。

睡眠環境を改善して睡眠の質をよくしよう!

今回は〔エアウィーヴ〕PR室の田村さんに、快眠のポイントから寝具選びのコツ、商品ラインアップまでいろいろなことを教えていただきました。寝具売り場に行ったら実践したくなるアイデアはまさに目からうろこでしたね♪

快眠を追求する〔エアウィーヴ〕の寝具は、寝返りや寝心地にこだわり、自分に合った理想の睡眠環境をかなえてくれるラインアップがそろいます。今回学んだ寝具選びのコツを参考に、みなさんもベッドまわりの環境や睡眠習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

  • 10064
  • 66
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部公式アカウントです。こちらでは、住まいやライフスタイルなど暮らしに関する情報を中心に、オリジナルコンテンツを配信していきます。流行り…

おすすめのアイデア

話題のキーワード