「好き」を「資格」という自信に!インテリア・キッチンの資格を実施しています

〔公益社団法人インテリア産業協会〕では、インテリアの普及促進のためにインテリアコーディネーターとキッチンスペシャリストの資格認定を行っています。この資格は知識や経験も必要ですが、好きという気持ちがあればどなたでも取得するチャンスがあります。「好き」を「資格」という武器にするために、あなたも試験にチャレンジしてみませんか?

  • 7726
  • 21
  • 0
  • いいね
  • クリップ

インテリアコーディネーター、キッチンスペシャリストの資格を認定しています

〔公益社団法人インテリア産業協会〕をご存知ですか? 当協会は、主に住空間のインテリア普及促進を通じて、皆さんの住生活向上に寄与することを目的として活動する団体です。主な事業として、「インテリアコーディネーター(略称IC)」、「キッチンスペシャリスト(略称KS)」資格試験に合格した専門知識を有する人材を認定しています。

家づくりやリフォームをする中で、インテリアやキッチン空間のことで悩んだ時、インテリアの知識を持つ相談相手(アドバイザー)が身近にいると心強いですよね! 当協会は、そんなお悩みを持っている住まい手の皆さんの課題を解決する架け橋となり、より心地よい暮らしを実現できるように日々活動しています。

今回は、ICとKSについて紹介していきます。

“快適な住空間”を実現する「インテリアコーディネーター」の資格って?

当協会の主要事業の1つ目は「インテリアコーディネーター」資格認定です。第1回目のIC試験合格者が登録した1984年から35年間、多くの資格者を生み出してきました。

ICは、家づくりやリフォームの際にお客様の相談に乗り、最適なインテリアをご提案するお仕事です。と言ってもただ単に自分のセンスでインテリアの提案するのではなく、「どんな風に暮らしたいか」を聞き、お客様のぼんやりとしたイメージを具体化し、アドバイスしていきます。

そのためには、住宅に関する知識や専門的な技術から、照明や家具等のインテリアアイテムをトータルにプロデュースできる能力が必要です。その能力を備えた方にIC資格を認定しています。

そんなICは、インテリア好きであれば誰でもなれるチャンスがあります! 依頼主の快適な家づくりに関われる仕事は、やりがいに満ち溢れていますよ。

資格試験は年に1回行っているので、ぜひ情報をチェックしてみてくださいね。

キッチン周りを中心とする空間のスペシャリストの資格認定

当協会の主要事業の2つ目、「キッチンスペシャリスト」資格認定についてご紹介します。

キッチンは質の高い食生活を送るためには欠かせない、家の中でとても大切な場所。それだけに、キッチンまわりの使い勝手は非常に重要です。そんなキッチンを住まい手の要望に合わせて使いやすいように提案・アドバイスする能力を示すのがKS資格です。

キッチンというとシンクやガスコンロ、収納などをイメージされるかもしれませんが、KSはその他にもガス、電気、水道の知識や建築構造に関する法律・技術分野の知識と経験も必要です。まさに、「キッチンのスペシャリスト」というわけです。

この資格も、キッチンに興味のある方であれば誰でもチャレンジすることができます! 住まい手と住設メーカーの架け橋になってみませんか?

これからももっとインテリアを普及させるために

公益社団法人インテリア産業協会は、IC、KS資格認定を通じ、日本国内に多数の資格者を輩出してきました。

各々の資格者たちは企業所属のIC・KSとして、フリーランスのIC・KSとして、日本国内の住生活の向上に向けて日々活躍しています。

当協会は、資格認定のほかにも、資格者の能力育成や、インテリア・キッチン空間に関する調査研究助成、各種コンテストなど能力向上事業やインテリアの普及啓発事業を行っています。これからももっとインテリアの知識を普及させるために活動を行っていきます。

  • 7726
  • 21
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

インテリアコーディネーター

インテリア産業協会は、住空間におけるインテリアの普及促進を目的に、昭和58年6月に通商産業省(現経済産業省)の許可を得てインテリア産業界で唯一の横断的組織として…

おすすめのアイデア

話題のキーワード