その選び方間違ってるかも!?カーテンの正しい衣替えで部屋の印象をアップ♪

一年の後半にもなると外がだんだん寒くなり、あたたかい部屋に友人や親戚を招いて団欒することが増えてきます。そんなおもてなしをするにあたり、カーテンの衣替えをしてみませんか? 人が部屋に訪ねてきた際、一番に目に入ってくるのはカーテンと言われています。季節にあったカーテンを付けることで、部屋の印象ががらりと変わりますよ♪ そこで今回は、冬用のカーテンの選び方とこれから活躍する〔川島織物セルコン〕のカーテンをご紹介します。

  • 7227
  • 21
  • 0
  • いいね
  • クリップ

季節の変わり目にはカーテンを衣替えしよう

あなたはカーテンの衣替えをしたことがありますか? 洋服の衣替えと同じく、カーテンも6月と10月に衣替えをするといいと言われています。

夏と同じ薄い生地カーテンのままで暖房をつけると、暖かい空気が逃げてしまい部屋が寒いままですし、あたためるのに余計な電気代もかかります。

また、冬になるとクリスマスやお正月など、人を招くイベントが増えてきます。部屋にあるカーテンを衣替えしていない状態だと、寒い印象をもたれてしまうことも……。

そのため、冬に向けて10月ごろにカーテンの衣替えをするのがおすすめなんです。

「でも、衣替えを実際にしたくてもどんなカーテンを選べばいいの?」と悩む方も多いはず。そこで、冬に向けてどういったカーテンにしたらいいかをご紹介していきます!

寒い時期にむいているカーテンの基準って?

アイム ドレープ ME8199

種類もデザインもたくさんあるカーテン。寒い時期にむいているカーテンの基準というものは、どんなものなのでしょう?

一つ目のポイントは、しっかりと織られていて目の詰まっている生地を選ぶこと。二つ目は、ひだがたっぷりとあるカーテンを選ぶことです。目が詰まっていてひだがたっぷりあるカーテンは、ひだに空気の層ができるため断熱効果や保温効果がグッと上がるんです。

カーテンがしっかり保温して熱を外に出さないようにしてくれれば、暖房の温度を上げる必要もなくなるため節電にもつながります。家計にもやさしくて嬉しいですよね♪

丁寧な仕上がりと質感を兼ね備えた〔川島織物セルコン〕のカーテン

それでは〔川島織物セルコン〕の、冬に向けて大活躍なおすすめカーテンをご紹介します!

カジュアルなのにオトナかわいい

アイム ドレープ ME8014

ベーシックなチェック柄でカジュアルながら大人っぽい印象の部屋に。ヨコ糸に綿と麻を入れたナチュラルな風合いが特徴のカーテンです。染め分けたタテ糸とヨコ糸が交差して、やさしく彩られています。

ラフな風合いで細やかな刺繍がアクセントに

アイム ドレープ ME8023

刺繍でできたようなファブリックで、大きな幾何パターンをたっぷり織り上げています。目が詰まっているため保温性もバッチリ。大胆な柄とラフな風合いがMIXした楽しいデザインのカーテンです。

エレガントで落ち着いた高級感

アイム ドレープ ME8325

木蓮の大きな柄と生地がふんわり織られたカーテンです。落ち着いた色合いと気品にあふれた木蓮で高級感があり、エレガントな印象の部屋に。

〔川島織物セルコン〕のカーテンの場合は、保温性をわかりやすく表示するためにドレープ生地対象で4段階評価で分類しています。衣替えの際にどんなカーテンを選べばいいか迷った場合は、この4段階評価をご参考にどうぞ!

〔川島織物セルコン〕のカーテンで友人や親戚を迎えましょう

カーテンのデザインや機能性によって、部屋の印象や保温性も変わります。保温に向いたカーテンに衣替えをすれば、今年の冬はより一層あたたかく過ごせるでしょう♪

また〔川島織物セルコン〕のカーテンは、一つ一つ職人が丁寧に細かく作っているので、品質が高く仕上がりもしっかりしています。

この週末はぜひ、カーテンの衣替えを検討してみませんか? 保温性も品質もいい〔川島織物セルコン〕のカーテンが気になった方は、ぜひチェックしてみてください!

  • 7227
  • 21
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

カーテン・ブラインド

川島織物セルコンは、Sumiko Honda(スミコホンダ)、filo、FELTA、!'m(アイム)ブランドを展開しています。また、着物ファン憧れの"…

おすすめのアイデア

話題のキーワード